腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
  • 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10
19
(Wed)
今期の深夜アニメで比較的男性向けと思われるアニメを3本チェックしてます。
『はっぴぃセブン~ざ・テレビまんが~』
『Canvas2~虹色のスケッチ~』
『ラムネ』
の3つです。ちなみに今週からは『To Heart2』も加わる予定です。
何故って?
鳥さんとじゅんじゅんが出てるからですよ!!
チェックしてなかったのが本当に悔やまれます!キーッ!バオバブのブログチェックしてたのに!!何たる失態!
ちなみにはっぴぃセブンに福山じゅんじゅん、キャンバス2に櫻井さん、ラムネにキーやん(谷山紀章)がそれぞれ主人公として出演。

こういうギャルアニメに出てるときの男性声優さんって割りとカッコイイ感じの演技が聴けるんで、結構新鮮ですね。
To Heart2ではカッコイイ鳥さんとじゅんじゅん聴けるかな~?

では、今週までの感想なんぞを。
 
まずは、はっぴぃセブン。これは集英社スーパーダッシュ文庫で18冊出ているシリーズが原作。じゅんじゅんは主人公(のはず)の菊之介役。まあ、女子に囲まれてる人です。

七福神の力を受け継いだ福娘10人+菊之介の「はっぴぃセブン」が人間に災いを及ぼす禍ツ神を倒していく話。まあ、いわゆる変身コスプレヒロインものです。

このじゅんじゅんはとにかく優しく、強く、爽やかな好青年。恐らく福娘殆どが彼に惚れてるだろうけど、本人全く気が付いてない。話は軽くテンポ良くポンポンと進んでいきます。逆に言ってしまえば、どんなことをしていても軽く見えるというかシリアスに転がりにくいという欠点がありますが、この作品にそういうものを求めている人はいないと思うのでこれで良いんでしょうね。
そういえばこれ、何気に力入れてるみたいで、3話目までやって絵の崩れがないし、プロデューサーにあかほりさとる迎えてんのね。
キャラデザも女子が倦厭しそうな萌え系前面に出した感じではなく、嫌味なく可愛らしい感じです。福娘も可愛くて菊之介も可愛くて敵側の登場人物も可愛い、みんな可愛いです。
一つ難点を申しますと、福娘なんかは変身シーンで一旦裸になって光に包まれて、とまるでセーラー○ーンのように変身するんですけど。何で菊之介はパッと光に包まれて一瞬で変身完了なんだ?女子キャラみたい一旦裸にな(黙っとけ)!
とりあえずお色気とかとはほど遠いので女子も観れる内容です。気軽に視聴続投。

続きまして『Canvas2~虹色のスケッチ~』
こちらはギャルゲーが原作。少年エースにてコミック版が連載中。ちなみにギャルゲーはギャルゲーでもエロゲーです。

高校時代に画家として将来を嘱望されていた上倉浩樹。訳あって筆を折っている彼は、名門撫子学園の大学部に通いながら高等部の美術部の顧問代理も務めています。そんな彼の元に、妹同然に可愛がっていた従妹の鳳仙エリスがやってくる。彼女はずば抜けた絵の才能を買われ特待生として高等部に転入してきたのだ。両親をなくしているエリスは浩樹と住み始めるが、彼女は段々と浩樹に恋心を抱き始める。

メインヒロインのエリスを中心に女子キャラがわんさか出て来て、ハーレム状態になるあれです。妹属性をはじめ、幼馴染、メガネっ娘、ロリっ娘、大和撫子、ツンデレ、年上とおおよその属性は殆ど網羅。選り取りみどりです。しかも殆どが彼のことを「先生v」と呼ぶんです。
キャラデザはゲームのものに忠実にしているのか、非常に微妙
男性諸氏はあれでいいんですかね?本当にあれ可愛いんですか?女の子はかろうじて美形設定だな、と分るんですけど浩樹がイケメン系なのか普通の人代表の容姿なのか本気で悩むところです。
でもキャラデザさえ乗り越えれば割と面白いアニメかと思います。
ヒロイン一人一人に乗り越えるべき壁というか、成長を促すエピソードを用意してあります。丸々恋愛じゃないので、見てて辛くなることも少ないかと思います。
ちなみに私は幼馴染の桔梗霧プッシュです。彼女高校時代に浩樹に一回告ってるんですけどフラれてるんです。新任の教員で来た撫子学園で浩樹に再会するんですが、そんなことなかったかのように二人は振る舞います。どうやら霧のほうはまだ気持ちを引きずっているよう。切ないの大好きです。そういえば今週はロリっ娘で小説家の子がフューチャーされてました。売れっ子恋愛少女小説家なんですが、せっかく櫻井さんなんだからBL小説にすればいいのに!と思った。売れっ子BL小説家なら一発でロリっ娘派に転んでた(笑)。
それと何といっても見所は櫻井さんの演技ですよ!浩樹は優柔不断なんですけどナチュラルに、時折女あしらいが上手いんです。自然な感じのカッコイイ演技がとても良いです!

最後に『ラムネ』
これもゲームが原作です。ちなみにエロゲーじゃないと思います。

友坂健次と近衛七海。幼馴染の二人はいつも一緒で仲が良い。朝は交代で起こしあってるし、学校にも一緒に行く。学校ではおしどり夫婦と呼ばれからかわれることもあるが、結構満更でもない。
そんな二人の何でもない夏。だけど二人にとっては特別な夏の話。

海沿いの田舎が舞台なだけあって、全体的にゆったりとした雰囲気の話。ゲームの宣伝で「普通の話」と言い切っているだけあって、大きな事件が起こるでもなく淡々と日々は流れていく。もちろんギャルゲーなんでハーレム状態になるから女子キャラ増えていきますが、話の中でヒロインの座は揺らぎそうにありません。恐らく最終回まで穏やかなのんびりした感じなんでしょうね。
キャラデザが一番好みですね。女子キャラは置いといて(ギャルゲーなんで可愛いの当たり前)男子キャラがちゃんとカッコイイのが良いですね。女子キャラもそんなに萌え系に走った感じではなく比較的あっさり系の萌え系なので見ていて辛くなることは余りありません。

キーやんが主人公です。キーやんはギャルゲー関係の出演多いですよね。キーやん演じる健次は極普通の男の子。天然入ってるヒロインにツッコミ入れる時なんかは、キーやんのラジオの時などのノリが入ってて、自然に演じてるんだなと思います。
ヒロインの七海の声は後藤邑子さんという人なんですけど、この七海物凄くアニメ声というか萌え系な声というか、とにかくキンキンした高音なんです。
しかもこの声で
「テヘリv」
とか言うんです!もうね、爆弾を落とされた気分になります!
この子は色々ツッコミ所満載です。天然で済ませられません。
とりあえず2話まで見て彼女に言いたいのは、畑仕事する時はヒラヒラした白い服なんて着るな!ということでしょう。ジャージを着なさい!ジャージを!
それとこの七海。見てて時折本気で嫉妬に駆られます。
だってキーやんの声で起こしてもらったり、遅れそうになったら手を取って走って学校行ったり、帽子を被せてもらったり、とキーやんファンの女子がハンカチを噛み締めて羨ましがりそうなシチュばっかなんです。
キーーッ!!七海ーっ!!キリキリキリキリキリキリキリ(ハンカチを噛み締める音)
4回くらい頑張って見続ければ自発的に視聴しそうな番組かな?と思いました。

そういえば『Paradise Kiss』始まりましたね。見ました。
感想としては映像が凄く綺麗だな、ということでしょうか。さすがに力を入れてるだけありますね。
最初、矢沢あいのしかもパラキスをアニメ化っていうのは正直どうかな?と思ったんです。今でも話し自体はどうかと思いますけど、映像だけでいえば成功なんじゃないかな?と思います。
矢沢あいの、あのヒョロっとした絵柄をアニメにしたらなんとも気持ち悪いんじゃないかと心配したんですけどそうでもなかったです。むしろ演出してる人のセンスが凄く光ってると思いました。
特にOPとED。見ててなんだかBEKCを思い出します。あれも凄くセンス良かったというかカッコイイアニメでしたね。(公式サイト行って来たらズバリ監督BECKの人でした。しかもアートディレクター?なるものに清川あさみがいた。懐かしい!元Zipper読者です)
ただ、一つ難点を言うと全体的に役者が若い、ということでしょうか。
っていうか、主要キャストに浜田賢二さん以外絶賛売れっ子中!な声優さんを使ってきてません。まあ、ノイタミナ(でしたっけ?)の方針としては連ドラみたいなアニメですから、キャストも他のキャラクターを彷彿とさせない人を選んだんでしょうけど、如何せん誰も分らない。
イザベラの人は雰囲気掴んでたし中々良いなと思ったんですけど、それ以外ちょっと・・・・って感じでした。ミワコの松本まりかはなんともたどたどたしくセリフを喋ってますが、逆にそれがミワコっぽくてよいのでは、とポジティブに考えることもできます。ただ、アラシの場合は言い訳の仕様がなくちょっと下手っぴ。時々滑舌悪いです。アラシは一人ツッコミだしいっぱい喋る役だからもっと経験つんでる人持って来てほしかった。徳森君も割りと重要な役何だけど1話見た段階では何かぼそぼそっと喋ってた。はっきり喋りなさい!
そして主人公ユカリ。話題性として山田優は現役モデルだし、バッチシだけど、如何せん演技が微妙。ドラマで見た限りでも微妙だったし。ユカリのモノローグとか凄く素っ気ない感じ。よく言えば自然な演技、悪く言えば滑舌悪い、セリフいくつかちゃんと言えてない、時々ちゃんと感情載ってないetc・・・。まあ、頑張って。思い入れのない漫画で良かった。ホッ。そう言えば星次さんが三木シンだった。ピッタリ☆

映像だけを言えば文句付けようがないんですが、演者をもっと選んでほしかった。っていうか矢沢あい原作なのが安易な感じで嫌です。
連ドラみたい、っていうのを目指すんなら他にも色々あるのにー!オシャレ感出したいんなら、いくえみ綾あたりでもいいと思う。それこそマンガを読む人の間でなら、矢沢あいと同等、それ以上の評価持ってる人だし。普通っぽい日常に潜む話をドラマチックに面白く描かせたら一品なのに!スタッフ、原作選びから出直して来て下さい!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mosimo1100.blog23.fc2.com/tb.php/43-179e6110

 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。