腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 10
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04
24
(Tue)
実は最近めっきり漫画を買ってません。や、ぼちぼち買ってはいるんですけど今までの私を考えたら買っていないに等しい位買ってません。まぁ、それは単にギアスのDVDやらCDやらに回すのだけで手一杯ってのもあるんですけど(^^;
そりゃあもう見事にバンダ○ビジュアルとサンラ~○ズには踊らされてますから(^▽^)
でもこれだけは逃せません!
ってな訳で、数ヶ月ぶりのお楽しみ♪今最も熱いBLマンガ(違)!
『ゴールデン・デイズ』第五巻
ゴールデン・デイズ 5
高尾 滋
白泉社 (2007.4)
通常24時間以内に発送します。

ひとつの肉体に義光と光也、二つの人格が存在している。
そう考えていた仁は、慶光の人格が戻ることを望みつつも、光也の人格にも消えて欲しくないと思うようになっていた。
自分が慶光だと思われていることに何かしらの意味がある筈だと思っていた光也は、それを知り…!?
まぁBLは言いすぎだとしてもこの表紙の二人の親密な空気さは異常。
この二人実はデキてんだぜ!って言われても大いに納得!むしろ何を今更?って感じだ!!
表紙だけでも多いに語れるGDですが、5巻ですか。もう?まだ?
1巻が出たのが05年の11月だから。約一年半で5冊か。高尾先生以外の花ゆめコミックスを殆ど買わなくなって久しいので刊行ペースをいまいち把握してないんですけど。

第24話
5巻は、衝撃の(私的に/笑)軽井沢編ラストから。
ようやく仁が“ミツ”ではなく“光也”に向き合いはじめた感じですね!
ミツとの思い出を語り、ミツと見た景色を光也に見せる仁。
自分が慶光だと思われてることに意味があると思っていた光也が、けれど心のどっかで仁に自分を“光也”と認識してもらいたかったのかもしれない、と戸惑うのが何か良い!
「お前は光也だから良いんだ」
「今度は替わりにお前が消えたりするんじゃないのか?」
ここのシーンが好きなんですよぉぉぉ(*´Д`*)!!!
何かねぇ、今まで慶光というフィルター越しに光也を見ていた仁がようやく光也にキチンと向き合うようになったのがね、なんだか凄く嬉しいなぁ、ってしみじみ思うんですよ。これでようやく二人は本当の意味で友達同士というか親友になれるんじゃないかな?って思うんですよ。例え二人に待っているのが別れだとしても。

「でも、次があっても走るよ。オレは」っていう光也の言葉を思い返して考え込む慶。
そんな慶を面白い顔で慰める節は良い子だなぁ(*^^*)
今一歩踏み出せない慶。難しいこと色々考えないで踏み出してしまうのが光也。
そういう素直な感情のままに行動できるのが光也の凄い所で魅力ですよねvv

第25話
軽井沢編extraって感じの亜伊子とまつりの話。
亜伊子を肩車する光也ってなんっか好きなんですよねぇ~♪
亜伊子とまつりは小さな恋のメロディって感じで可愛いっすよね(*^^*)
百合子さんの真似して「こちらにするわ、せと」ってやってる亜伊子が可愛いvv
でもこうやって友達やってられるのも後数年でしょうね。まつりは聡い子だから春日家のご令嬢の亜伊子と庶民の自分が親しくするのは憚りがある、って距離を置きそうだし。
まぁ、そんなこんなな亜伊子とまつりの話も良いんですけど最大のポイントは
仁と光也は念友ってことでしょうか(^▽^)
まだ子供のまつりにまで念友だと思われてるんだぜ?!
早くそうなればいいのに(マジな目)

第26話・第27話
慶の過去、節の過去を絡めつつ二人の距離が縮まる話。
節の田舎で行われてた養育費目当てに養子を引き取って赤子は殺す、ってのは結構凄いけどこの時代くらいだったら貧しい農村でなら結構当り前にあったかもしれないんだよねぇ。でもそれを受け止めて強く生きていこうとする節は凄いなぁ。
慶はなまじ強情な分自分の弱さをさらけ出す事が出来なかったのか。自分の弱さを認めたくないから、自分より可哀相な子供=光也と一緒に居ると心地良かった。っていうのが何か切ない。
節や光也みたいに、弱い分だけ強くなれる人間に慶や仁は惹かれるんでしょうね。

あ、節にキスすると見せかける慶はエロかった!
あの近づき方はエロイよ!!
読んでて何か凄いドキドキしたよ!

それから赤ん坊の世話してる慶とそれを見てる光也は何か本当の兄弟みたいで和む。同じ境遇(未来からやって来た)っていうのもあるだろうけどさ。気兼ねなく話をしてる二人を見ると何かホッとする。
刺青をちょっと洒落たTシャツ、って言う所とかさ。

第28話
百合子さんのお見合い話。
光也の膝枕で寝転がってる国見に嫉妬する仁(* ̄m ̄) ムフッ
やっぱミツの一番は俺!みたいに嫉妬むき出しの仁は萌えるね!!
国見と百合子さんの最大の障害は祖父さんというより国見の性格だよね(^^;
でもその内あの口八丁に祖父さんもやり込められそう(笑)

騙し討ちで百合子に見合いをさせようとすることに激昂すつ光也がカッコイイ!
「ふざけてんじゃねぇよ」
「あの、優しい百合子(ひと)を泣かす気か――そこをどけ!」

って椅子を振り上げる光也男前(≧∇≦)
そんな光也を憧憬の眼差しで見つめる仁。
でも結局椅子を壊しただけという・・・・(^^;
「お前が怒るところを見るの・・・僕は大好きだ」
「(ミツ、光也は素直で真っ直ぐだ。それをお前も知っているのか?)」
「(心のままにふるまう眩しさを、お前は知っているのか?)」

このシーン凄く好きです!仁が慶光ではなく光也自身に惹かれているのが伝わってくるし。
光也が激昂するのって、“誰かの為”なんですよね。自分では全然意識してなさそうだけど。
でも誰かの為に本気で怒ることが出来るのって凄い事ですよね。

第29話
扉絵の仁がエロ過ぎて直視できませんorz
しかもこの仁が薄っすらスザクに見えてくる(笑)ヤバイ、重症だわ・・・(^^;
29話はこれでもか!というほど仁と光也の新密度というか、距離がグッと縮まったなぁと改めて思ったお話。
つーか・・・、仁と光也の入浴シーン!!!!
ありがとうございます、ありがとうございます高尾先生。
光也の色っぽいこと、色っぽいこと!
このシーンの光也のカットは全て仁目線だと考えるとなお萌えるvv
だって目のアップとか唇のアップとかさあ!
よくよく見てると仁と光也の身体の厚みの違いなんかも分かってコッソリ萌え。
でも慶光がいなくなった原因についてこうやって話せているんだから進歩、進歩♪
その後お風呂場で喧嘩になって瀬戸に怒られてるのも非常に微笑ましいです(^^)
瀬戸は春日家のお母さんやね。

まつりに千羽鶴の発案者は光也だと聞いた仁。この顔絶対キュウンvvってしてるよ(笑)!
多分光也的には、病人に送るんなら千羽鶴だろ!くらいにしか考えてないかもしれないですけど、この提案が結果的に亜伊子と子供達の隔たりを低くしてるんだから、そういうとこ光也だなぁ、って思います。
亜伊子がくれた紅葉をしおりにしてたり、ドレス姿の亜伊子の写真を見て顔を真っ赤にしてるまつりとか、その話を聞いてこっそりドレスを引っ張り出す亜伊子とか。この辺の淡い恋心の感じが凄く高尾先生っぽくて好きです!

夜、光也の部屋を訪ねる仁。図星を指されて情けなくて死にそう!な仁に対して
「・・・・死ぬな、これやるから」
「ここから七十年・・・・より、もっと」
「大丈夫だって・・・・」
「長生きしてくれ」

って光也が鶴を渡すシーンが凄く、凄く、切なくて!!!何か泣きそうになる(´д`)
そんな光也に一抹の淋しさを感じながらも、光也をくすぐりじゃれる仁。
「安心しろ。お前の分まで長生きしてやるよ」
仁と光也は今こうして確かに一緒に生きているんだけど、でも二人が生きている時間っていうのは確実に違うものなんだなぁ、って何となく思った。
だって仁が何らかの禍を逃れて慶光と同じ位長生きしたとして、仁が光也に再会できるのはずーっと、ずーっと先のことなんだもんね。

本誌を立ち読みしてるんでこの先の展開もコッソリ知ってるんですが。
徐々に慶光が失踪した真相に近づいてる、って感じですね!
仁と光也の距離も近づいてますけどね!!
一遍読んでるとは言え、やっぱこうしてまとめて読むと違いますね!
所で今回何となく柱コメントがすくなかったような・・・?

GD連載開始されてもうすぐ2年?GD結構人気あると思うんですけど、ドラマCDとかになったりしないんですかねぇ?最近の白泉社はその辺結構力入れてるから是非ともGDもドラマCD化して欲しいなぁ、って思うんですけど。どうでしょうか?
その折は是非とも光也は潤々でお願いしますm(_ _)m
鈴ケンも良いかな?とは思うんですけど、育ちの良さを感じさせるなら潤々でしょ!
仁は出来れば櫻井さんでお願いします。
あれ?これなんてスザルr・・・・・・。趣味丸出しでスイマセン <(_ _)>ぺこ

コメント

 

はじめまして、こんにちは。コメント書くのが初めてなので緊張してます。。。モカモさんの感想があまりに面白く共感できたので、これはかきこまないとと思いまして(^^)。ゴールデンデイズ面白いですねe-415はじめ1・2巻を友人が買っていて、なかなか続きを買ってくれなかったので3・4・5巻は自分で揃えてしまいました(^^)。5巻を先日読んでさらに先が気になりました。この後光也と仁はどうなっていくのだろうと・・・この二人には読んでてどきどきされっぱなしですねe-265いろんな意味で・・・本当にくっついちゃえばいいのに(^^)。でも2人が親密になれたのもお互いが魅力的な性格だからですよね・・・特に光也は本当に良い性格ですよね、まっすぐで裏表なくてやさしくて。こういう人を恋人にもてた人は幸せだろうな~と思います(この場合、仁がそうなんでしょうか)他のメンバーたちもこれからの展開がきになるところですね・・・特に慶・・・一緒に走りだしてほしいですね。これからもちょくちょく遊びにこさせてください(^^)つたないコメントですみません。では。

お返事です! 

おいでませ♪
うさ吉さん、はじめましてこんばんわ!
GD感想、共感していただけて嬉しいです(^^)
GDもそうなんですけれど、感想は大抵思いの丈を書き殴ってるので、しっちゃかめっちゃかしてるんですけれど、面白いと思ってくれたならホッとします(^^;

>この二人には読んでてどきどきされっぱなしですね
>いろんな意味で・・・本当にくっついちゃえばいいのに(^^)

>ええ、色んな意味でドキドキvvです(笑)
二人ともお互いの事を本当に思ってるのが分かるので、例え少女漫画だろうともくっ付いちゃっても全然OK!無問題ですよね!!むしろその方が良い(笑)

>光也は本当に良い性格ですよね、まっすぐで裏表なくてやさしくて。
>本当光也は良い子ですよねぇ~!
真っ直ぐで多少無器用だけど、裏表の無い優しさを持ってる主人公って、大抵綺麗過ぎてどことなく引っ掛かりを覚えてしまうんですけれど(捻くれ者なんで ^^;)光也の場合それが全く嫌味じゃない、っていうのが凄いと思います!ここは純粋に高尾先生の力量の凄さなんでしょうね。

今後の展開も気になりますね!
チラチラと本誌を立ち読みしたりするんですけれど、最近とんでもない展開になりつつあるみたいで本当早く続きが読みたいです(><)!

コメントありがとうございました!
これからもお気軽に遊びに入らしてくださいね(^^)
ではでは~♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mosimo1100.blog23.fc2.com/tb.php/421-7e4c1ea7

 | ホーム | 
プロフィール

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。