腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10
25
(Tue)

『蟲 師』第一話感想 

これまた秋の新番組の中で最注目のアニメ作品の一つですな。
最初アニメ化の話を知った時は、どうかな~?って思ったけどこれはこれで良いですね。

う~ん、なんというか物凄く原作を大事にしてるなー、ってのが伝わってくる感じですね。
もうね、漆原友紀の「蟲師」がまんま動き出したような。
とりあえず第一話はOVA並みの出来で、スタッフの並々ならぬやる気が見えてくる感じですね。

蟲とは動物でも植物でもない、微生物や菌類とも違う、もっと命の原生体に近いモノ達。それらを総じて「蟲」と呼ぶ。それらは形や存在が曖昧で、ヒトと蟲とが重なる時、人智を超えた妖しき現象が生まれ、ヒトは初めてその存在を知る。
生命とは、他をおびやかすために在るのではない。ただ、それぞれが在るように在るだけ──こうした「蟲」とヒトとをつなぐ「蟲師」である主人公ギンコが、旅の途中で様々な人々と、それに関わる蟲達に出会ってゆく。一話ごとに登場人物が異なる読みきり絵巻。

第一話「緑の座」
人里離れた山奥に住む、神の筆で描いたものをすべて具象化させてしまう能力を備えたそんな少年がいる。その少年の元に、蟲師・ギンコが訪れる。少年の家で会った少女はいったい何者なのか?
映像化されて一番「へ~っ!!」って思ったのは蟲ですかね。動いてるのを見るとまさに蟲って感じ。後、しんらが思ったより若いっていうかまだまだ少年だったのがビックリした。マンガ読んだときは、成人はしてないけど十代後半に差し掛かった位の年齢だと思ってた。

ギンコの声優さん―中野祐斗さん―アニメの経験は殆どないって聞いてたけどピッタリね!
ギンコっていうキャラクターだと、井上和彦さんとか平田広明さんとか、飄々とした感じの声を想像してたけど、中野さんのギンコも良いですね。掠れた感じの声とか、飄々と朴訥の中間にいるような感じの演技がギンコだなーって思った。

それから、しんら。しんら役の三瓶由布子さんが良かった。三瓶さんはエウレカでレントンも演ってるけど、しんらみたいな役もハマってますね!三瓶さんは少年声がとっても魅力的で、竹内順子、小林由美子、皆川純子なんかに続く、少年役の声優さんになりそうですね。

映像もものっそい気合入ってましたね。第一話が「緑の座」だからというわけではないんでしょうけど、凄く緑色が印象的です。濃くて深くて瑞々しい緑色。日本画のようなタッチの山の稜線が、一服の絵画のように美しいです。ホーッ、ってため息ものですね。
それから日本家屋に差し込む陽の光も印象的です。広い日本家屋に差し込む光、それからその光が作り出す影。その陰影が何とも見事だなって思いました。
後、廉子が迷い込んだ蟲の宴。あれ、見ててゾーッとしました。得体の知れないものが人間の真似をしている様って何とも不気味ですね。シーツを被った子供だましのお化けみたいな格好なのに、何とも薄ら寒さを感じさせるんです。あれも、日本人独特の感性なんですかね。

まあ、総評して素晴らしい出来だなって思いました。原作が物凄く面白いから、それに忠実に作ろうとしてるのがわかるんですけど、シリーズに一話くらいオリジナルエピソードが入ってもイイかな?って思いました。ま、それくらいクオリティが高いってことでした。

コメント

蟲師 

私も楽しみにしていました。
動きや光の加減などは、やはり映像ならではのものがありますね。
このクオリティを今後も維持していって欲しいものです。

お返事です 

>まこさん
おいでませ、まこさん!
やっぱりみんな楽しみにしてたんですね。
私は期待と不安が、7:3ってところでした。
確かにあのクオリティを維持していって欲しいですね。ファンが幅広いだけに余計そう思います。
また是非いらしてくださいね。
ではでは。

TBありがとうございました! 

モカモさん、こんばんわ!
TBありがとうございました<(_ _)>

数日遅れの放送のため、こちらでタイトルを拝見した時も、「まだまだ・・・」と我慢しておりました(笑)
やっと解禁です!!
でもまたしばらくしたら我慢の日々です・・・(´∀`;A

蟲の動きとか、廉子の記憶のシーンとかは宮崎アニメを思わせるような感じだったけど、すごくステキでしたね☆
是非最後まであのクオリティでいて欲しいです^^

でわでわ。お邪魔しました~♪

お返事です 

>ヒサエさん
ヒサエさん、おいでませ!
わざわざコメントありがとうございます。
我慢していただくほどの感想ではないんですが・・・。でも気持ち分ります(笑)。
でも関西が一番遅いかと思っていたんですけど、そうじゃないんですね。

>蟲の動きとか~
そうか!そうですね!宮崎アニメですね!確かにあの日本的な薄気味悪さは、もののけ姫や千と千尋~に通ずるものがありますね。
本当にスタッフさんには頑張っていただいて、最後まであのクオリティでいってほしいですね。

また気軽にいらして下さい☆
ではでは。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mosimo1100.blog23.fc2.com/tb.php/54-95bd5d03

蟲師 #1 

今頃1話です。ええ、もう言い訳は無用ってやつですね。萌えを求めて待ってました。ちなみにコミックは1話を読んだのみ(爆)あとはパラパラッと程度なので何も知らないに等しいです。とにかく1話はショタショタショタ~“o(* ̄o ̄

レビュー・評価:蟲師/第1話「緑の座」(みどりのざ) 

品質評価 62 / 萌え評価 31 / 燃え評価 6 / ギャグ評価 10 / シリアス評価 5 / お色気評価 10 / 総合評価 21レビュー数 58 件 人里離れた山奥に住む、神の筆で描いたものすべてを具象化させてしまう能力を備えた少年の元に、蟲師・ギンコが訪れる。少年の家で出会った少女は
 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。