腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09
04
(Mon)
最近の私は何かが溜まっていたのか
フラストレーションを解消するが如くBLを買い漁り読みまくってます。
中には中々面白い作品も有ったり( ̄ー ̄)ニヤリ。
なので折角なんで簡単にですが、感想を書いてみようと思います。

お品書き
『生徒会長に忠告 2』門地かおり
『不器用なサイレント』高永ひなこ
『ダッシュ!』夏目イサク
『愛人☆淫魔 ver.PINK』神葉理世
『駅から5分』神楽坂はん子

*********************************
『嘘つきはだれだ』ユキムラ
『hand which』鈴木ツタ
まずは待ちに待っていた門地さんの新刊。
生徒会長に忠告 2
門地 かおり
新書館 (2006.7)
通常24時間以内に発送します。

一巻でも相当エロかったんですけど、2巻はそれに輪を掛けてエロエロでした(笑)
作中でも言ってますけど、二人とも盛り過ぎだし、用足すみたいにそこら辺でHしすぎ(笑)
でも、エロはエロとして話のほうもしっかり面白い。
国斉のストーカーも判明してくるし、ストーキングの理由ってのも安易に終わってない。
国斉の方もようやっと知賀への気持ちを自覚。したと思ったらまた何かありそう。
本の方も結構厚くて飽きさせないし、満足度か非常に高かったです☆
早く次ぎ出ねぇかなぁ~(・ε・
こういう所が、頭一つ抜きん出て他のBLより売れている所以なんだろうなぁ・・・



次は、最近自分内注目度が高い高永ひなこさんの新刊!
不器用なサイレント
高永 ひなこ
リブレ出版 (2006.8)
通常24時間以内に発送します。

私は普段BLを読む時に受けと攻めどちらかのキャラクターに入れ込んで読むって事はあまり無いんですけれど、 (そういう場合になるのは大抵物凄く面白い作品の時なんですけど) 今回はとにかく受けの遠野が可愛かった
遠野は無口、無表情、と感情を表に出すのが苦手な少年。
そんな遠野がずっと片思いしていた田宮に告白され、お付き合いを始める所から話が始まります。

田宮の言動に一々内心ではドキドキしている遠野だけど、無口無表情のためにそれは田宮に伝わらず、些細な事ですれ違ったり誤解が生まれていたりする。
その度に遠野は大きな瞳に涙を溜めて、必至に言葉を紡いで田宮に思いを伝えるんです。
その様子がもう、小動物のようでメガッサ可愛い
そんな遠野のメガッサ可愛さに田宮もやられてしまうわけです(笑)そしてヤると(←コラッ)。
それと遠野のモノローグの吹き出しの端っこにチビっこい遠野がいて、泣いたり、赤くなったり、鼻水たらしたり、ハゲ散らかしたり、と様々なリアクションを取っているのが面白い。

可愛くって、ドキドキして、切なくって、笑えて、エロくて(笑)
流石、高永さんだなぁと感心するくらいBLマンガとして高品質



お次は本屋で何とな~く手にとってみた夏目イサクさん。
名前だけはどっかで聞いた事があった様な気が・・・。取りあえず今回が
ダッシュ!
ダッシュ!
posted with 簡単リンクくん at 2006. 8.28
夏目 イサク
オークラ出版 (2006.8)
通常24時間以内に発送します。

まず何が良いって、絵が良いなぁと思うのです。
10代のみずみずしさと未完成な感じと、高校生の男の子らしい元気な感じとかが絵から伝わってくるのが良い。男の子がちゃんと男の子として描けているのが、◎だと思います。

収録されているのは表題作の「ダッシュ!」を含む
「ダッシュ!」「アクセル」「アップ!」の連作と描き下ろしオマケの「リスタート」シリーズ。
それから「cheeky1~3」。

「ダッシュ!」シリーズは柔道部のワンコな後輩秋本×男前な先輩斉藤、のお話。
「ダッシュ!」を読んだ段階ではこの二人本当に最後まで行き着くのかしら?といらん心配をしてしまうくらい結構健全。や、BLとしてね。
斉藤の柔道に対する思いだとか、恋愛以前のお話がしっかりしていて楽しいです。
余談なんですが、これアクアコミックスから出ていまして、内容も何も全く知らずに本屋で手に取った時は「こういう絵をしていて、かなりエロい話なんだろうなぁ」とぼんやり思っていたんですが、実際はエロ度は割と低め?というかアッサリ。アクアコミックスにもこういうのがあるんだなぁ、と変に感心してしまいました。偏見ってよくないね!

そして終始斉藤が男前。物凄く男前。そして秋本がひたすら大型ワンコ。
ワンコな後輩×男前な先輩と来ると私の脳裏に浮かぶのは必然的に鳳宍です。
イヤだって、ひたすら男前な所とか逆境から這い上がってきた所とか影で物凄い努力をしてる所とか宍戸さんを彷彿とさせるじゃないですか?!ロン毛じゃないけど。
そんな男前な斉藤をひたすら慕っている秋本はまんまチョタじゃないですか?!
違うところをあげるとすればチョタの方が育ちが良さそうって所くらい。
あー、「ダッシュ!」を読んでいると鳳宍が読みたくなります(爆)。

ところで、夏目さんは割りと近年商業デビューした方で同人出身なんですが、こりゃあきっとテニス出身だろう!と勝手に予想して夏目さんの公式サイトを探して行ってみたんですが・・・、あ~ワン○ースですか。しかもゾロサン。
ですが、別館に一つだけ鳳宍の絵があってチョッと( ̄ー ̄)ニヤリ。
でも個人的にバッテリー絵の方が好みだったかなぁ。

あ、「cheeky」シリーズは10年ぶりに再会した従兄弟同士の話です。
大学生×高校生の話ですよ。攻めが徐々に受けの子に惹かれていくのが丁寧に描かれてて、結構良い話です。(そんだけかよっ?!)



続きましては神葉理世さん。こちらの方もマンガを読むのは以外に
挿絵イラストの方でも結構活躍なさってますしね。
愛人☆淫魔ver.PINK
神葉 理世
リブレ出版 (2006.8)
通常24時間以内に発送します。

ver.PINKとなってますがいわゆる2巻目です。ちなみに1巻は読んでません(←ダメ)
や、ちゃんと1巻から読みたかったんですけどビブロス時代に1巻が出てたから中々本屋に置いてないし、オンライ書店でも取り扱ってないんですよねぇ。
けどまあ、あらすじさえ知っていれば続きから読もうと何ら問題はないと思います。
何せストーリーがどうこうと言う話では無いですからね。
ズバリアホエロBLマンガですからね(良い意味で)。
だから、「バカだねぇ~!」と笑いながらツッコミつつ萌えるのが正しいかと。
まあ、エロとアホだけでなく切ない感じのもあるし神葉さんの絵柄が好みなら確実に楽しめます。
まさに私ですから、それ。
でも1巻から読みたい!という方は来年の1月までしばし待たれよ!新装版で出るそうですから。
私は取りあえずブクオフ辺りに探しに行こうと思います。



またまたお初、神楽坂はん子さん。
駅から5分
駅から5分
posted with 簡単リンクくん at 2006. 8.28
神楽坂 はん子著
二見書房 (2006.8)
通常24時間以内に発送します。

ぶっちゃけて言いますと、絵柄もそんなに好みでないですし、裏表紙のあらすじをザッと読んでも
(  ̄O ̄)ホーって感じだったんですが、購入を決めさせたのはシャレードコミックスっていう事と、帯の
女装の似合う×オクテ大家さんの
うっすらラブ?

という文句。

うっすら、て!?
と突っ込まずにはいられない帯に引かれて購入。
内容は、ボロアパートを舞台にした青春コメディーBL風?
メインカプのラブが終盤まで本当にうっすらだし、何より
最後までシテないっ!!
チョッと、チョッとチョッと!!最後まで見せんかいっ!?と刀を振り回したくなる気分です。
脇カプの読みきりではちゃんとHシーン有ったんで別にそのシーンが描けないとか描かないっていう訳じゃないんでしょうけど・・・。
私には珍しく脇よりメインの二人をひたすら応援していたんで、何か凄くo( _ _ )oガッカリ
寸止めまでは描いてるんですけどねぇ。

話全体としては、普通に面白いです。
前半はコメディー色が強くって、後半になってメインの攻と受がギクシャクし出してからはシリアス?っていうか割と悶々とした展開が続きますけど。
アパートの住人達は皆、自分の目標や夢に向けて頑張ってる人達ばかりでそんな中、何となくで大家になった自分に劣等感というか、これで良いのだろうか?という悩みを受が持ちます。
この辺の悩みとか展開が普通に青春マンガとして面白いです。

ただ、何度も言いますけどメインのカップルが最後までシテいないってのがねぇ(←シツコイ)
それさえなければ、星4つくらいあげても良いのになぁ。(←偉そう)

続きはまた後日。

*********************************
ここからは、ちょっと前に買ったオススメBLをご紹介~☆

以前から名前は知っていたユキムラさん。
嘘つきはだれだ
ユキムラ著
コアマガジン (2006.7)
通常2-3日以内に発送します。

以前たまたま最終話の一話前の話を雑誌で立ち読みしたんですが、その時に絵が好みだなぁ、と思ったのと丁度その時の話がクライマックスに向けての盛り上がり最高潮で切なさMAX!だったため妙に印象に残ってたんですよね。だから、コミックスが出るのを今か、今か、と密かに待ちわびていた作品。

長い間絶縁状態にあった幼なじみの話。
主人公の市太としては、幼なじみの弘と以前のように友人関係に戻りたいと思いつつも、ゲイであることを軽蔑されていると思い込んでいるので、どうにもこうにもならない状態。
そんな市太と弘がひょんな事から再び徐々に関係を結びなおしていく。

結局は市太も弘もお互いの事を好きだったのに自分の気持ちに長い間気付いてなかった
ってオチ
よくある話ではありますけど、二人がお互いの事をミョーに気にしてよそよそしい所とか、徐々に距離が近づいて行く所とか見せ方が結構上手いと思うのでストーリーに飽きさせる事はないです。

それと、やっぱり絵が好みですね!
登場人物がイッパイ、イッパイになっている時の表情が良いです。
最終話で、弘が泣きながら告白する所とか印象的です。中々無いんじゃないですか?
攻が受キャラに泣いて縋って告白するって。

このコミックで物語りは完結しているので読みやすいですし、
これからもこの作家さん追いかけてみたいな、と思わせる一冊でした!



最後にBL漫画好きの間ではすでに注目度NO.1(だよね?)の鈴木ツタさん。
hand which
鈴木 ツタ
竹書房 (2006.4)
通常2-3日以内に発送します。

鈴木ツタさん初のコミックス。
本屋にて、結構絵が上手いなぁと思って、買ってみたんですけどこれが大正解!
そして、カバー裏までも手が込んでて大正解!!
20060904192607.jpg

スゲェ!爆笑しましたね!!ウッカリ名前書きそうになりましたもん。

初めてのコミックスとは思えない程こ慣れているんですよねぇ。
表題作は勿論面白いんですけれど、私が特に好きだったのは鈴木さんのデビュー作の
『半径10メートルの引力』とその続編『直線上にして8メートル』
これは、荒れ放題のオバケ屋敷のような家に住んでいる隣人と少年の話。
収録作の殆どが、リーマン物というか大人の話が多い中これだけは年の差カップル物。
徐々に距離が縮まっていく感じとか、人が良さそうで淡白に見えるのに実は意外とムッツリな攻、とか話自体が妙に可愛らしい感じがして、ほんわかしつつも面白いです。

描き下ろし番外編も面白かったんですけれど、何よりあとがき漫画が面白かったです
鈴木さん、このコミックスは梅書房ではなく、ちゃんと竹書房から出てますよ(笑)。

どっかのサイトにて見かけたんですけれど、鈴木ツタって麗人以外でも色んな雑誌で沢山短編描いてるみたいなんですよ。現在もマガビーで「この世異聞」っていうのを連載していて、それが11月くらいにインターにてドラマCDになるみたいなんですよ!
新人さんの中では注目度MAX!なので今後ドンドンコミックスが出れば良いなぁと思ってます。

コメント

どうも~ 

私はBLは水城せとな先生の窮鼠はチーズの夢をみるしか読んだ事ないのだけれど(しかもレディコミ)、以外と普通に読めました(笑)
窮鼠は読んだ事はありますか?読んでいなかったら
太字の文太字の文色付きの文字明日読め!

な感じです(笑)もう、ストーリーが魅せる魅せる!ストーリー重視と言った方がいいかもしれない・・・心裡描写が本当に秀逸でコマを使うのも巧くて、漫画を描くのがうまい人なのでぜひ!
で、紹介されてた上2つ。そこまで薦めるとなるとBL平気だったので試し読みしたくなりました(笑)明日買ってこようかなと(笑)

↓ 

ギャー!やらかしたー!!
文字指定間違えたー!!

気にしないで・・・

お返事です! 

>気にしないで・・・
>気にしません!(笑)

改めまして、おいでませ!
コメントありがとうございます♪

>私はBLは水城せとな先生の窮鼠はチーズの夢をみるしか読んだ事ないのだけれど(しかもレディコミ)、以外と普通に読めました(笑)
>初めてのBLが水城さんの「窮鼠~」ですか!
私も水城さん大好きです(^レ^)
「窮鼠~」も勿論読みましたよ!
ちなみに今月号のJudyの別冊マンガの「憂鬱バタフライ」も読みました。
大変、満足満腹でした♪
ですが、初めてのBLが「窮鼠~」だと今後BLを読む場合そんじょそこらの作品じゃきっと満足できないでしょうね(笑)。
水城さん並に満足させてくれるBLってのは中々無いですからねぇ~。

>で、紹介されてた上2つ。そこまで薦めるとなるとBL平気だったので試し読みしたくなりました(笑)明日買ってこようかなと(笑)
>上2つは勿論面白いんですけれど、誰かに薦めるならば、まだ感想を書いていない下の作品の方がよりお薦めです!
つまり、
ユキムラさんの『嘘つきはだれだ』と、
鈴木ツタさんの『hand which』
特に鈴木さんのは短編集なんでどこから読んでも美味しい一冊になってますよ。

上手い事、緒方さんのBLの扉が開くと良いですね(笑)←いいのか?

ではでは!

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お返事です。 

おいでませ!

私もBLは大好きです!!
もはやこれが無いと人生の楽しみが大きく目減りしてしまいます!!!

コメントありがとうございました。
またお気軽にどうぞ!
ではでは。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mosimo1100.blog23.fc2.com/tb.php/292-4735fa22

 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。