腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.11
21
(Mon)
先日『ゴールデン・デイズ』のレビューというか感想のようなものを上げましたら、予想外に反響があったというか、コメントを頂いたり、アクセス解析を見るとゴールデン・デイズで検索して辿り着いた方もいるようで。な~んだ、みんな高尾先生好きなんじゃん!!と思ったり。
何だか高尾先生って、スッゴクいい話描いてるしファンもそれなりについてるのにいまいち盛り上がり方が地味というか、好きな人絶対いっぱいいるのになぁ~。という気がするんです。
なので、調子こいて高尾作品をもう一作紹介しようと思いました。
でも昨日の「スタ☆メン」のBL系乙女に吹っ飛ばされて全部持っていかれた感も否めません。
けれど紹介します。

高尾滋 著『スロップマンションにお帰り』
takao.jpg


高尾先生の初期短編集です。
この短編集を一言で言いますとTHE・切ない!
これに尽きます。
何か、前にも緑川ゆき先生の短編集の記事書いたときにも似たようなことを言った様な気も・・・。
でも気にしません、だって本当だもん!良いじゃん、切ないの!大好きです☆
突然ですが、個人的に高尾先生の初期の頃の絵柄が大好きです。
人形芝居、スロップマンションにお帰り、ディア・マイン、この辺りの絵柄が凄く好きです。
今ほどふわふわ、ほわほわしてませんが今同様に繊細で淡い印象を受けます。
基本的に絵柄はそれ程変ってないんですけど、今とどう違うのかな?と思って見比べてみたり。
よくよく見ると、昔の方が主線がやや太い。それと今の方がやや写実的。初期の頃は良く言えば今よりキャッチーでポップ。現在は写実派というか耽美?まあ、どっちも好きですけどね!!

収録作は全部で5編。
表題作と最後の「あじさいの庭」が特に切ない。
ので、その辺の感想なんぞを。

幼い頃別れた父に会うため、夏休みにイギリスへ渡った鶴。不在の父の代わりに出迎えてくれたのは、「ツネ」と名乗る青年と妖精達だった! 田舎町で過ごすうち、鶴は次第にツネにひかれていく…。 
大雑把に言うなら、少女の実らぬ初恋、ということでしょうか。
主人公の鶴が可愛いです。柔道をやっているだけあり、腕っ節の強い凛々しい少女です。
恋を知らない鶴が、誰かを想うということに思いを馳せたり、戸惑いながら徐々にツネに惹かれ思いを自覚していく過程もとても可愛らしく爽やかです。
一方のツネも最初はヒョロっとボヤッとした青年ですが、時折見せる思慮深い眼差し(何を考えているか分からないとも言う)や、さりげない優しさは読んでいる方も、クーーッ!!と来るものがあります。
それとさりげなく挿まれた回想のシーンで胸がギュッとしたシーンがあるんです。
それは鶴が、母が自分の白無垢を撫でて静かに涙を流しているところを目撃するシーン。
この一コマで鶴の母がまだ元夫に未練があるというのが伝わってくるんですけれど、彼女がまた凛々しくてカッコ良くて強い女性なのが切ない。こんな強い女性でも胸を掻き毟るようなツライ恋をしているのか、と思うだけで切ない。

それと何といってもオチが切ない。
これ読んだ時はそのオチに
「エエェェェェェェェェェェェッ!!」
ってなりました。本当です。それはないぜ!せっかく両思いなのに!!ってね。
SFってよく分からないんですけれど、この「スロップマンションにお帰り」は結構好く出来たSFなのではないでしょうか?

高尾滋ファンならずとも、切ないもの好きなら一読の価値アリ!です。

コメント

はじめまして。 

履歴で参りました。こやのといいます。
切ないイイですよね!
私も「スロップマンションにお帰り」大好きです。
結局お母さんがツネに選ばれたのは
鶴の面影を追ってなのかしら…?
とか思って別れた理由とかもそのあたり
なのかな?とか思うとものすごく…
せつねいです…。

でもそれがまた良かったり。
「あじさいの庭」のたまえちゃんが
友を失って、そして頑張り始めるくだりとかもよいですよね。

ご挨拶もそこそこに語ってしまいました。
ゴールデンデイズも期待しつつ、この辺で失礼します。では。

お返事です 

>こやのさん
おいでませ!こやのさん。
はじめまして。コメントありがとうございます!

>切ないイイですよね!
>結局お母さんがツネに選ばれたのは
鶴の面影を追ってなのかしら…?

切ないのお好きですか!私もです。
ツネとお母さんの出会いのきっかけはきっと鶴の面影を彼女に見たからなんでしょうね。

「スロップマンションにお帰り」を読んで思ったのは、娘の初恋は父親だ、という言葉。
この話はまさに、そういうことですよね。
鶴は絶対に手の届かない人への恋を乗り越えて大人になるんですね(しみじみ)。

>「あじさいの庭」のたまえちゃんが
私もたまえちゃん大好きです!
健気な子ですよね!
彼女も友という大切な人をなくして一歩大人になるんですね。

>ご挨拶もそこそこに語ってしまいました。
いえいえ、字数が足りる限り語ってくださって結構ですよ!

またお気軽にいらしてくださいね。
ではでは。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mosimo1100.blog23.fc2.com/tb.php/81-a286997f

 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。