腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.04
19
(Wed)
出ました!
待っておりましたヽ(´▽`)/~♪

高尾滋先生初の

BL漫画第二巻(違)!!


ゴールデン・デイズ 2
高尾 滋
白泉社 (2006.4)
通常24時間以内に発送します。

まず、一言よろしいでしょうか?

(ノ' 0 ')ノ~ 仁よ!
お前は、なんって愛しい子なんだ!!!

その調子で光也との仲をドンドン深めれば良いよ~!!

と、言う事で取りあえず一叫びさせて頂きました_(._.)_
待ちに待った『ゴールデン~2巻』!
主人公である光也はもちろん良かったけど、2巻はとにかくに心臓を鷲掴みでした・・・。

だってさぁ!?
表紙からして仁の魅力がフルスルットルじゃないですかぁ?!
何すか?!
何なんすか?!あの子?!?!


あの肌の白さ!

あの半開きにした唇!!

本屋でショック死したらどうしてくれんだコノヤロー!!!

イヤイヤ、マジで。
本屋でコミックス見かけたときは、久々にビリビリ来ましたよ。
表紙見た瞬間顔が緩むのを抑えきれなかったよ!
うっかり2冊買いそうになっちゃったよ!!

そんな『ゴールデン~2巻』。(どんな?)
内容といたしましては、学校に通い始めた光也のアレやコレや、な苦労だったり。
仁と母親の確執や。亜伊子と母親の歪な母子関係。
同級生の駆け落ちの手引きをしたりだとか。
日常のドタバタや、そこに潜むそれぞれの心の影を描いています。
ただ、非常に残念な事に光也は2巻ではゲロってません(笑)。いや~、残念だ!

仁と光也の接触率は1巻の方が断然上でしたけれど(なんたって二人は既に“接吻”してますもんね~(* ̄m ̄) ププッ)お互いの心の距離といいますか、そういう意味での親密度は2巻の方が相当上がってます!

仁も慶光としてではなく光也としてミツに接してるし、光也も仁の明の部分、暗の部分に触れることによって仁のことを信頼というか大切に思うようになっていってるしね!

でも仁から光也へというよりは光也から仁への影響の方がずっと大きいようですよ!
例え傷つけることになったかもしれなくても、亜伊子と母親の歪んだ関係に対して正面から否定したのは光也だからこその行動だし。慶光なら痛手が最小限で済む様にそっと守っていく方を選ぶだろうし。
仁が良家の娘と農家の出の苦学生カップルの駆け落ちを手引きする、なんていう無謀な企てをしたのも、きっとそんな光也が側に居たからこそだろうでしょうね!
その後春日伯爵に正面きって啖呵切ったのも、絶対光也の影響だって!!

多少口は悪くっても、純粋で真っ直ぐな気性の持ち主の光也はやっぱりとても良いですね!!
っていうか、思ったんですけれど、光也ってもしかしてツンデレ(笑)?
イヤ~、だって仁がイタズラを仕掛けると半径1M以内に入ってくるなとか言うし、でも勉強教えてもらうために半径30cmで許すとか言うしぃ(ニヤニヤ)。

1巻と違い徐々に環境に慣れてきた光也なので、2巻は仁と心を通わせるシーンが結構ありましたねー(^レ^)
特に好きなのは、暴漢に襲われそうになった仁を庇い負傷してしまった光也にブチ切れ暴漢に銃をぶっ放す仁、そんな仁を見て危ういものを感じた光也が手を取って逃げ出す場面!
この場面はねぇ、とにかく逃げ出す時の光也と仁が可愛い
光也がどこかのお姫様みたいに麗しいし、仁も妖精さんのように可愛いvv

それと駆け落ちカップルを逃がす為の企み中、光也の中の慶光を探すようにして仁が「好きだ」と繰り返すシーンがもう切ない!!
ちょっと前までは近づくと「寄るな、触るな」と騒いでたのに、この時は寄り添って仁の独白をじっと聴いてるんですよ!
思うに、このシーンの「好きだ」は絶対に何割かは光也に対する気持ちも入ってますよ!

それとそれと、11話で「野なかの薔薇」を演奏して最後の一音を間違えるシーン!
もう最っ高に転がります!!
「なんだよ~、もぉ~!」(ゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロ)。ってな感じで(笑)。
このシーンって、仁の慶光に対する気持ちがいまだ色褪せていない、っていうシーンだとは思うんですけれど、私としては慶光と光也は違うと分かっているけれど、慶光に惹かれていった要素を持っている光也に対して仁が確実に惹かれている、っていう風に読めました!

その他にも百合子お姉さまのエスなシーンも有りましたね(笑)。

最後に、2巻で一番胸を射抜かれたシーンは。
執事の瀬戸さんに靴紐を結ばせている仁でしょうね!やっぱり!!
何ナチュラルに紐結ばせてるんだよぉ~!(ゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロ)
正装の二人は転がり落ちるほどカッコイイです!( iдi ) ハウー

3巻にはいよいよ第三の男、慶が登場しますね!
今から発売が待ち遠しいです。
3巻が出る前に私は『ゴールデン・デイズ』を読んでいったい何度転がるんでしょう?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mosimo1100.blog23.fc2.com/tb.php/220-962a77f3

 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。