腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09
22
(Fri)

アニメ TV版 『Air』 

何を今更、って感じですが
見ました。
TV版『Air』を。
まあ、某動画サイトでなんですけどね(^^;
AIR 1 初回限定版AIR 1 初回限定版
小野大輔 川上とも子 岡本麻見

ポニーキャニオン 2005-04-06
売り上げランキング : 5652
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いやぁ、しっかし泣いた泣いた
凄く良い作品で、泣ける
っていう噂は小耳に挟んでいたんですがまさかここまで泣かされるとは・・・。
ちなみに、どれくらい泣いたか、っていうと
号泣。
嗚咽を漏らすくらい泣いてしまい、自分でもちょっと引きます・・・(-_-)。
でもそれくらい泣けます。
ストーリーが凄く良くて、流石「泣きゲー」の代名詞だなぁ、って思いました。

最初のきっかけは主人公の国崎往人の声を小野大輔さんが当ててるってのが出発点。
次に制作が京アニってこと。
この2点だったんですが、むしろ最初の理由がそれだけで本当ゴメンナサイ!っていう感じです。

映像はビックリするくらい綺麗で、特にキーワードとなっている空の美しさは圧巻。
夏の質量を持った青空、焼けるような夕暮れ、どこか郷愁を感じる町並み、田舎の風景。
空気感が大事な作品ってのは分かるんですが、それでも最近見たアニメの中じゃ背景の美しさは随一だなって思いました。

もろ萌えっぽいキャラデザは一瞬、うっ!ってなったんですが一話見て慣れました。
つうか、むしろ話が進むに連れてこのキャラデザの方が良い!って思いました。
多分、それはキャラクターの表情が良いからでしょうね。
微かな表情の揺らぎで心情を表現してる繊細な演出は感動ものです。

ストーリーも上手い事まとめてあるなぁ、と感心。
攻略キャラ全部拾ってんですもんね。って言ってもそんなに人数いませんけどね。
好みのルートとしては、Dream編<Summer編<Air編。
キャラで言うと、佳乃<神奈=美凪&みちる<観鈴、って感じですかね。

佳乃編はアニメでも序盤だったしキャラクターが掴める前に終わっちゃったし、佳乃のキャラクター自体個人的に微妙だったし、シナリオ的にも流した感があった様な気がして( ´_ゝ`) フーンという印象でした。それから佳乃役の方の演技が私的に微妙だったのも・・・。
まあ、面白くないわけではないんですがね。その後のストーリーへの伏線も張ってるし。国崎や観鈴や美凪&みちるの人となりをつかむ為には重要だったし。

美凪&みちる編は「Air」で初泣きしたエピソードです。
美凪が結構良いキャラで、事あるごとに国崎にお米券渡したりとか、
背の高い所が密かに自慢だとか言ってる所とか好きなんですよ。
みちるも序盤は国崎への理不尽な(笑)暴力が見ててカチンコチン来てたんですけど、後半は美凪への気持ちが凄く伝わってきてジーンときました。

ストーリー的にはみちるの正体が分かった後の話が凄く好きなんですよねぇ。
もうすぐお別れ、っていう時期にみちると美凪と国崎が遊びに行くシーン。
みちるが仔犬のように転げ回って遊んでいるのとか、見てて微笑ましいんですけど、同時に別れが近づいてるのが分かっているからこそ凄く切ないんですよ。
その後の美凪の家でハンバーグを食べるシーンも良かったです。
母親にハンバーグ貰うとか、何気ないシーンなのに凄く切ないんですよねぇ。

でもやっぱり一番泣けたのは別れのシーンですね。
風が吹いてみちるのリボンが解けて髪がブワァってなるのとか印象的で。
それと最後のみちるのモノローグも泣けました。
最後のオチも私的には有りですね。
観鈴が一番好きな私としては美凪&みちる編に時々差し込まれる観鈴への伏線が有るのが嬉しくもあるんですがチクリ、チクリと切なくも有ったり。

ゲームではどうなのかは知りませんが、Summer編に行く前の観鈴と国崎の話も凄く切ない。
理由があるとはいえ母親の晴子が弱ってる観鈴を置いてどっか行っちゃうのも、それを責める国崎も何だか両方やり切れないんですよねぇ。
それから、国崎と観鈴の心が近づくにつれて観鈴がどんどん衰弱していってしまうのを知った国崎が観鈴から逃げるシーン。これまた最高にやり切れないんですよねぇ。
それと本当に大切な事に気付いた国崎が観鈴の元に戻ってくるシーンはもう本当に号泣。

Summer編は「Air」の中のエピソードの1本ではあるんですけど、普通に一つの話として上手い事まとまっていて面白いなぁと思いました。
神奈の可愛さも裏葉のどこか企み系なのも良いのですが、何と言っても柳也のカッコ良さ!
国崎も良い奴だしカッコイイなぁとは思ってたんですけど、柳也は普通に惚れますね
どこか飄々としてる所とかメチャ強い所とかさり気無く優しい所とか!
声が神奈延年さんなのも合ってましたねぇ。すげぇカッコイイ!!
ただ、Summer編ラストの柳也のゲッソリ具合にはビビりましたけど。

ですが何と言っても題名ともなってるAir編が一番ですね!
一番切なくて、一番やり切れなくて、一番泣いたんですけど。やっぱりこれが一番!

ぶっちゃけ登場時とか観鈴が少々頭弱い感じで、うわぁこの子どうしよう、とか思ってたんですけど全部見終わったら観鈴が一番可愛く思ってました。
声が川上さんだってのも1話目とかは少々信じられなかったですね!
川上さんの声って可愛らしいけどどこかハスキーな感じがして、そこがキャラクターに凛とした印象を与えていて、凄く好きだったんですけど。
観鈴みたいな萌えっぽい声も出せるんですね!?第一声を聴いた時はギョッとしたんですけど話が終盤になるに連れて川上さんの演技には本当泣かされました( iдi ) ハウー。
やはり川上さんは偉大ですね

今までの話を振り返りつつも補完している第10話から「Air」編なんですけど、
この辺からずーっと涙が止まらないんですよね。泣きっ放しの垂れ流しっぱなし(笑)。
11話とか見ながら嗚咽を堪えるのが大変でしたよ。

晴子がやっと観鈴の母親になろうと決意して、観鈴も晴子の娘でいようと決めたのに観鈴の記憶が7.8歳の頃まで戻っていたってのは、見てるこっちとしても晴子並にΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン!って感じでした。
これの少し前に晴子が観鈴の髪を切るシーンがあるんですけど、それもまた泣けるんですよ。
切り過ぎちゃって観鈴が目を覚ますとオカッパになってて、
「小さい子供に戻ったみたい」
っていうシーンが有りまして、この何気なさが重要でそれでいて切ないんですよねぇ。
そして号泣。

記憶が後退した観鈴の元に折りも悪く観鈴の本当の父親が出現するんですよ。
あ、父親はツンチョだったんですけどね。
観鈴を引き取る、と言う父親に3日待ってくれって懇願するシーンもツンチョと久川さんの迫真の演技に、あわわわわ観鈴とお母さんはどうなっちゃうの?!とハラハラドキドキ。
そして号泣。

記憶をなくした観鈴がまた全く晴子に懐かないんですわ。離れたくない一心で観鈴との距離を近づけようとする晴子に全く心を開かない観鈴。
でも些細な事で二人の距離が近づき、どうせ離れ離れになってしまうなら今日一日観鈴とめいっぱい過ごそう、っていう晴子のモノローグと観鈴と晴子がそれこそ本当の親子のように過ごすシーンが流れるんですけど、それがまたメチャクチャ切ない。
ここでもまた嗚咽交じりの号泣ですよ。

けれど極めつけは何と言っても海でのシーンでしょう!
観鈴が眠ってる内に本当の父親に観鈴を引き渡す所とか、無音の中観鈴が必死に抵抗して
「ママァー!」
と晴子を必死に呼んで、晴子も観鈴へと走り出すシーンが物凄い泣けるんです。
その後のそらのモノローグで
「ずっとあの娘のそばに居たあの人は、あの娘のお母さんだったんだ」
っていうので11話が終わるんですけど、そのモノローグが痺れるんですよ!
また、小野さんのそらが良い感じにカラスっぽいというか無垢な感じがして非常に良いんです!

そして12話は・・・・多くは語るまい。というか、語れません。
見てて、声を上げてオンオン泣いてしまったんです。
とにかく切なくて悲しくて、だけど凄く胸にジーンと来るんですよ。
イヤァ、11話と12話はとにかく川上さんと久川さんの演技に圧倒されました。

結構豪華なキャストだなぁとは思ってたけど、結構重要というか翼人伝説に関わる仕掛けのオチ的なキャラクターがいるんですが、そのキャラは2,3言喋るだけなんですけど、その声が矢島さんなんですよ!
うわっ!すげっ!!超豪華!!!と、思いつつもあのキャラクターは矢島さんでないとこなせないだろうなぁ、と思いました。二言、三言の台詞の重さというか、重要さが他のキャラの比じゃないですから。

そうそう、この作品はストーリーに限らず音楽も素晴らしいです!
OPの「鳥の詩」は一度は聴く価値のある曲ですよ!
っていうかこの曲聴いただけで、涙腺が緩んできます!

もし、「Air」を見たことがないという方がいらしたら是非見たほうが良いです!!
まあ、あのもろ萌えっぽいキャラデザが生理的に無理!という方は仕方ないですけど、
そうでない方は見たほうが良いです!
アニメを見てこんなにも水分を垂れ流すなんて!というくらい泣くと思いますから。
や、泣かない人もいるとは思いますけど、心に深く響く事は必至!!
そして素敵な小野さんを堪能して下さい!!(←そこかいっ!)

っていうか長ッ!?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mosimo1100.blog23.fc2.com/tb.php/294-4249b8be

 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。