腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
  • 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11
14
(Tue)
最近「ギアス」「ギアス」としか言ってないので、久々に漫画の感想なんぞを。
しかもBLじゃございません(笑)
チェーザレ 1
惣領 冬実
講談社 (2006.10)
この本は現在お取り扱いできません。

新説チェーザレ・ボルジア伝
歴史の闇に葬られた人類史上、最も美しき英雄、チェーザレ・ボルジアの真実が甦る。
新鋭ダンテ学者・原基晶が監修。
世界的に最も定評のあるサチェルドーテ版チェーザレ・ボルジア伝のイタリア語原書を翻訳し、精査を重ね生まれた全く新しい物語。


モーニング連載の初回をたまたま読んだので気になっていた作品です。
なんか、何週間かに一話しか連載してなくってそのペースを掴めてないからモーニング立ち読み読者としては内容が飛び飛びだったんですけれど、何となく興味をそそられていたので1,2巻同時発売したものを買ってみました

世界史好きや、ちょっと歪んだ世界史知識(笑)を持っている人なら誰でも知ってる
チェーザレ・ボルジアが主人公。
大雑把に感想を言うと、面白いけど難しい!!って感じですかね。
まず、惣領さんの超美麗な絵に目を惹かれますね!私自身はルネッサンス期の歴史に詳しいわけではないのですが、内容の再現度が凄いなぁと思いました。
サンピエンツァ大学の授業風景からピサの町の様子まで、当時の人々の暮らしぶりや風俗が隅々まで調べられ、描かれています。
またシスティーナ礼拝堂、ピサ大聖堂、サンピエンツァ大学、などなど背景の建物の書き込み具合も尋常じゃないんですわ。
2巻の巻末の対談でも惣領さんが言ってましたけど、ひたすら資料を探し、調べたそうです。

登場人物も皆魅力的に描かれています。
中でもやはり主人公のチェーザレは非常に華のある魅力溢れるキャラクターです。
頭脳明晰、政治的手腕や交渉事にも優れ、なおかつ美形
自分の武器が何かを十分に知り尽くし、16歳の若さで父親の政治の片腕を担ってるんです。
かと言って、驕ったような態度は一切なく、サンピエンツァ大学に来たばかりのアンジェロにも凄く気安い感じで話しかけたりしてるんです。
政治の話をしている時は16歳という年齢を忘れるほど怜悧で大人びた表情をしているチェーザレですが、メディチ家で出会ったレオナルド・ダ・ヴィンチと話している時なんぞはいつの間にか歳相応の表情になってはしゃいだりしていて、それをレオナルドに指摘された時の表情の可愛さといったら!!!
ちょ、おまっ!そんな可愛い顔も出来るんかいっ(萌)!!!って感じです。

腐女子的に読んでいると、チェーザレの腹心中の腹心で側近兼護衛のミゲル・ダ・コレッラの存在が美味しいですね(笑)。
当時の政治家や貴族の子息なら、幼い頃から同い年位の側付きが居るのは当り前なのでしょうけど、チェーザレのミゲルへの信頼っぷりとか友人のような気安いだとか、ミゲルのチェーザレへの心酔っぷりとかが読んでいて非常に妄想をかき立てられます(*^m^*) ムフッ。
だって、ミゲルってば
―「俺はチェーザレに出合った時初めて自分がこの世に生まれた理由を知った」―
―「チェーザレの才能がこの世に反映される為、そのために神は俺をこの世に誕生させた」―
―「チェーザレの手足となり支えとなる存在として」―

とか言っちゃってるんですよ!!どうよ、このチェーザレLOVEっぷり!?
いやぁ、弱いんですよ主従ものって(←何か凄い台無し)。

キャラクター造形で魅せられているのも一つですが、政治的な駆け引きもこの作品の魅力の一つです。トリ頭の私なんかは1回読んだだけじゃあ当時のピサの勢力図とか、ボルジア家、メディチ家、ローベル家、リアーリオ家なんかの繋がりや対立が理解しきれなかったんですけれど、2回、3回と読んでいく内にボンヤリ分かってきたような・・・( ̄~ ̄;)
あ~、でもドメニコ会の立ち位置が今一つ分かってないかも・・・。

基本は史実に忠実だそうで、とにかく調べるのと描き込むのに時間が掛かるらしく、だから約月一連載なんだそうです。まだ2巻までしか出てないし、気長に待とうとは思いますけどね。
歴史ものとか政治物とか好きな人に非常にオススメですね。
プラス、チェーザレとミゲルの主従にも私は注目して行こうと思います(笑)。

コメント

おぉっ! 

こんなところにチェーザレさんが!(笑)

先週のギアスを見逃していまだにモカモさんの記事を読んでいないエルです。
ギアス見たらモカモさんの記事、っていうお決まりを作ろうと思ってたのに。
明日BIGLOBEで見てきますからしばしお待ちを(待ってないって)

てかチェーザレの話!
私が歴史好きになったきっかけの人ですよー、この人ー。
すごくいろんな意味で濃くて面白い人だと思います。
この時代が私とくに好きなんですよー。
そしてチェーザレとミゲルの主従関係!!
これはやはり注目しなければならない必須要項かと(笑)

すごく読んでみたいです!
今まで文献しか目ぇ通してなかったんで。、漫画で読んでみたいと思ってたんですよ!
題材にするにはいろんな要素持ってて波乱万丈な人でいいと思うんですけど、ある意味描いた人はチャレンジャーだなと思ったりもしますが(笑)

それではいきなり失礼しました!

お返事で~す☆ 

エルさぁ~んvv(/^-^(^ ^*)/ ダキツキ!
おいでませ☆
いつも、いつもコメントありがとうございますっ♪

>私が歴史好きになったきっかけの人ですよー、この人ー。
>すごくいろんな意味で濃くて面白い人だと思います。

>あらまっw(°o°;)w
そうなんですか!私は非常に俗な歴史本(笑)で名前だけしっていただけなんですけれども、エルさんはチェーザレさんがきっかけなんですね!
確かにネタというか逸話に事欠かないお人ですよねぇ。私は特に妹さん関連が興味津々なんですけど(笑)。

>チェーザレとミゲルの主従関係!!
>これはやはり注目しなければならない必須要項かと(笑)

>そりゃあ、もう(笑)。
ミゲルはチェーザレ関連の人物達の中でも非常に謎の人物らしいのでこれからどのように描かれるのかも楽しみです♪

>今まで文献しか目ぇ通してなかったんで、漫画で読んでみたいと思ってたんですよ!
>ある意味描いた人はチャレンジャーだなと思ったりもしますが(笑)

>結構面白いのでオススメですよー。
単なるお勉強漫画でないのが、良いです。
惣領さんもとにかく調べるのが大変みたいで、その集大成を見るだけでもある意味価値ありです(笑)。

>ギアス見たらモカモさんの記事、っていうお決まりを作ろうと思ってたのに。
>明日BIGLOBEで見てきますからしばしお待ちを(待ってないって)

わたし待~つ~わ、いつまでも待~つ~わ♪
そんな嬉しい事を・・・(ノ_<。)うっうっうっ
6話はいつもよりハッチャケ&ハシャギ度が当社比3割り増しなんで、背後に気をつけて下さいね(笑)。

ではでは~v-222

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mosimo1100.blog23.fc2.com/tb.php/320-8d21493c

 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。