腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04
07
(Sat)

『地球へ・・・』 第一話感想 

舞台は、今よりも遥か遠い未来。
人類は環境破壊により滅び行く地球を再生させるため、植民惑星へ移住した。
コンピュータ管理により整然と生きる人類。
その一方で疎まれる、特殊な能力を持つ「ミュウ」という存在。
彼らは過酷な弾圧の中で政府の目から逃がれ、息を潜めながらも自分たちの存在意義を考え、そして地球への帰還を夢みていた―。
ミュウのリーダー、ソルジャー・ブルーは、アタラクシアに住む少年ジョミーを自分の後継者として選び、夢を託す。

故郷・地球へ還る――― 
その強い想いから、彼らの地球を目指す戦いが始まる。

〈ANIMEX 1200シリーズ〉(5) 交響組曲 地球(テラ)へ・・・〈ANIMEX 1200シリーズ〉(5) 交響組曲 地球(テラ)へ・・・
サントラ ダ・カーポ コロムビア・シンフォニック・オーケストラ

コロムビアミュージックエンタテインメント 2003-09-25
売り上げランキング : 184

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

section01 : 目覚めの日
ジョミー・マーキス・シンは近頃、同じ夢を何度も見ていた。
美しい少女や少年、そしてミュウという言葉が決まって出てくるのだ。
友人たちは彼の「目覚めの日」が近いせいではないかと言う。
「目覚めの日」とは両親のもとを出て行き成人検査を受け、そして大人への一歩を踏み出す14歳の誕生日のことだ。
そして当日、ジョミーは子供のころに行った遊園地へと足をのばす。
自分の運命が大きく動くことを知らずに……。
原作未読。
作者は「風と木の詩」で有名な少女漫画界の巨匠・竹宮恵子
や、私は「風と木の詩」も未読なんですけどね(^^;
そんな竹宮恵子先生の傑作SF漫画が原作、ってことで期待せずにいられません!
妖奇士が打ち切られたのは残念でしたが、ワクワクしながら放送開始を待つ私。

んで、見たんですけど(2回程)。
面白かった~(^0^)♪
30年前の作品ですから絵柄が若い視聴者に受け入れられるか、っていうのは結構大きな問題だと思うんですけど(多分あやしの視聴率があんまり奮わなかったのはその辺もあると思います)アニメのキャラデザは竹宮先生の絵柄っぽさを残しつつ現代風にアレンジされてて凄く良い感じだと思います!
ラブ★コンの時も思ったんですけど、少女漫画もしくは少女漫画を描いてる人の絵柄って登場人物の表情が結構繊細に動くんですよね。その辺をキチッとアニメでも表現してくれるのは凄く嬉しいです(^v^)

第一話の惹きとしては良く出来てたと思います!
「大人」になることとか、「成人検査」とか。結構SFっぽい設定だな、とは思うんですけど30年前だったら記憶を消去するとかは結構衝撃的だったのかな?
それからミュウの存在。彼らは新人類っていう感じなのかな?
ミュウと人類の対立が物語のメインになるのかなぁ?

役者さんも皆さん安定感の在る人たちばかりなので安心して見れますね!
斎賀さん、杉田、小林さんが出るのは知ってたんですけど、羽多野君と浪川さんが居たのは不意打ちだったので嬉しかったです(^▽^)

古い作品なだけあって、監督も子供の頃に原作を読んでいてその頃からファンだったらしいですね。そういう制作側の思い入れの強さとか熱意っていうのはクオリティとして作品にも通して伝わってくるのでこれからが凄く楽しみな作品です。
なので、続投!

あ、言い忘れてたけどOP結構良い感じですよね。
でもあの映像って多分にネタバレが含まれているような気がするんですけど・・・。
ウーバーの曲はやっぱりアニメタイアップに向いてるなぁ、なんて思ったり。
アニメ放送が終わったら原作読んでみたいなぁ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mosimo1100.blog23.fc2.com/tb.php/402-d55d8bb9

【キャプ感想】 地球へ… 第01話 「目覚めの日」 

な、何という良カーチャンアニメJ( 'ー`)し今期は本当に良作揃いですから‥‥‥正直なとこ埋もれそうですけど(;^ω^)

(アニメ感想) 地球へ… 第1話 「目覚めの日」 

地球へ… 2 (2)そこは夢の中・・・登場するのは美しい少女と少年。もう、何度も同じ夢を見ていた。そして、ジョミー・マーキス・シンは目を覚ます。いつもと変わらぬ朝・・・そして一日が始まる・・・。

アニメ「地球へ…」第1話 感想。 

第1話「目覚めの日」天保異聞妖奇士の後番、地球へ…。原作未読。新装版の文庫が発売されているので、近日購入して読む予定。原作は30年も前のものなんですね。生まれてねぇよー。簡単な話の流れ。少年、ジョミー・マーキス・シンは最近、何度も同じ夢を見ていた。そこに出

地球へ… 第1話「目覚めの日」 

滅び行く地球の再生のため宇宙にでた人類… それから幾星霜――。 異能者(ミュウ)だった少年ジョミーは、目覚めの日に不適格者の烙印を押され… それは、故郷・地球へ還る長い旅の始り。 4月の新番組その17。 舞台は、はるか未来。原作は30年近く昔のもの(^^;

レビュー・評価:地球へ……/section01 : 目覚めの日 

品質評価 31 / 萌え評価 18 / 燃え評価 14 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 27 / お色気評価 42 / 総合評価 24レビュー数 148 件 ジョミー・マーキス・シンは近頃、同じ夢を何度も見ていた。美しい少女や少年、そしてミュウという言葉が決まって出てくるのだ。友人たちは彼
 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。