腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09
12
(Tue)

ピクニックの準備 

もうすぐ『夜のピクニック』の公開ですねぇ。

あ、『夜のピクニック』をご存知でない方に一応。
「夜のピクニック」とは、第二回本屋大賞を受賞した恩田陸原作の青春小説です!
夜のピクニック
恩田 陸著
新潮社 (2006.9)
この本は現在お取り扱いできません。


実はこっそりこのブログで何度か言及してるんですけど、私は恩田陸のファンです。
ファンならば大好きな小説の映画化は喜ばしい事かもしれませんが、
実は「夜のピクニック」が映画化決まった時、正直微妙かなぁ~・・・と思ったり。
だって、本を読んだ方ならば分かるとは思いますが「夜のピクニック」って
事件らしい事件が全く起きない、本当にただ歩いてるだけの小説なんですよ。
貴子と融が80km歩きながらそれぞれ友達と会話したり内省するだけの小説。
ただそれだけと言ってしまえばそれだけなんですけどね。
けどそれが面白い。

ただ、映像化するとなると何も起こらない映画ってどうよ?って思うんですわ。
多分、貴子と融の回想を上手い事挿んで来るんでしょうけどね。
けど、恩田陸の小説には何とも言い難い心象的なモノローグが使われているんですけど、それはどうすんのかなぁ?やっぱりバッサリカットかなぁ?

と、散々不安要素を挙げてきましたけど公式サイトにて予告編を見ると
やっぱ面白そーだなー、と思ってしまうわけですが(^m^)ゞ 。
特に主役の甲田貴子役の多部未華子ちゃんの見た目が何とも良い感じなんです!
こう言っては何ですが、彼女は決して物凄い美人ってタイプではないんですわ。
けれど一度見ると何かハッとするような雰囲気があって、それが静謐の中に嵐のような感情を秘めていそうな恩田陸作品のヒロインにピッタリ!なんですわ。
それに未華子ちゃんの古風な感じの容貌が貴子にピッタリ!
ただ出来れば原作っぽくオカッパにしてほしかったりなぁ~・・・ナンツッテ。

西脇融役の石田卓也君も、美男子過ぎず(失敬)程よく武骨な感じが融っぽくて

貴子の親友の遊佐美和子役の西原亜希ちゃん。最初パッと見た時は、和風美人と言う設定のはずなのに結構バタ臭い感じの美人さんで、どうかなぁ?と思ったんですが、よくよく見てみればエキゾチックな顔立ちもやや太目の眉も和風っぽくて◎。
ただ、和風美人ならばいっそ栗山千明くらいの和風美人を持ってきてほしかったり。

ただ一つ疑問というか、妙に釈然と来ないのが高見光一郎役の柄本祐君。
高見は昼はロー夜はハイテンション、という完全に昼夜逆転の賑やかしキャラなんです。
そのウザったいくらいのハイテンション演技は柄本君にピッタリ!とは思うんですけど
原作には
――高見は華奢な首を回した。色白で、女の子みたいに結構可愛い顔をしているのは認めるが、――
ってあるんですよ。
華奢で、色白で、女の子みたいに可愛いという設定の高見が柄本君・・・?
まあ、その辺の設定には目を瞑るとして(←あっ!?)ウザいくらいテンションの高い感じは柄本君にはピッタリだと思いますね。

そういえば、戸田忍役の子がメガネじゃなかったとです。それにビックリ。
てっきり忍はメガネキャラだと思ってたのにー!!
むしろいつの間にかそんなフィルターが掛かってた自分にビックリですけどね(アイタタ)。
も一つ、忍役の郭智博君(←郭!!/笑)。彼が茶髪なのにもビックリ。
恩田作品には天然茶髪以外の茶髪の高校生なんて存在しない!と思ってたもんで、
意外にも今っぽい感じの忍に若干ビックリ(@_@)!

そして何よりも出演者の殆どが自分より年下だと言うことにこれまたビックリ!
そうか・・・、私もそういう歳か。と、ちょっと感慨に耽ってみたり。

現在、『夜のピクニック』公開に先駆けて、Yahoo!動画で「ピクニックの準備」っつうショートショートドラマが公開されてるんですけどこれが結構面白い(*^m^*)。
映画版では脇役だった、貴子の友人役の梨香や千秋にもスポットが当るみたいで、
この「ピクニックの準備」では主要人物の貴子、融、忍、美和子以外の人物のお話もあるんです。個人的に面白かったのが、「願い事」と「告白」と「おかいもの」の三つかな?
「願い事」は夜のピクニックの話、って言うのを置いといても普通に面白いし、
「告白」は何となく恩田陸の世界観を一番感じられるドラマだったし、
「おかいもの」は原作の重箱の隅をつつくような裏設定的な話が面白かったです。
けど、内堀亮子ってもっとパッと見清楚だけど素で押しが強い感じの娘かと思ってたけど、
ああいう今時ッぽい、小悪魔タイプの娘さんなんだねぇ。
しかし矢部君、憐れ・・・(笑)。そして野球部員なのに線細過ぎ。

とりあえず、映画は絶対見ようと思ってるんで、
面白くても面白くなくても感想は多分書くと思います。
面白いと良いなー。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mosimo1100.blog23.fc2.com/tb.php/295-667670cc

 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。