腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
  • 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05
18
(Thu)

アニメ徒然覚え書き 

某無料動画配信サイトを見つけて以来、そこでアニメばっか見てます。

何が良いって火宅では見られないアニメが見られることが嬉しくて嬉しくてしょうがないっ!! 

と、いうわけで某無料動画配信サイトで見たアニメ含め久々に感想なんぞを。

お品書き
涼宮ハルヒの憂鬱
うたわれるもの
獣王星
ひぐらしのなく頃に
NANA
プリンセス・プリンセス
.hack//Roots
スクールランブル2学期
BLEACH
涼宮ハルヒの憂鬱
今期のアニメの中で一番続きが楽しみです!
面白い!
圧倒的に面白い!!


ハッキリ言って原作未読者にはあまり優しくない構成で放送が進んで行ってますが、
それさえも「涼宮ハルヒ~」っぽく思えてくるんだから不思議です。
草野球大会に参加したり、孤島の別荘に行って殺人事件に巻き込まれたり、異空間に飛ばされて巨大カマドウマに襲われたり、キョン以外の団員が未来人だったり地球外生命体のアンドロイドだったり超能力者だったりと、ハチャメチャッぷりが続いてますがそれで構わない!!
だって面白いから!!!

それと、やっぱり私がこのアニメを見続けているのは杉田の力が大きいかもしれません。
彼のモノローグとツッコミによってアニメは進んでいくんですが、それが面白すぎる!
何ていうかもう、杉田の本領発揮!としか言いようがないかもしれません。
キョンは杉田以外考えられませから!
恐らく他のどんなに今売れている声優さんにキョンを演らせてもココまでこのアニメが面白くなる事はないんだろうなー、って思います。
例え櫻井さんやじゅんじゅんや鳥さんや石田さんや中井さんが演ったとしてもね。

そうそう、私の中で密かに注目の小野大輔さんも超能力者の転校生古泉一樹役でご出演v。
原作未読の私にとっては、どういうキャラなのかいまいち分かってませんが、結構好きです。
パッと見好青年なのにどこか得体の知れない胡散臭さがあって、でもそこはかとなく愛嬌があって。この古泉を見て、小野さんやっぱり結構良いなぁと、毎週確信しています。この人これから人気出るかもね(*^m^*) ムフッ。

ヒロイン3人の女性陣も良いですよ。
平野綾嬢のハルヒは嫌味のない可愛さだし、「ラムネ」で魂吹っ飛ばされそうなくらい衝撃を受けた後藤邑子も、彼女だからこその朝比奈みくるとなってるし、長門有希は・・・。あんまり喋らないから良く分からないけど、茅原実里の長門有希が嫌だと思った事は一度としてないので、彼女で良いのだろうと思います。

世間では『桜蘭高校ホスト部』が注目を浴びてますし、絶賛されてます。
私も確かに良くできてるし面白いと思います。
ですが、個人的には「涼宮ハルヒ~」の方が上だと思うんですよねぇ。
映像も、構成の面白さもどちらも凄くクオリティが高いんですよ。
そうなると、後は原作の底力っていうんですか?そういうのが出てくると思うんですよね。
どっちも、非日常的な高校生活を舞台にした話ですけど、個人的には「涼宮ハルヒ~」の方が上かなぁ?って思うんですよね。
『ライトノベルメッタ斬り☆』でも「涼宮ハルヒ~」は評価高かったんですよね。
文章が達者で、SF的にも巧みな時間処理をしてるって言うし。
ま、原作未読の私が言うのも何ですが(^^; 。

この手のアニメで初めて原作読みたくなりましたよ♪
ぶっちゃけOPの「冒険でしょでしょ」とEDの「ハレ晴れユカイ」が凄くほしいです。
つまり、それだけ『涼宮ハルヒの憂鬱』にハマってるってことです。
ただ、願わくば原作の時系列どおりに放送して欲しいかも(;´д` )


うたわれるもの
こちらも面白いです!
反乱軍が圧制を強いる国主を倒すという王道的なシリアスな展開も非常に面白いです!!
なんつーか、物語としてカタルシスが解消される面白さと言うんでしょうか?
絵も綺麗ですし、第五話のベナウィVSハクオロは人物が少なかったのに良く動くし、アルルゥがムックルと助けに来るシーンはお約束的展開とはいえ震える面白さがありますしね!

でも話的には折り返し地点にも入ってないんですよね?7話終了の段階では。
公式サイト見るかぎり、登場人物まだ揃ってないし。

これ元が18禁PCゲームとはいえ、深い時間帯に放送するには勿体ない話ですね。
ストーリー自体はいたって硬派な感じだし。
アニメファンだけが見るにはちょっと、勿体ない気がするですよねぇ。
まあ、それはキャストの豪華さにも支えられてるとは思いますけど。
やはり主人公のハクオロが小山さんというのは一気に話が締まりますし、渋さが増しますよね。
浪川さんのベナウィはカッコイイし、オボロも中々可愛い奴だし。
女性陣も見ていてイラリとくるような人がいないから安心して見てられるし。

そうそう、驚いたのがアルルゥが沢城みゆきさんなこと!
沢城さんってローゼンの真紅ですよね?!凄ぇ!全然分んなかった!
っていうか色んなところで沢城さんのお名前見かけますけど、いっつも全く違う印象の役所で、この人の引き出しはいったいどんだけあるんだ?!って驚かされてます。

皇都を陥落したことによって、新たな局面にストーリーは入るので益々今後が楽しみです♪

そういえば、「うたわれるもの」ってちゃんと?18禁PCゲームが原作なんですね。
この前買った「テックジャイアン6月号」にLeafを特集した付録が付いてきてたんですけどその中に「うたわれるもの」がありましたし。


獣王星
嗚呼!こっちも面白い!!( ´△`)
原作が読みたくなったアニメその2!
設定の特異性?というか世界観の作り込み具合に目が行きがちのような気がしますが、
話自体は結構王道?というか分かりやすいものですよね?
獣王を目指すという、いわゆる一つのサクセスストーリー。

5話までの段階としてはキマエラがどういう世界か、とかリングは何ぞやとか把握すればストーリーとしては分かりやすい感じですね。
っつうか、やっぱり高山さん良いなぁ!!って思いました。
トールとラーイの演じ分けもそうだし、一番苦労してる主役ってのもあるんだろうけど、見ていて伝わってくる気迫が違うなぁって思いました。
こんだけ良い演技を見せられると6話以降の堂本光一のトールが非常に不安になってくる・・・。
彼でいいのか?本当に?光一君は、あれだ。戦ってる時の声とか、ちょっとした声の演技とか入れられるのか?そういうちょっとした所スッゴク大事だと思いますからね!

あ、ちなみに小栗君のサードは割りといいと思います。うん。私は肯定派かな?
確かに声優としては、どうよ?って思うかもしれませんが、そこは小栗君の演技力といいますかその辺でカバー?それと彼独特のハスキーボイスな感じが底を見せないサードに合ってると思うんですよねぇ。
週を追うごとに段々ハマってきてる気がするし。
もちろん本音を言わせて貰えれば声優さんを起用して欲しかったけど、小栗君のサードが有りか無しかと言われれば、私としては有りだと思います!


ひぐらしのなく頃に
嗚呼!こっちも面白いけど、怖いぃ!!!
ギャアアアア ( > < ;)//
凄く面白いのに、凄く怖い。怖いのに面白いから見るのを止められない!
そういう無限ループに入り込んだ気がします・・・( ̄~ ̄;)。

鬼隠し編はミステリー的な怖さと言うよりもホラーとしての怖さが目立ってました。
何者かに付狙われる恐怖、豹変する友人達、隠された過去。どれもゾッとするような材料ですけど、私としてはどんどん追い詰められていく圭一も凄く怖かったですね・・・。
あの圭一の追い詰められっぷりから行くラストは衝撃的だったなぁ。
最後の電話のシーンも怖かった・・・。

あー、でもやっぱり一番怖かったのはレナかなぁ。
レナの豹変っぷりとか、雨の中で「ごめんなさい」って言い続けるのとか。
本当、何度中原麻衣にドキッ!!( ▲ ;) ってさせられた事か・・・。

話は一転、綿流し編はホラーと言うよりミステリーとしての怖さが際立ってると思います。
魅音の妹詩音は一体何者なのか?消えた人々はどこに行ってしまったのか?
圭一だけが見なかった、本殿に隠されていたものとは何なのか?

私原作のゲームがどういうものなのかよく知らないんですけれど、
それぞれのエピソードは独立してるんですよねぇ?
全話見たら雛見沢がどういう村なのか、お社様って何なのか?が分かるんでしょうか?


NANA
第一話をやった意味が分からない。
まあ、恐らくこれからNANA始まりますよー的な、前哨戦みたいな話だったんでしょうけど。
それにしたって、その後の放送でも第一話の部分をやるとは。そこは飛ばしても良いんじゃ?

私はこれといって原作に思い入れが有る訳でもなく、ただ単に豪華キャストだし、っていうか森川さんのタクミとか石田さんのシンちゃんとか諏訪部さんの京助が見たいが故に見ている、ダメな視聴者ですからストーリーにこれといった不満点はありません。つまり可もなく不可もなく。
というか、原作読んだのが結構前だからよく覚えてないし・・・。

ただ、キャストについては結構合ってると思います。
朴さんのナナはカッコイイし、KAORIさんのハチ(というか奈々)も暴走っぷりが結構面白いし、ハチの自立出来てない所もウザいというよりもまだ子供なんだろうなーで、片付けられる可愛さだし。
それと、あ!って思ったのはノブ役の関さん!
イヤイヤ、やっぱりこの人凄いね!やっぱりピッタリとハマって来たよ!
キャスト出た段階では手堅いな、って思ったけど、手堅いの上等!
いっぺん関さんがノブ演ったら、関さん以外考えられなくなるね!
これは益々シンちゃんとタクミが楽しみだ・・・。

あ、ちなみに木内さんのレンは結構良いと思います。あれくらい男っぽい感じのほうがロックミュージシャンって感じだし。
木内さんのレンがああいう感じだったんなら、ゲーム版NANAの櫻井さんのレンはどんなんだったのか、ちょっと気になるところです・・・。


ココからは某無料動画配信サイトにてチェックしたアニメです。
画面が小さいのがアレですが、重宝しております(-||-)合掌

プリンセス・プリンセス
原作に上手い事オリジナル要素を混ぜてきてあるなー、というのが6話まで見た印象。
ただ、スタジオディーンは「ひぐらし~」に人員を割き過ぎなんじゃないか?と思ったのも事実。
アップの絵とか有定会長のアップとかはさすがに凄く綺麗なんだけど(っていうか有定会長には気合入れすぎだと思う/笑)、時々「え?」って思うような崩れ方をする時があるのがビックリします。
その辺どうにかしてほしいけど、これはもう仕方ないのかな?って半ば諦めです┐( ̄ヘ ̄)┌ 

キャストは結構豪華ですし、じゅんじゅんの亨も朴さんの四方谷も柿原君の実琴もホッシーの坂本様も良い感じだと思います。

ただ、柿原君の実琴がキャンキャン言い過ぎかな?って思いましたが、実琴は元々そういうキャラなのでそこは仕方ないか・・・。
うん、でもぶっちゃけ個人的に柿原君に実琴なのは少し違うような気がする・・・。
何がどう違うのか上手くいえませんが、台詞回しというか、雰囲気が微妙に違うような気がするんですよねぇ。もう少し台詞に緩急というかそういうのが欲しいところだなって思いました。
特にじゅんじゅんと朴さんとホッシーと神谷さんという上手い人たちにに挟まれてると、そういうのが顕著に分かる。実琴だけ明らかに経験値足りない気がする。
ま、そこが実琴っぽいっちゃあ実琴っぽいですが。

プリプリで一番の見所は、ハッキリ言って神谷さんだと思います!
じゅんじゅんファンとしてどうよ?という発言ですが、それでも神谷さんだと思います。
もうね!神谷さんの有定会長はハッキリ言ってハマりすぎ!!
ビックリするぐらいハマってる!そして神谷さんが活き活きと演じてるのが分かる!!
有定だ、有定会長がそこにいる!!って思います。

それと、名田庄先輩。彼のハジケっぷりも良いですね!勝杏里さん頑張ってます!!

そうそう、生徒会役員の一人に鳥さんがいるんですがぶっちゃけ生徒会は有定のシンパというかファンクラブと言うか下僕のような存在でしてそんなに台詞があるわけじゃないんです。
が、時々生徒会役員から甘い声がして心臓に悪いです(笑)。
も、もっと出てくれー(本音)!
そして姫時代の有定会長の話が見たいです(超本音)!


.hack//Roots
櫻井さんのヘタレボイス聴きたさに6話くらいまでチェックしたんですが、どこをどんな風に楽しめばいいのか正直よく分からないなぁ、って思いました。

私は.hack//signも黄昏の腕輪も見たことがないんで、この世界観に正直よく馴染めてないんですよねぇ。なんか前作、前々作を見てないと分からないような部分があるっぽいし。
いまいち盛り上がりに欠けるなぁ、って思います。
キャラクター造形は結構生っぽいというかリアル路線かなぁ?って思いはします。

特に元ギルドメンバーのBセット。彼女がギルドに戻りたくないと言いつつハセヲと接触したりギルドのことを気にかけたりオーヴァンのことを気にしたりしているのは結構リアルっぽいなって思いました。
現実にいようとゲームにいようと、そこで関わりあう人々が人間ならば、それによってもたらされる焦燥感も人間関係の鬱屈というか悩みは同じなんだな、とは思いましたけど。

ただ未だにこの作品、SFなのかファンタジーなのかよく分かってません。


スクールランブル2学期
結構楽しみにしていましたし、それなりに楽しめましたけど、前作のような疾走感はあまりないかなぁ?っておもいました。
まあ、この辺のエピソードは原作でも続き物というか、連動してるのでしゃあないっちゃあ、しゃあないんですがね┐( ̄ー ̄)┌ 。
ただ、さすがにサバゲの話は結構面白かったなぁ、って思いました。
執事の中村とかね(笑)。
花井の「ミコちゃーーーん!!!」も見れたし。
文化祭の話も結構面白かったし。委員長役の子は結構達者だなぁ、って思います。

二学期になるとモブだったクラスメイト達にも名前が付いて活躍し始めるんですが、その中で田中君って言う人がいまして、彼の声を演っていたのがなんと平川さんだったんですわ!!
ぶっちゃけよっちんや岸尾大先生や川田さんと比べると(まあ、この辺はスポットが当たりやすかったりよく喋ったりする役の方々ですからね)ドッコイドッコイだなっていうレベルの人たちがその他のクラスメイトをやってるんですがなんかやけに上手いというか耳に残る声の人が・・・。
ひ、平川さんだーーーー!?!?
ぶっちゃけ勿体ねー!って思いました。


BLEACH
そうそう、BLEACHも見ましたよ。
私はオリジナル肯定派なのですが、さすがに#79で狩谷が言っていた芳野の母性がどうたらこうたらと言うのはよく分かりませんでした(?-?) 。
つまり一人のバウントにつき一体のドールだったのが、芳野の力によってよりたくさんのドールが生み出せた、ってことですよね?
そうならそうと言ってくれ!!
この手の悪役の悪い所は物事を噛み砕いて言ってくれないことですよね。
誰もがお前の禅問答のような会話に付き合うと思うなよ!!と、誰か言ってやってくれ。
ただ、流石に芳野が死んだ瞬間の石田の慟哭は来るものがありますね。
杉山さん上手いなぁ。こういうの。胸に迫るよ!

オリジナルのブリーチは改造魂魄3人組が可愛くてしかたないです。
特に杉田の之芭がお気に入りです。あと、かかずさんのりりんも可愛いです。
っつうか、かかずさんが好きだ!ああいう喋って捲くし立てる役いいですよね、かかずさん。
アクエリオンのシルヴィアも結構プリプリと怒ってましたもんね。

どうやら、来週は乱菊さんと吉良と檜佐木と弓親が登場するらしいんですが、
大人の策略が感じられるのは気のせいですか?
だって、櫻井さんコニタンじゅんじゅんだぜ?!
乱菊さんは真っ当に人気キャラだから良いとして(良いのか?)
弓親行くんなら一角も行くべきだろう?!つうかそうでないと、話が見えてこない!
あー、大人って怖いなー・・・/(・_;\ コワイヨー
と、思いつつチョッと楽しみな自分がいます。

そうそう、BLEACHと言えば今週のWJのBLEACH。
石田雨竜に言いようのないエロスを感じた私は頭がおかしいですか?
そうですか、可笑しいですか・・・。
どうせ腐ってますからね!!
そんな私はコッソリ一護×雨竜派です。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mosimo1100.blog23.fc2.com/tb.php/234-175eff40

 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。