腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03
20
(Thu)
ゴールデン・デイズ 7 (7) (花とゆめCOMICS)ゴールデン・デイズ 7 (7) (花とゆめCOMICS)
高尾 滋

白泉社 2007-12-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ゴールデン・デイズ 8 (8) (花とゆめCOMICS)ゴールデン・デイズ 8 (8) (花とゆめCOMICS)
高尾 滋

白泉社 2008-03-19
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

マジで名作・・・・。
わたしの、人生、です・・・。
ゴォルデンデイズゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ (TT0TT) ダーーッ

「ゴールデン・デイズ」最終巻読みました。マジで号泣です。ガン泣きです。
傑作です!高尾滋の代表作かつ最高傑作かつ名作です!!是非読むべき!!!

高尾先生の連載作品は全部読んできてるんですけど、「ディアマイン」はこれからこの二人が盛り上がりそうなのになぁ~、っていう時に話が終わって、「てるてる少年」は何となく話が当初読者が読んでいたときよりも大きくなりすぎてしまって風呂敷を畳み損ねた感が少しあったんだけど、「ゴールデン・デイズ」はその点物語当初から投げかけていた疑問やなんかを確り回収しつつ、キャラクター達の感情とそれを読んでいる読者のカタルシスの消化が最高に良かった!!
これはもっと人気出ても良いね!これはもっと評価されるべきだね!!

8巻は7巻から引っ張った慶光の両親の死の真相と、慶光が止めたかった過去の事実、それから光也と仁の別れ、が描かれてました。タイムスリップものですから、やっぱり過去に来たことによっての出会いがあるなら未来へ戻る事の別れがあることは必然で、いずれはバイバイしなきゃいけないいけないことは分かってたんですけどやっぱり悲しいやね。
作中でも慶光が「けれどこの先もずっと君が側にいれば仁はずっと楽に生きられるだろうに・・・・」って言ってるんですけどね。この台詞スッゴイ良かったっていうか好きっていうか嬉しかった!読んでる側が思ってることを作中で言ってくれた、ってのがね。
けれど「ゴールデン・デイズ」は出会いがあって別れがあるからこそ成立する話ですからね・・・。切ないけど。

8巻で好きなのはやはり愛宕山でのシーン。仁の中で光也が慶光をしのぐ位大きな存在になっていた事をしみじみと実感。感情のままに光也に縋り付いて我を失くす仁を光也が殴って一喝!ってのが凄くらしくて良いなぁ、って。そんでもってその後の光也の「幸せになれ・・・」「幸せになる努力を怠るな・・・・」ってのが凄く好き。切なくて好きだ。自分(光也)のためにも幸せになれ、ってのがさ。あぁぁぁぁぁ、切ないぃぃぃ( iдi )
そんでもって、実に1巻の時ぶりの
チュー!ちゅーぅ!!( ̄ε ̄@)CHU-!!!!
このチュー、光也も内心そんなに嫌ではないと思うのだよ(笑)。顔しかめてるけど顔真っ赤だしww

何よりじいちゃんによって語られる後日譚がまた良いんですわ!光也にとっては過去であり未来の話。
光也が与えたのは仁だけでなく、百合子や亜伊子にも色んなものを残していったんだなぁ、って。
亜伊子が「お前が肩をすくめて小さくなる事なんてない」っていう光也の言葉に勇気を貰い、光也という存在に百合子は希望を見出していた。成長した亜伊子の可愛さと大人になった百合子のカッコよさは異常www
何より最終話の成長した仁がね!!!!これってずっと独身だったのって少なからず光也が関係してるはず!と穿ってみるwwwwきっと光也に操立てしたんだよ!!!!

最後の最後で亜伊子の孫に出会うのはある程度予想してた感じ(私は仁そっくりの仁の孫と光也が出会う、って予想してたw)。でも声が似てる、ってのが個人的にツボすぎるww
光也が仁にあげたお守りを時を経て光也の手に戻ってくるってのもベタだけど良い!凄く良い!!
そんでもってそれで号泣しちゃう光也がまた良い!!!
仁×光也も良いが、ここにきて生方くん×光也も良くなった!!どちらも捨てがたい!!!
それにしても光也はなんでこんなに色っぽいんだ。。。。。

「夏目友人帳」がまさかのアニメ化なんだから「ゴールデン・デイズ」もアニメ化すればいいのに。
その時は光也CV潤々vv、仁CV櫻井さん、慶CVコニタン、亜伊子CV斉藤ちわちわorくぎゅう、百合子さんCV雪野五月、節CV井上麻里奈でよろwww
何はともあれ高尾先生連載お疲れ様でした。次回作にも期待です。
でもしばらくは「ゴールデン・デイズ」の余韻に浸っていたいかも^^

コメント

 

初めまして、megと申します。
感想更新楽しみにしてました。
発売日翌日だしまだだよなーと思いつつ何となく見てみたら早速記事が…!
最終巻は久しぶりに漫画で泣きかけました…結末は予想していたのですがやっぱり…私も愛宕山のシーン好きです。
ほんと、この作品はもっと多くの人に読まれるべきですよね!
アニメ化は五巻あたりから私も期待してました(笑)。最近花より男子とか花ざかりとか連載終了した後にメディアミックスされる作品も多いですし、密かに期待してたりします…。
ではでは、駄文すみませんでした。感想執筆お疲れ様です。

お返事です 

おいでませ!
初めましてコンバンワ^^
感想楽しみにしていただけたなんて、光栄です(/ω\) ハジカシー

すっごく良かったですよね、最終巻!
光也の残していったものが、仁、亜伊子、百合子、慶に一体どれだけ大きなものだったのかしみじみと実感。
愛宕山と同じくらい祖父ちゃんの語るその後の皆の人生が大好きです。決して幸せばかりではなかったけれど、光也が残していった何かが彼らを支えていたんでしょうね。
何より光也が仁に渡したお守りが時を経て再び愛宕山で光也の下に戻ってくるとか本当にもう・・・・!!!!

意外と世間で注目されていないのが本当に不思議で仕方ないんですよねー??
こんなに良い話なのに。。。。

アニメ化本当にして欲しいです!
ゴールデン・デイズは昨今の少女漫画っぽくはないんですけれど、普遍的な何かと決して損なわれない品格のようなものがあると思うんです。
見ようによっては、っていうか普通に読んでいても穿ってしまいたくなるくらい仁と光也の友情は濃く深いものですけど、それでも良いじゃないか!!!
アニメだなんて贅沢は言いませんからせめてドラマCD化だけでも・・・・!!

コメントありがとうございました!
でわでわ~

はじめまして♪ 

私も大感動でした。e-272
素敵ならすとだったけど・・。
未来で会うことの出来なかった運命が
あのチェスにこめられた仁の思いが・・。
哀しすぎです~(涙)

お返事です! 

おいでませ!コンバンハ(゜゜)(。。)ペコリ

本当に素敵なラストでしたよね(しみじみ)
私は、絶対未来に戻った光也は年老いた仁と再会するもんだと信じていたもんで・・・。
運命って時間って残酷だなぁ、なんて思ってしまいました。

光也が仁に渡したお守りが、めぐりめぐって光也の手に還ってくる。
違う時間に生きてた二人だけど、でも確かに繋がってたものがあったんですよねぇ。

次号の花ゆめでいよいよ高尾先生の新作がお披露目のようで、今から期待です!!
でも私の中のベストオブ高尾作品はしばらくの間は「ゴールデン・デイズ」で揺らがないと思います^^

コメントありがとうございました!
でわでわ。

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mosimo1100.blog23.fc2.com/tb.php/545-b4e270a4

 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。