腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
  • 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10
22
(Wed)

今週見たアニメ(随時) 

今後も視聴するかどうかそろそろ決め手となってくる3週目。

「屍姫 赫」第三話
棒演技にも慣れたし、薄暗い画面にも慣れた。私は結構「屍姫」好きかもと思った3話目。
相変わらず薄暗い話だった。オチというか話の持って行き所とか割とありがちな展開だけど見せ方が上手い分ドラマとしての余韻があるなーっておもった。最後の医者の奥さんが何も言わず景世を見つめ返すのが何か良かった。何を描きたいのかな?って思うと「死生観」なのかな、って思う。
景世といえば、景世はオーリにもマキナにもヒーローすぎてカッコよくて何か卑怯だ!って思った
風邪ひいて朦朧としてるオーリに水を差し出すのとか憎らしいわwwww
オーリの学校での風景が何か好きかも。調子の良い牛島と墨鳥にシッカリものの犬彦の図が良かった。
でも一人で何でもこなさなきゃ、ってなってるオーリは何か危なっかしいかも。
個人的にはオーリと景世のもっと家族っぽい風景が見たいなー。何か景世って死相が出てるから・・・w

そういやオーリを屍に引き合わせるあの黒猫は何なんだろ?ってかオーリは何で屍に引かれていくんだろ?


「喰霊‐零‐」第三話
1話2話と転がって3話は神楽と黄泉の出会いと過去編。2話で神楽が敵となった黄泉に対して、あんなにも「何故?」って言ったり、中々戦う事が出来なかった理由が分かる。
っていうか、1話、2話とかなりアクションで魅せて3話では黄泉と神楽が距離を近づけて本当の姉妹のようになるまでをじっくりしっとりと描いた構成の上手さが良いね。実は2話までは面白いんだけどいまいち乗り切れてなかったんだけど3話見て落とされたわwww

つーか黄泉好きだなーって思った。根気よく神楽に接して愛情を傾けて心を開かせる過程が凄く好き。
一緒にゲームしたりお風呂入ったり、姉にとって妹は子分だ!とか言ったりしたのも本当の姉妹のような近さを感じるし、神楽は黄泉に対して姉というより母親に対する思慕を感じてたんじゃないかなー?自分が養女で似たような境遇にあったとはいえ、ティーンネイジャーであの母性は凄いよ。
そんでもって最初は頑なで真面目で甘える事をあまり知らない神楽が、黄泉に対して徐々に心を開いていくのが物凄くよく描けてた。成長した神楽が黄泉に対してどこか甘えた雰囲気があるのは、ひとえに黄泉の愛情の賜物なんだろうなぁ。

こんなに想い合った姉妹が戦う事になるとはなぁ。っていうかどうもこの「喰霊‐零‐」は黄泉が主人公っぽいから、多分仲の良い姉妹の関係が破綻し黄泉が神楽を憎むようになる過程を残りの話数全部使って粘着質に描いていくんだろうなwww


「スキップ・ビート!」第三話
相変わらず井上麻里奈の頑張りが凄いwwwキョーコのかつら剥きは原作の中でも好きなエピソードなんだけど、相変わらず面白かったww素のキョーコは可愛い感じの井上麻里奈なのに、スイッチ入った時の怨み声が凄くて、声優ってすげーな!って思った。

私は原作は、キョーコとショータローがCM?PV?(どっちだったかな?)で共演する、天使役のエピソードの所までしか読んでないんだけど、アニメはどこまでやるのかなぁ?結構原作はストック貯まってるとは思うんだけど。
ちなみに私は原作に反逆して尚×キョーコ派なもんで、敦賀蓮と良い感じになるのはあんまり見たくないかもなぁ・・・なんつって^^; でも、憎んでたはずの人の魅力を知って惹かれていくってのは少女漫画の王道ジャン!憎しみの幅が広ければ広かったほど愛情も強くなる、ってのが定番でしょう!!

でもスキビアニメは何か色々ショボくて心配。作画とか作画とか演出とか。。。。


「魍魎の函」第三話
原作を読んだのは結構前なんで細かいディティールを見事に忘れているからか、純粋に楽しめてるww
てっきりヤンデレ化した頼子が突き落としたんだと思ってたら違ったようだ。しかし頼子の母親の病みっぷりが凄まじいなwwwこえーよ、母ちゃん。そんでもって御箱さまの祈祷師みたいな人とのやり取りが面白いというか、リアルというか、怪しい宗教にハマっちゃった人のやり取りってこんなんだろうーなーって思った。そして最後の「ああ、加菜子は天に昇ったのね」っていう頼子に、間違いなくこの二人は親子だわ、って思ったwちなみに加菜子の消失トリックは覚えてる。

そういや木場さん視点はどれくらいまで続くのかなぁ?早く榎さん@モリモリとか京極堂@平田さんとか色んな人を聞きたーいなー(^v^)


「とらドラ!」第四話
相変わらずテンションの高低と叙情的な部分が個人的に凄く好き。
大河の可愛さはツンデレとかそういうんじゃなくって、全身全霊で恋をしてる所なんだなぁ、って思った^^
タイガーかわゆいよタイガーvv興奮しまくって写真がブレブレなのとか可愛いなあ。
竜司はみのりんに手作り弁当食べさせたらきっと一発で落ちると思うよ!大声で独り言言いながらトイレのカビと格闘するのは正直危ない人だなぁって思うけど、あんだけ掃除好きな人がいたら一緒の班の人は楽だねーwww
北村君は一回告ったんなら、一回フラれたくらいで諦めんなよなー、と思った。告ってからが勝負だということを聞いたことがあるけどまさにそうなんだなぁって思った。
ところで自宅でラミネ加工ってどうやんの?


「かんなぎ」第三話
今回はつぐみの可愛さが大爆発だった!
自分の作ったおかずが美味しかったかどうか気になって探り入れてみたり、仁が巨乳派でナギが微乳な事に喜んで密かにガッツポーズしてたり、ナギの口調が変わって「あっちの人格になった!」っていう反応したり。何でそんなに可愛いんだ!!っていうくらい可愛かった(o´ω`o)ぅふふ
仁とナギは本当に姉弟みたいな感じが凄く良いねー。美少女に向って「キモい」って言ったり掴み合いの喧嘩したり。まあ実際ナギにしてみたら仁なんて弟どころかやしゃ孫くらいの勢いなんだろうけど。
美術部の眼鏡の先輩は腐女子確定だな、って思ったwwww
でもまあ、目の前で「俺お前に憧れて美術部に入ったんだ。だからお前を越えたいんだ」とか繰り広げられたらそりゃあ鼻血ですわなwwwwでも正直、大鉄×仁はちょっとありだと思ったwwwww
カッキーの秋葉はとても輝いてたw自分ではヲタクとは違うとか言ってても十分ヲタな所がいっそ清々しいくらい痛いのが良かった!アニメについて捲くし立てるのとかすげー良かった!!
ちなみに私はアニメの脚本家とか監督気にしだしたら後戻りできないと思ってますよ^^
「この世界が漫画なら、お前が主人公だ」秋葉は中々鋭いなwwww

何だかんだで「かんなぎ」は作画も安定してるし、話のテンポも良いし、演出の面白さもヤマカンだなぁって思った。DVD売れそうだなー。


「黒執事」第四話
結構テンポ速くてサクッと切り裂きジャック編をやってるのにちょっとビックリー。
てっきりこのエピソードをクライマックスに持ってくると思ってただけに。

小野セバスは段々キモさが薄れて、普通にカッコ好くなって来たから困るw(*´ω`)
特に今回の家庭教師モードは良かった。私はセバスがサイドの髪を耳に掛けてるのが好きらしいv
最後のシエルをお姫様抱っこも萌えたぜ・・・・
シエルは今週も可愛かったvvドレス姿すげー可愛いvシエルの女装潜入捜査は楽しいのう(●´ω`●)♪
コルセットを思いっきり締められてる、釣り動画はご馳走様でしたww

ドルイッド子爵は漫画呼んだ時は平川ボイスだったんだけど、たっつんも中々キモくて良かった(笑)
葬儀屋は諏訪部さんだったし朴さんに潤々と黒執事は良い声優が通り過ぎていくなぁ。
このテンポだと黒執事は1クール?


「鉄のラインバレル」第四話
矢島ああああああああああああああああああああああああっっっ!!!!ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!
な、話だった。原作読んでるから知ってるけどやっぱショッキングな話だなぁ、ここは。
ようやく分かり合えて本当の友達になれた瞬間の出来事なだけにね。
最後の浩一の「それでも俺はお前みたいになりたかったんだよ」は切ないなぁ。

ジョージと能登まみが話してる時「こちらの世界」とか何とか言ってたけどこれってどういう意味なんだろ?
能登まみは人間世界の人じゃないってこと?それとも、それだけ隔絶された所で暮らしてたって意味?
金髪幼女のレイチェル@斉藤ちわちわ、はどうしても「ぱにぽに」のベッキーにしか見えないwww


「ガンダム 00」第四話
本当にフェルトとチューしてやがった・・・・∑(゚台゚lll
でもこれはある意味ライル×フェルトのフラグが立ったということでもあるなww
ニールとは違うということを嫌というほど実感したフェルトが、徐々にライルが気にかかるという展開ですね。分かりますwwいやしかしこのくだりをティエリアが目撃しなかったのが本当に悔やまれるwwww
「お二人は恋人同志なんですか?」「違う「違います」には笑ったwww
です子ことミレイナは存在が00に馴染んでないっていうのをよく聞くけど、私はむしろこういう突き抜けてるくらいの子のほうが、重苦しい空気を払拭してくれると思うけどなぁ。

左慈は着々とCBに馴染んでいって良い感じだね^^
今回はみんなの戦う理由が語られてたなぁ。刹那にアレルヤにライルにスメラギさんにおやっさん。みんな戦う理由が、戦争を否定し平和を渇望するだけの経緯があるけど、そうくるとじゃあティエリアは?ってなる。彼には家族も友人も故郷もない、ヴェーダ以外に固執するものが何もなかった半生。今のティエリアを突き動かしてるのはニールの存在が大きいとは思うけど、絶対的に戦争を否定するだけの経験がティエリアにはなくって、その辺は今後のティエリアに大きく関わってくるのかなぁ?って思ったり。

マネキン大佐が前回のスメラギさんの戦略を「大胆さと繊細さを兼ね備えた戦術」って言ってて、「それはルルーシュ!!」って反応してしまった^^;;;この思考回路困るwww
でもまあ今回のスメラギさんはカッコ好かった。1期も合わせて、一番活躍した回だと思う。
ギアスに慣らされすぎてるせいで、戦略とか結構気になる。今後はマネキン大佐とスメラギさんの女の智将対決になったりするのかなぁ??

シリアスな場面での「ミスターブシドー」呼びは正直ギャグ以外の何ものでもないよねww
でもようやく乙女座にエンジン掛かってきたね!ミスターブシドーの台詞は一々痺れるぜ!!!
刹那&アレルヤVSブシドー&ソーマたんの対決は熱かったね!一人完全片思いの人がいるけどww
アレルヤはソーマたん>CBの仲間>世界という吹っ切れっぷりがいっそ潔いね^^
でもそろそろハレルヤに帰ってきて欲しいな・・・。ヒロCも好きなよっちんの荒れた芝居が私も見たいw

スメラギさんの制服が小さいのは、単純にサイズ間違えたのか4年間酒浸りの生活だったつけが来たのかwwwでもこのシーンのスメラギさんの隣に居るティエリアがめっさ可愛かったvvv
ナイスバディ美女とスレンダー美少女が並んでるのかと思ったwwww
ティエリアの女体に全く興味がなさそうな淡白な反応がとても好きだ(^▽^)

4話になっても相変わらず面白くってテンポもよくて、だから一期の頃から本気を(以下省略)。作画がしんぼ回だったけど目だった崩れもなくって、ギアスのときは結構散々だったんだけど、もしかしてがゆんの絵柄と相性がいいのかなぁ?
でもスメラギさんとアレルヤがお酒を飲むシーンの、スメラギさんの夢現な演出はちょっと意図が分からないかも。気になったのはそれくらいかな?
個人的にはティエリアとライルの絡みがもっと欲しい所だがw次回にも期待!


「とある魔術の禁書目録」第四話
おお振りの新刊を読みながら見てたから(オイ)忘れてる所もあるけど、インデックスの為に偽悪を演じ、大切な友人の記憶を消すという辛さを必死になって誤魔化してるのに、何も知らないぽっと出の一般人に叱られるとはネセサリウスの二人も気の毒だなぁ、って思ったww
でも、記憶を消されるのが怖くなくなるくらいインデックスを愛して幸せにしてあげれば良い、っていうのは確かになぁって思った。つい最近見た「パコと魔法の絵本」っていう映画では記憶を一日しか保てない少女の心にきっと何か残せるはず、って必死にもがく大人達がいたけど。それを思い出した。

コメント

 

突然お邪魔してすみません<(_ _)> ギアスの余韻にいまだ浸ってる腐女子です^^;
(19日の記事へのコメントなのですが既に下に行ってるのでこちらで失礼します)

00とギアスは同じ枠で好対照をなしているので、ゴゴゴは力入ってるなという印象受けますね、次はハガレンだし。
でもギアスのCMが流れるだけで、スメラギさんの作戦見るだけで、思い出しまくりです、
ラインバレルの加藤も、顔が影に隠れてるもんだから余計に、次の瞬間スポットライトが当たって
ゼロが出てきそうで参りました。
耳も目も、無意識にルルーシュを探してしまうって、ホント重症だなと自分に呆れてたので、
ツボが似た人がおられて嬉しかったです^^

他作品のレビューも参考にさせてもらってます。こちらのレビューを見て「とらドラ!」録画してたのをやっと見始めました。私は声優さんにあまり詳しくなくて、絵を楽しむほうなので、地獄少女とか結構好きです(ワンパターンでも)。1話の百合・キスシーンが綺麗でしたv

余談ですが、コンティニューの特集やニュータイプの鼎談、メージュの大河内氏インタビューがそれぞれ面白かったです、ご覧になられたでしょうか。
コンティニューで大河内氏も「あれが単純に友情かと言われると…」と言ってるけど
それよりニュータイプの谷口監督発言「私にとって"親友"とは…」にのけぞりました、
潤々も言ってたけど「それは友情じゃなくて愛だ!」と全力でツッこみたいです。56&16って凄いんですね…
文を短くまとめられなくて;長々と失礼しました。

お返事です! 

おいでませ!

時雨さんもギアスにかかっているお一人でしたか(笑)!
00もラインバレルも別個として楽しんでいるつもりなんですけれど、やっぱり戦略的な話になると意図せずふっ、とルルーシュの事が思い出されちゃ運ですよねぇ^^;
私も自分でも重症だなぁ、って思いながらそれほど愛させてくれたギアスやルルがより一層愛しくなりましたw

私もCONTINUEとニュータイプ読みました。
CONTINUEは立ち読みなんですけど、大河内さんのインタビューは興味深かったです。
そしてゴロー監督の親友の定義には私も読んでいてのけぞりました(笑)
それは親友を一足飛びに越えて熟年夫婦だ!!と言いたい(笑)
ギアスを見ていて、ルルとスザクの友情は愛憎の根が深くて濃いなあ、と思っていたんですけど、こんな人たちの手で生まれたのなら何だか納得ですね^^

コメントありがとうございました!
コメントが長い分には全く構いませんのでお気になさらなくても大丈夫ですよ。
でわでわ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mosimo1100.blog23.fc2.com/tb.php/609-ddb460e5

 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。