腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11
01
(Wed)

Lamento ライルート感想 

「コードギアス」の、というかスザルルの熱に浮かされている今日この頃ですが。
ここ2,3日はせっせと18禁ニャンコのゲームをやっています。
咎狗の倍以上時間が掛かりましたけど、何とか一人クリア~
なので、簡単に感想なんぞを。
Lamento -BEYOND THE VOID- (DVD-ROM初回限定版)Lamento -BEYOND THE VOID- (DVD-ROM初回限定版)

Nitro+CHiRAL 2006-10-27
売り上げランキング : 5
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以下、ネタバレ含む感想です
発売前から楽しみにしていた作品なんですけど、流石ニトキラ。
面白かったです!!
そして
長っ!!!

イヤァ~、長かった!
私は結構テキストちゃんと読む派なんですけれど、凄い時間掛かりました。
一番最初からキャラ一人のGoodEnd辿り着くまで結構掛かりましたね。
多分咎狗の倍以上は軽く掛かってます。
どれくらいかな?20時間は掛かったかな?

でもボリュームが有る分、世界観と物語が凄く良く作りこまれてましたね!
全体の印象としてはRPGっぽい?感じかな。ファンタジーですし。
目的が自分に掛かった呪を解くことから世界を救う事(←こういう言い方をすると何か大仰な感じがするんですけど)へとスライドしていくから余計RPGっぽく感じるのかも。徐々に仲間が増えてく感じとか、謎が明らかになる感じとか、ね。
後、咎狗が割りと終始ハードな感じだったのに比べてLamentoでは、ほのぼの出来るエピソードとか、クスッと笑えるエピソードなんかも織り込まれてて、話に彩りが加えられてましたねー。

グラフィックも当然綺麗だし、演出?も結構面白い感じだったし。
何より音楽も良かった!
サントラ絶対買います!!
ボーカル曲もカッコ良くかつ哀愁漂う感じがして好きなんですけど、
BGMとして使われてる曲にも良いものがたくさんありましたねー。
咎狗が近未来バイオレンスだからハードロック調な曲が多かったのに比べて、Lamentoはファンタジーなのでアコギを中心にした曲やラテン調の曲が結構多用されてて耳に優しい、印象がありましたね。

キャラクターも、ただ単にネコ耳萌え~な為のネコ耳なんじゃなくって、
ちゃんと世界観に根ざした理由があるんですよー。
主人公のコノエはニトキラ作品の主人公らしく、男性としての格好良さと可愛さを併せ持つ魅力的な“ネコ”ですね。
CVの波多野さんは、一体何処から見つけてきたんだ?というハマりっぷり。
演技も結構上手だし、声も高過ぎず、低過ぎず。少年から青年になりたて、っていう年齢の感じが良く出てます。声だけの印象だと、神谷さんと野島のお兄ちゃんを足して割った感じ、かな?
この波多野さんは21世紀FOXという劇団の役者さんでアニメにはそんなに出演してないんです。なので、余計にスタッフさんは良くぞ波多野さんを見つけ出したな!!と思います。

さて、私が最初にクリアしたのは攻略キャラの一人“ライ”
銀髪隻眼の賞金稼ぎのクールなあんちくしょうで、CVが赤いフェラーリ(笑)こと森川さんなんです♪第一印象から絶対こいつから落としてやる!って決めてたんですけど、想像以上に良かったです!
ライが「馬鹿猫」って言う度にヒャー♪(*´▽`*)ってなります(笑)。

パッと見から咎狗のシキみたいなキャラクターなのかなぁ?と思ってたんですけど、
ライはシキよりも大分分かりやすい性格だし、クールに見えるし分かりにくいけどさり気無い優しさが、心憎いネコですね!
ゲームのボリュームが半端無い容量な分、ライの人となりも深く描かれてましたね。
ライとコノエって最初は利害の一致した師弟みたいな関係で、冷静で自分にも他者にも厳しいライにまだまだ未熟な感じのするコノエが噛み付いてる、っていう感じ。
だけど物語が進んでいくと、徐々にライの隠された闇が明らかになっていき、
最初は利害の一致から行動を共にしていたコノエなんですけれど、彼の強さと弱さを知りライの力になりたい、って思うようになるんですね。

Lamentoの中に登場するキーワードで、闘牙と賛牙ってのがあるんです。
闘牙ってのは戦うネコのことで、賛牙ってのは闘牙を支援する不思議な力を持ったネコ。
賛牙ってのは結構貴重で、物語の割と序盤でコノエはこの能力に目覚めます。
闘牙と賛牙は“つがい”と呼ばれ、その心の繋がりが強固なほど力を発揮するんです。

ライとコノエはつがいとなるんですけれど、慎重すぎる性格から中々他者を信頼する事が出来ないライと、両親を早くに亡くし村ネコに疎まれながら育った為他者を信用しにくいコノエはどうにもお互いを深く信頼しあう事が出来ないんです。

二匹が惹かれ合ってるのは明白なんですけど、中々お互い心の底から正直になれなかったり、自分の気持ちに気付かなかったりと二匹の関係は、一進一退って感じ(笑)。
特にコノエは、ライにとって自分は“ただの賛牙”と思い込んでいる節があるので、ライに強く惹かれる度に切ない思いに駆られるんです。

この辺の、二匹の絆が徐々に深まっていく感じが凄く良いんですよねぇ~♪
何度も言いますけどとにかく話が長いから、その辺のもどかしかったり切なかったりする二匹の関係が余す所なく楽しめます!

特にグッと来たのが、
徐々に狂気に飲み込まれつつあるライに、自分はライの賛牙だから、もしライが正気に戻れなくなったら自分がライを殺してあげる、と約束するシーン。
ここでようやく二匹が深く信頼しあえる仲になれたのに、コノエが交わした約束はあまりにも残酷で、だけどライにとっては何よりも嬉しい約束なんですよねぇ。
この時のスチルも切ないんですよ。
ライが自分の心臓はここだとコノエの手を自分の胸に当ててるんです。
このシーンが本当に切なくって、ウッカリ涙ぐんでしまいました。

それからクライマックス近く、ラスボスのリークスによって自分がどんな存在かを明かされ、深いショックを受けるコノエ。そんな彼を狙う凶刃から救い出したライが言った「死ぬ気か、馬鹿猫が」っていうセリフ!
ライの「馬鹿猫」には何度も胸をキュンキュンされてきましたけど、やっぱこの時の「馬鹿猫」が一番キュ~ンvvって来ましたね(笑)。

それからリークスの闇の力によって狂気に飲まれてしまったライ。
自分を殺そうと襲い掛かるライに、約束どおり胸に刃を突き立てるコノエ。
だけどコノエ自身もライの刃に身体を貫かれてしまうんです。
この時の、ライの瞳がそれで良いと言った様な気がした、っていうシーンが凄く、凄く切なくって、GoodEndだろうとは思っていたんですけど本当泣きましたわ。
そんな結末しか選べないのか、ってね。

後、ライコノじゃないんですけど父親世代の二匹の話もかなりキました。
ほんの少しのエピソードなのに、二匹が本当に心の深い部分で繋がりあい、絆を感じていた事だとか、なのに起こってしまった悲劇的な結末だとか、凄え切ないです。
商い猫の道、という本当に何気ないエピソードが、実はこんなにも切なく作用するエピソードへの伏線だったとは!?と驚きつつ、唸らされました。

色っぽい方面のエピソードも、媚薬だとか、発情期だとかネコという設定を生かした話で、
なおかつある程度のお約束も感じさせてくれて、本当大満足です!
っていうか、私的に初めての発情期でクラクラし過ぎて足腰立たなくなるくらい苦しくなってるコノエと、それを解消してあげるライっていうシチュエーションが凄いツボでした(笑)。くそう、流石ニトキラだぜ・・・。

Lamentoはエロとか手っ取り早い展開とかその辺を求めてる方にはオススメできない作品だなぁと思いました。じっくり作品の世界観を味わい方には超絶オススメですけど。
ただ、推奨環境を満たしてる私でも何となく重いなぁと感じるんですよね。
ってか、重いんですけどね。動作が。
クリアするのに時間が掛かったのもその辺があるんですよねぇ。
最新のPCとかならもっと快適に楽しめるんでしょうけど。
それと時々誤字脱字が目立つのも( ̄~ ̄;)ウーン・・・、って感じ。
内容を把握するのに弊害が出る、って言う程のものじゃないけど、
気になる人はやっぱ気になるでしょうねぇ。

でも、個人的には凄い楽しめました♪
引き続きアサトとバルド、それからBadEndの四悪魔達のスチルも集めるぞ~♪♪

コメント

初めまして! 

初めましてモカモさん!水実ちゃんのサイトさんからよっこら飛んできました!そして英凛が気になってしょーがなかったライルートのゲーム話にさっそくとびついてしまいました(笑)
猫耳大好きなんですよ英凛!モカモさんの感想を益々読んでやりたくなりましたぁ♪ありがとうございます(?)

しょっぱなからぶっとんでてスミマセン…こんな奴なんです…水実ちゃんのサイトさんに恐れ多くもリンクを貼っていただきましたので興味があったらいらしてくださいな。日常と声優とBLがごちゃまぜになった変なサイトですが。

ではでは失礼をばいたしました

ラメント? 

ラメントですね猫耳は…うっかりおっちょこちょい早とちりサ○エさんのような英凛でごめんなさいv-239

お返事でっす。 

おいでませ☆
初めましてコンニチハ、えりんさん。
コメントありがとうございます♪

水実さんのところからいらしてくださったのですね♪

Lamentoの感想に喰い付いてくださって、ありがとうございます(*^ ^*)
えりんさんは猫耳好きですか!私はこのゲームやる前は、猫耳はそれほど別に・・・って感じだったんですけれどこのゲームでどうやら猫耳に開眼したみたいです(笑)
BLゲーにしてはひたすら長いですけど本当に面白くってオススメなんで、機会があったら是非プレイしてみてくださいね☆

またお気軽にいらしてくださいね。
ではでは!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mosimo1100.blog23.fc2.com/tb.php/317-28f3f1d7

 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。