腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
  • 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03
26
(Mon)
STAGE22『血染め の ユフィ』
うわぁ、超泥沼・・・。いやいや、泥沼なんて生易しいもんじゃないな、これは。
後戻りが出来ない分底無し沼だな!
21話の特区宣言も大概かと思ったけど、22話はその比じゃないくらい監督のエグイまでのドSっぷりが光ってましたね(苦笑)。何もそこまでって言うくらい。でも話的には超面白い。ゴローめ・・・。
コードギアス 反逆のルルーシュ 3コードギアス 反逆のルルーシュ 3
谷口悟朗 福山潤 櫻井孝宏

バンダイビジュアル 2007-03-23
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ユーフェミアの発案で、行政特区の立ち上げが決定した。
驚喜するイレヴンたち。
その記念式典にガヴェインで登場するゼロ。
ゼロとして、そして兄としてユフィと対峙するルルーシュ。
その時それは起きた!
鬱・・・。
今週の感想はもうこの一言に全てが集約されてると思う。
もうね、茫然自失。
見返す度に胸が痛くて切なくて泣きたくなってくる。
それにしても、こんなに主人公に優しくないアニメも珍しいよ。

どうしてこんなにも現実は、ルルーシュにとって過酷で残酷なんだろう?
いやいや全てはゴロー監督とO河内さんの掌の上で転がされてるんだとは分かっていても、ルルーシュ好きとしては考えてしまうんですよ。

ユフィとの和解は恐らくルルーシュが救われる数少ない道の一つだったと思うんですよ。
確かに皇位継承権返上って少し無責任。継承権を返上するって事は多分同時に副総督の地位も失うって事で、特区の立案をしたらそのまんま丸投げの投げっぱなしってどうよ?とも思わなくもない。
ユフィの特区案は穴だらけの理想郷だろうけど彼女の後先考えない勢いの良さとか、ガムシャラになって欲しいものを体当たりで手に入れていく姿とか、馬鹿馬鹿しいと思いつつも頭で先に考えるタイプのルルにとってはある種の憬れだったんじゃないかな?ユフィにもスザクにも共通する、そういう自分には出来ない“馬鹿”がルルは好きだったんじゃないかなぁ?

だからこそルルはユフィの手を取った。
ユーフェミア・リ・ブリタニアではなく、ただのユーフェミアの手を。
なのに、ルルーシュには甘さも、安らぎも、優しさも許さないとでも言っているかのようなタイミングでのギアスの暴走。
こ~のウッカリさんめ☆で済ませられる問題じゃないけどね(^^;
ルルは確かに行動の責任を取らなければならないと思う。
だってギアスに掛かった時点でユフィは一度殺されたも同然だと思うから。
けれど私にはルルを責めることは出来ない。
エコ贔屓と思われようともルルが悪いとは思えない。
しいて言うなら、運が悪かった。

ラストで初めて見せたルルーシュの涙。今までどんだけしんどいこととか辛いことがあっても泣かなかったあの子が泣いたんですよ!?
多分あの涙が流れた瞬間ルルは覚悟を決めたんだと思う。最愛の妹ナナリーが安らかに過ごせる世界のために、かつて好きだった妹を殺す覚悟を。

覚悟といえばマントを脱ぎ捨てて出陣するコーネリアお姉様の後ろ姿は惚れ惚れするくらい美しく凛々しく格好良かった。この人も覚悟を決めたのかもしれない。事と次第によっては総督として、皇女として、自分の手で最愛の妹を殺さなければならいかもしれないことを。

スザクはやっぱりギアスの力の方の関係者なんですかね?スザクが、なのかそれとも枢木家が、なのかは分かりませんけど。スザクがガウェインに見た光って一話でルルがカプセルの入ったトレーラーに見た光と同じようなもんなのかな?でもあの時と微妙にシルエットが違うからあれはC.C.の通信相手なのかも。

今回ちょこっと株が上がったのがカグヤと桐原翁。
キョウトのオッサン達に「情けない、とどのつまりは我が身大事か。今動かずして何のためのキョウトか!」って啖呵切ってる姿は格好良かった!かないさん素敵。
桐原翁はゼロが現れたときの「お前の正体は儂が墓まで持って行くつもりだ」ってやつ。
とりあえずルルの正体をブリタニアに売って交渉しようっていうつもりはないらしいのがちょっと嬉しかった。案外この人は真面目に日本の事を憂えてるのかも、ってちょっと思った。あんないかにも悪そうな顔して(笑)。

扇さんはヴィレッタさんと懇ろな関係になった途端、人間っぽい嫌らしい部分が見えてきたなぁって思った。ナオトの遺志はどうした?!遺志は?!
この人はヴィレッタさんがきっかけでルルに反逆しそう。だってヴィレッタさんとの生活さえ守れれば!的な考えをすでに持ち始めちゃってるっぽいし。
逆にゼロへの忠誠を一層強くしたっぽいのがジョージ、じゃなくてディートハルト。

所でユフィが皇位を返上したのは「ナナリーの為」って言ってましたけど、これはルルを落とす最大の口説き文句ですよね(笑)。
それとルルとユフィが握手をした時、信用無いのねと言うユフィに対して、自分が本気で命じればどんなことも可能になると言ってたルル「俺を撃て、スザクを解任しろ」二番目は明らかに本音がダダ漏れだと思いました(笑)。そんなにか、ルル(笑)。

そんなルルだけど、スザクとの決別も覚悟しただろうなぁ。
ユフィがあんな事になったんじゃ、今まで通りにスザクに接するなんて無理だろうし。
何より、スザクが今回のことでゼロへの憎しみをより一層深めそう。
もう、前みたいな友達には戻れないのかなぁ?
嗚呼、ほんと鬱・・・orz

コメント

 

私今までコードギアスの同人誌買うつもりなかったんですが、とうとう買っちゃいました。あまりの過酷さに耐えられなくてルルとスザクがラブラブなやつ買っちゃいましたorz

お返事でっす! 

おいでませ!

とうとう同人誌に手を出しましたか(笑)!
でもその気持ち凄く良く分かります。
私もネサフしてはルルとスザクが幸せな小説を読み漁ってますもん(^^;
今まで、ただラブいだけとか幸せなだけの話はあまり好きじゃなかったんですけど、本編があそこまで過酷だと砂のように甘い話でも読みたくなるから不思議です(笑)。

コメントありがとうございます!
ではでは~☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mosimo1100.blog23.fc2.com/tb.php/385-68a5516a

コードギアス 反逆のルルーシュ #22 「血染めのユフィ」 

 純粋な善意のみで計画されたユーフェミアの政策は、 しかし各方面に議論と混乱をもたらしていた。 参加が呼びかけられていた “ゼロ” は、 密かに秘策を抱いて参じていた。 全世界が注目する中、 ある大きな流れが生まれようとしていた――。♯記事内リンク:→粗筋

コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話 

サブタイトル「血染めのユフィ」  ユーフェミアが打ち出した”行政特区”は、新たな求心力を生み出した。  状況を打破するべく、ルルーシュが考えた計画とは?...

コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話「血染めのユフィ」 

解っていて俺は契約した。これがヤバい力だということくらい――。 ギアスの力は人を孤独にさせる… 意思と関係なく暴走した力が、悲劇を起こす。 平和を望んだ少女を朱に染めて… やってくれました…。この作品が黒いことを忘れてました。 序盤すぐのクロヴィス暗殺以来の

レビューセンター: コードギアス 反逆のルルーシュ / Stage22:『血染めのユフィ』 

品質評価 19 / 萌え評価 12 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 17 / シリアス評価 24 / お色気評価 6 / 総合評価 14レビュー数 328 件 ユーフェミアの発案で、行政特区の立ち上げが決定した。驚喜するイレヴンたち。その記念式典にガヴェインで登場するゼロ。ゼロとして、そして兄
 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。