腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09
29
(Mon)
録画しておいたコードギアスを見た。
とてもいい最終回だった。
ありがとうコードギアス。ありがとうルルーシュ。
そしてギアスを生み出した56と16ありがとう!サンライズありがとう!!
だが貴方たちがドSで鬼畜で外道だといった事は訂正しないwwww
コードギアス 反逆のルルーシュ 1コードギアス 反逆のルルーシュ 1
木村貴宏 大河内一楼

バンダイビジュアル 2007-01-26
売り上げランキング : 826

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

◆ TURN 25 『Re;』
ゼロレクイエム。すべてははルルーシュとスザクの約束の為に。さらばルルーシュ、ゼロ最後の日!?さよならスザク、さらば戦いの日々そして・・・コードギアス最終回!万感の想いを胸に全力で刮目せよ!
録画したギアス最終回を見たのが夜中でよかったと心の底から思った。
めっちゃ泣いて、泣いて、泣いて。泣きすぎて今頭が痛い・・・。ロロの時も泣いたけど、あの時は見返すことが出来た。見る前は、二度見てから感想を書こうと思ったけど最終回はとてもじゃないけど見返せない。寂しくて。辛くて。嗚呼ルルーシュ・・・・。愛してるよルルーシュ。君を思って今晩枕を濡らしてる乙女が一体何人いると思っているんだ君は!何て罪な男だルルーシュ!!
今はもう、何も言えないっす。北島○介です。(←結構余裕だなw)

最終回は美しすぎて、ルルーシュ的にもとても満足のいく最期だったんだけど、でもやっぱり何で死んじゃったんだよー!?って思いが残る。いや、ルルの死を持ってENDっていうのはR1のときから覚悟してたし、もっと酷い―誰からも理解されず悪の権化として孤独な死を迎える―想像すらしてたからルルの死にもある程度救いはあるんだけどさ。副シリーズ構成の吉野さん(notよっちんw)もルルーシュの物語はここで終わるんだな、って言ってたからなんとなくルルの死は覚悟してたけどさ。ルルのやろうとしてる事も何となくだけど予想は付いてたし。それでもさー。死ぬなんてさー。てか死ぬなよー!

しかし最終回は美しかった。何度もいうけど美しかった。まるでルルーシュのようだ。
ルルーシュは最期まで美しかった。どんなに悪に染まろうとも、どんなに追い詰められようとも、どんなに裏切られようとも、どんなに孤独に苛まれようとも、何度も立ち上がって歩き続けて、その清廉で穢れなき誇り高い魂、美しすぎるがゆえに時に残酷で、優しすぎるが故に時に残酷で、それがルルーシュだな、って改めて思う。そしてそんなルルが選んだ最期だからこそ美しかった。そして優しく残酷だった。
登場人物の多さや交錯する感情と謎の多い設定から、ギアスという物語を思い振り返って見るたびに、これはルルーシュのための物語なんだな、って認識を改める事が何度もあった。そしてそれが如実に描かれてたのが最終話だった。
コードギアスはルルーシュそのものだったんだなって。
企画当初、「コードギアス」というタイトルは無く「反逆のルルーシュ」というサブタイがメインタイトルだったという話を思い出して、コードギアス=ルルーシュなんだなって。

ルルーシュは世界の悪意を全て引き受けて最期を迎えたわけだけど、でも彼を大切に思っていた人達にはギリギリでルルの想いが伝わって良かったと心底思った。カレンも神楽耶も少しは救われたかな?自分たちが愛した男が、本当に優しく信頼に足る人物だったことに。でも後悔も残るんだろうね。どうして彼を信じ切れなかったんだという。

ルルを殺すのはスザク、ってのは予想済み。Aパートでカレンと相打ちした時はちょっと焦ったけど、いやそこはスザクだから!大丈夫、大丈夫!!って何とか耐えたwwでもスザクがゼロになるのは正直予想外だった。皮肉なもんだねー、あれだけ憎んでいたゼロに自分がなってしまって、しかも最愛の友人(今もそうだよね??)を殺さなきゃいけないんだもん。
今までのスザルルを見ていて、腐的考えを取り除いても二人には友人同士よりももっと根が深い繋がりというか、互いが互いに自分を見ているところがあるなぁと何となく思ってたんだけど、まさか最後に同一の存在(=ゼロ)になってしまうとは・・・・。ルルがゼロ仮面を血に濡れた手で撫でたのはエロかった・・・・。公式でここまである意味プラトニックな愛の関係を見させられたら腐女子はどうすればいいのだろうwww
ルルは、枢木スザクという存在を捨て正義の味方であり続けることがスザクの罰だ、って言ってたけど受けた罰としてはルルの方が結構割を喰ってるよなぁ。だってさー、ゼロになったことで心置きなく正義を掲げることができるしさ、自分の理想を共有してくれる存在であるナナリーは側にいるわけだし、これからは正真正銘の正義の騎士なわけだ、何よりスザクが一番欲しがってた罰をルルーシュがくれたわけだし。けどルルの無自覚に残酷な所は、そうやってスザクに優しい部分を残しつつ、ルルーシュを強く喚起させるゼロにスザクをさせてしまったとこかな?多分これから先一生スザクはルルを殺した事を悔やみ(お互いに納得ずくのこととはいえね)ゼロの仮面を被ってルルを思い出すたびに、ナナリーや黒の騎士団なんかで自分の知らなかったルルを、失ってから知るたびに、叫びだしたい衝動に駆られるんだろうな。でもゼロにそれは許されない。ルルは優しくて残酷だな。

ルルは与える愛に慣れすぎていて、他人から与えられる愛に酷く鈍感だったのが、ルルの残酷な所だよね。ルルの思っている以上に、ナナリーもカレンも神楽耶もC.C.も会長もリヴァルもコーネリアお姉様もニーナもロイドさんもセシルさんも咲世子さんもジェレミアもアーニャもジノも黒の騎士団の皆もスザクも、ルルの事が大好きで愛していたのに、ルルを失って血が滲むほどの痛みを感じるのに、それに背を向けて死を選んだのが、ルルの残酷な所だなぁ。


ナナリーが言ってた「私はお兄様さえいればそれだけでよかった」っていうのがナナリーの原点であり行動原理だと思った。私は今までナナリーはルルよりも人格者というか、もっと博愛的なところがあると思ってたんだけど、ナナリーも案外ルルの事が見えてなかったんだなって思った。ルルはナナリーが自分の意思で立っていられる位強く、成長していたことを分かっていなかったし、だからこそのゼロだったんだけど。それと同じでナナリーも、身内に甘く、自分をどこまでも愛しく優しく包み込んでくれる、父親であり母親であり兄であり恋人であったルルーシュしか見えてなかったんだな、って。
ルルーシュに恥じる事の無い自分でいたい、っていう思いはユフィの特区日本再建とゼロを受け入れるっていうのとも繋がると思うし。少なくとも私は繋がると思ってる。
そんなルルーシュがテロリズムに手を染めて、兄弟を殺し、皇帝として独裁を始め、しかもその裏には人の心を無理やり従わせるギアスという力を駆使していたと知ってしまった。何より自分自身との生活をルルーシュ自身が壊してしまった。それが許せなかったっていうのもあると思う。
だけどルルの妹として恥じる事のない行動をしたいから、ルルを止めてみせる。

実は似たもの兄妹だったルルとナナリーだから考えている事も似ているわけで。
ダモクレスに世界の悪意を集める、って言ってたのもやっぱり根元にルルの為ってのがあると思う。
きっとナナリーの中ではあの時点でルルは道を誤ってしまったっていう風に認識されてたんだと思う。
最初ゼロとして登場したり日本を解放するために黒の騎士団を立ち上げたりっていうのは、兄なりの正義とそれに基づいた行動であったと。でもナナリーの中ではルルはその途中で道を誤り権力に縋るようになってしまった、っていう風に見えたんだろうなぁ。大きな間違いを犯してしまった兄を止めるために自分の手を汚す事も厭わない!そういう決意がナナリーをああいう行動にさせたと思う。
でも悲しいのはナナリーが知りえた情報は少なくって、シュナイゼルがほんの少し囁くだけで歪んでしまうようなものだったんだろうなぁ。もっと多くのことを知りえていたらナナリーもルルを信じ続けていられたと思うし。

結局ルルもナナリーも一番最初に願った事は叶わなかったわけだけど。ルルはナナリーにとって優しい世界を、ナナリーは多分ルルと一緒に生きていければそれだけでよかった。でも結局ルルはナナリーと皆と世界の為に死を選び、その事によってナナリーの願いは永遠に叶わなくなった。
多分ナナリーがルルーシュ以上に愛せる人はこれから出てこないかもしれないけど、それでもルルの願いを知ったナナリーなら前を向き続けるだろうし、生きているならまた心から笑える日だって来るかも知れないし、それはスザクにだって言えること。
たった10歳で人生のドン底を味わったルルーシュが、スザクと出会ったことで救われ再びナナリーと心から笑いあうことができた。そういう経験があるからルルはきっと、スザクもナナリーも救われる日がくるだろうと思えたんだと思う。
でもそんないつかの日よりも、もう一度ナナリーと生きて欲しかったとも思うけど・・・。


*******************************************
10月4日です。明日は00の日です。そしてルルの初七日です。
いまだに最終話を見返すことが出来ない自分がチキンでアンチクショーだ^^;
時間が経ってだいぶ落ち着いたけど、ふとした瞬間にルルーシュのことを想い考えると、ギュッと心臓が掴まれたみたいな感覚になって油断すると涙が出そうになるwwww
あれから色んなブログやサイトの感想を読んだし、派生漫画や小説を読んだけどその度に「ルルーシュ・・・!」って泣いてるwwww完全に情調不安定な人ですね(^▽^)

いくつかの感想に、ルルーシュが自ら死を選んだ事に納得がいかない、って事が書いてあった。
どんなにドン底にいても生きたいと足掻き明日がほしいと願ったルルーシュが、幕引きに死を選ぶのが納得いかないと。それはそれで一理あるなぁと思ったけど私は割りとすんなり納得してしまってた。

多分ルルはやろうと思えば、もっと穏便な方法で世界を掌握し善政を敷いて賢君として歴史に名を残すことも出来たと想う。でもそれをやらなかった。それは何故か?そう考えた時思い出したのがR2のSE1でC.C.が言っていた「アイツが世界の目を覚まさせる」という台詞。C.C.が意図して言ったことはもっと違うことなんだろうけど、こういうことなんじゃないかなぁ?と思った。
貴族性を廃止して身分の差をなくす一方で、独裁の危険性、戦争の愚かさと悲劇、そういうのを嫌というほど見せ付けて自分に憎悪を集めて、もっと世界をよくするためにはどうすれば良いのか?っていうことを一人一人が親身になって考える事が必要だと思ったんじゃないかなぁ?って。
そんでもって、明日を世界をよくするために何が必要か?そう考え続ける人間達を信じてみようと。

それを実行する為には悪逆皇帝ルルーシュを殺す事が不可欠。この辺がポジティブなルルらしくないという意見があるけど、私はルルは生きるために死を選んだんだと思った。自分の精神を思いを願いを生かすために。悪逆皇帝の支配する停滞した世界ではルルの心も、いつか死んでいるように生きることになるかもしれない。それは何よりルルが恐れた事。だったら生きた明日を向える世界の為に、自分の心を死なせない為に、死を選んだんじゃないかなぁ?って。
それにあの満足そうな死に顔を見たら何も言えなくなる。ルルがそこまで納得してるんなら何も言えねーよ!まあそれと、ルルが死んじゃって悲しい事は全然別物なんだけどね?

あと、スザクに自分を殺させるっていうのがスザクに辛すぎるんじゃないのか?ってのも割りと見かけた。
ルル的にはユフィの仇とかそういうのも考えてたと思うけど、スザクは心の底ではとっくにもう許してんだよね。それにルルが気付いていたかどうかは分からないけど、多分ルルはスザクにも覚悟を決めさせたんだと思った。生きるという覚悟を。きっとルルがどうしてもスザクに対して譲れなかったのが、死にたいと思って死ぬ事だと思う。死にたがりのスザクの死なせるんじゃ意味が無い。生きて償う事こそスザクの罰。トラウマになっても一生消えない傷になっても。そこまでしてもルルはスザクに生きて欲しかったんだろうなぁ。ルルの「生きろ」という願い(ギアス)はこれで初めて意味を持ったんだと思う。


と、まあいまだにルルのことを考えてはグルグルしたりしてるけど、私は元気です。
コードギアスが始まって足掛け2年。アニメに胸が奮えるほど感動したり、二次元のキャラクターに本気で心を揺さぶられて、愛し、色んな事を考えて、とにかく心の底から本気でアニメを見たのはギアスが初めてだった。後、一つのカップリングにここまでハマったのも初めてww
きっと一生忘れることのできない特別な作品です。これからも特別です。
ルルーシュ愛してる!!!

コメント

ご無沙汰してます 

こちらではすっかりご無沙汰してます、水無月です。

終わってしまいましたね、コードギアス・・・
この二年間、ほとんどギアスと共にブログをやっていたと言っても過言では無いので、非常に感慨深いものが有ります。本当に、もうルルーシュのぶっ飛んだセンスを笑ったり、スザクの人間離れした運動能力に呆れたり、ジェレミアのオレンジっぷりに萌えたり出来ないのですね・・・(コラ)

来週からはガンダム00が始まるとは言え、テレビを付ければまたギアスが始まるような気がしてなりません・・・。

ギアスは本当にルルーシュの物語だと思います。彼が自分を追い詰めるかのような選択の末に『ゼロレクイエム』を迎える物語だったわけで。彼がある意味でもっとワガママな、自分一人の幸せを追求する人間であれば、もっと違う結末だったでしょうね・・・

ギアスが終わってからまだ数日しか経ってなくて、自分の気持ちが整理しきれてませんが、これからも決して忘れる事の無い作品だと思います・・・

最後になりましたが、私のブログのタイトルがギアス終了に伴い変更になったので、お手数ですが更新をお願いしたいと思います。

それでは、駄文・長文、失礼致しました。

お返事です! 

おいでませ!
こちらこそご無沙汰しておりました。

ほんとに何だか来週もギアスが始まりそうな気がしますね。とても綺麗なラストを迎えたのに、足掛け2年ギアスを追いかけて走り続けてきただけにいまだに実感が伴いません。
明日から00が始まるのがいまだに信じられません^^;

ブログタイトルの件、了解しました!

コメントありがとうございました。
でわでわ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mosimo1100.blog23.fc2.com/tb.php/605-aa7be9b0

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第25話(最終話) 「Re;」 

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第25話 「Re;」 あらすじ ゼロレクイエム。すべてははルルーシュとスザクの約束の為に。 さらばルルーシ...
 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。