腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03
29
(Wed)
以前からず~っと気になっていて、コメントでも「面白い!」とオススメして頂いた作品。
ようやっと読めました!!
水城さんのBLはほぼ初体験に近いのでウキウキ♪ワクワクでございます!
年下攻めのヘタレ受け!っていうので既に顔が邪悪な笑みで一杯です(笑)!
さてさて、今回はどんな後味の悪い(褒めてます)話をよませてくれるのでしょうか!?
窮鼠はチーズの夢を見る
水城 せとな
小学館クリエイティブ (2006.1)
通常24時間以内に発送します。

優柔不断な性格が災いして不倫という「過ち」を繰り返してきた恭一。ある日彼の前に妻から依頼された浮気調査員として現れたのは、卒業以来会うことのなかった大学の後輩・今ヶ瀬だった。ところが、不倫の事実を妻に伝えないことの代償として今ヶ瀬が突きつけてきた要求は、「貴方のカラダと引き換えに」という信じられないもので…。
くるおしいほどに切ない男と男のアダルト・ラブストーリー。

感想の前に一つビックリ!
これってレディコミに連載してたんですね・・・。
恐らく、水城さんがBLから離れて結構久しいと思うのですが、少女漫画だろうと、BLだろうと、誌面を選ばず水城さんの持ち味が非常に活かされた面白い作品でした!
でも言ったように水城さんの持ち味の一つは、非常に後味の悪いカタルシスの溜まる話の展開です。良い意味でね?

人間のエゴイスティックな部分を、これでもか!というほど暴いていく展開は読んでいて非常に身につまされるというか、痛くて目を背けたくなるんですがそれでも読むのを止められずグイグイとストーリーに引き込まれていくのは水城さんの手腕の賜物ですね!

今回の「窮鼠~」も主人公からして結構どうしようもない人。善良な人ではあるけれど、いわゆる良い人ではないっていう感じ?
結婚しているくせに、相手に流されて不倫を重ねてしまうし。
相手が自分を想ってくれなくなったら、自分だって相手を想い遣れなくなるし。
いつも相手に流されて、被害者面をしているどうしようもない人。
でも、悪人なわけではない。彼なりの誠実さも優しさも持ってる。そんな人。
主人公の恭一ってのは誰の中にでもある、どうしようもない部分をクローズアップされている感じなんですよねぇ。だから目を逸らしたくても共感してしまう所がある。
私の場合、自分を嫌いな相手を想えない、っていうのは何か分かるんですよね・・・。
この人物造形が、その辺のBLにはなかなか見かけないかなー、って思います。
流されやすい人、っていう設定ならよく見かけますけれど、その人物像をここまで真っ正面に見据えて捉えたBLってのはなかなか無いかと・・・。その辺が水城作品が持つリアリティの所以なんでしょうか?

一方、恭一の相手役というかもう一人の主役の今ヶ瀬は結構可愛い奴です。陰険だけど(笑)。
ずーーっと恭一のことを想ってたわけだし、ご飯作ってくれたり掃除してくれたり洗濯してくれたりと結構献身的だし。多少陰険だけど(笑)。
興味深いなーと思うのは、受けである恭一の方が男性的な性格で、攻めである今ヶ瀬の方が女性的な性格なんですよねぇ。
いかにも一般男性代表のような恭一と比べ、献身的に家事をしたりと外堀からジワジワと埋めていったり、嫌なほどの洞察力を見せたりする所がなんとなく女性的な感じがするなー、と思ったり。

脇の女性陣も非常にリアルな感じです。
恭一が一時の過ちを犯してしまう同級生とか元カノの夏生とか。
表と裏の顔の使い分けが見事だなー、って感心です。
特に今ヶ瀬と夏生の一騎打ちというか修羅場シーンは凄いです!
怖っ!?怖いわあんたら!!って思う。
本当にお互い牙剥き出しって感じ(笑)。それでも夏生が嫌な女に見えないのは流石です!
女性の嫌な部分を隠さず描くのに、それをマイナスにしないのが水城さんの凄い所ですよね。

驚きなのがこれを連載していたのがレディコミ誌だということですよねぇ。
レディコミは読まないのでよく分からないんですが、根っ子は同じでもBLとレディコミでは方向性が違うような気がするんですが・・・。手段が違うというか(男女か男男か、っていう)、同じ道なんだけど対向車線っていうか・・・。
でも大人向け少女漫画って結構エゴ剥き出しとか、恋愛の良い所だけでなく非常に痛々しい所とかを描いている、(YOUとかFEELとかその辺?)
っていう印象があるので作品の方向性的にはあってるのかな?
恭一と今ヶ瀬の葛藤っていうのは男女間では成し得ない類のものだからなあ・・・。

何はともあれ、水城さんのBL大変美味しゅうございました。
BLを読んでいてこんなにのたうち回ったの久々です(笑)。
これをきっかけに水城さんがまたBLを描いてくれたら嬉しいなぁ・・・。
こういう作品に行き当たるからこそ、BLを読むのを止められないんですよねぇ。

コメント

こんばんわ~ 

二度目ましてです↓
私も、この作品ものすんごく好きですよ~!水城先生の作品がもともと好きで新作を読もうとしたとき、初めて掲載誌がレディコミ、しかもモロ大人向けな方向性のものだということに気がついて非常に動揺したのを覚えています。買うのも読むのも、BL雑誌より恥ずかしいんです…なぜか…。
どろどろしてたり、ちょっとした暗さもツボですが、なにより容姿、行動ともに男!してる恭一が受けで、どちらかというと女性的な今ヶ瀬が攻めなのが大変好きですv
いつも、無駄に長くなってしまってごめんなさい…ではお邪魔しましたm(__)m

お返事です 

>シュガさん
おいでませ~♪
コメント有り難うございます!

>掲載誌がレディコミ、しかもモロ大人向けな方向性のものだということに気がついて非常に動揺したのを覚えています。
>買うのも読むのも、BL雑誌より恥ずかしいんです…なぜか…。


>分かります。非常によく分かりますとも・・・(笑)。
私は単行本刊行の時に初めて存在を知ったんですが、連載を始めるというのを知っていたら多分私も立ち読みしてました。
でも確かにレディコミってなんとなく恥ずかしいですよねぇ。BL雑誌だって中身はやってること殆ど変わらないんでしょうけど・・・。なんでですかねぇ?
レディコミの方が、男女ということでよりリアリティがあるからなnですかねぇ?

>どろどろしてたり、ちょっとした暗さもツボです
>私もツボです!!元々そういうジリジリとした話が好きっていうのもあるんですが、水城さんの描き出すジリジリ加減が良いですよね!

>容姿、行動ともに男!してる恭一が受けで、どちらかというと女性的な今ヶ瀬が攻めなのが大変好きですv
>私も男性的な受け、女性的な攻め、っていう組み合わせ好きです!
というか、今ヶ瀬の恭一への執着っぷりがツボです。
受けに対してチョット異常なほど執着してる攻めっていうのが結構好きなもので・・・(笑)。

またお気軽にどうぞ。
ではでは~!

( ̄m ̄* )ムフッ♪ 

モカモさーん、こんばんはー!!!
ホーホケを教えていただいた時から水城せんせのコミックスに目が行くようになりました(笑)
んで新刊が出ると知って、読みましたよ私も!
そして必ずモカモさんが記事にされるだろうと楽しみにしておりましたvv(爆)

私はレディコミに掲載されてるという事以上に帯のうたい文句にとまどいました(^^;)
お陰で買うのにめっちゃ時間がかかった…(笑)

>今ヶ瀬と夏生の一騎打ちというか修羅場シーンは凄いです!
>それでも夏生が嫌な女に見えないのは流石です!

これは私もめちゃくちゃ同感です!!
むしろ夏生は好きなキャラでございましたvv
修羅場シーンは本気で怖かったですけどね(笑)
いやでもあそこまで描ききってもらえたら痛快ですよ!
水城さんだからこそ描けるんでしょうな…実力のある方だと実感いたしました♪

水城さんのコミックスに出てくるキャラは、変な表現だけど、ほんっとに人間くさいキャラばっかりなので読んでて面白いんだろなーと思いました!!
水城さんのコミックスの面白さを教えてくれたモカモさんに感謝感謝です☆

ではではお邪魔しましたー!!

お返事です 

>ゆいなさん
おいでませ♪
コメント有り難うございま~す!

>新刊が出ると知って、読みましたよ私も!
>そして必ずモカモさんが記事にされるだろうと楽しみにしておりましたvv(爆)

>おおっ!?読んでましたか、ゆいなさんも!
しかも私ごときの記事を楽しみにしていてくれたなんて・・・。グフフ(キモイ)。
それはお待たせ致しました。こんな拙い記事で良ければ、どうぞ ( ^_)=旦~~~~

>帯のうたい文句にとまどいました(^^;)
>お陰で買うのにめっちゃ時間がかかった…(笑)

>うはは!確かに!?作品の内容を的確に捉えた台詞なんですが、如何せんストレート過ぎますよねぇ(苦笑)。
私は現在実家にいます。先日、購入した漫画を自分の部屋にそのままポンと置いておいたんですが、どうやら母がこの漫画の表紙を見た可能性があるんですよねぇ・・・。水城さんの絵自体はとっても雰囲気あるし上品な感じの表紙だったんで、まあいっか!と思っていたんですが、後になって帯の存在を思い出し、そしてその一文を見て非常に焦りました・・・。
ちなみに母からはまだ何も言われていません・・・(;´д` )。

>水城さんのコミックスに出てくるキャラは、変な表現だけど、ほんっとに人間くさいキャラばっかりなので読んでて面白いんだろなーと思いました!!
>確かに!今の漫画って、良くも悪くも記号化されたようなキャラが多いような気がするんですよねぇ・・・。所謂、萌え文化の影響なんでしょうかねぇ。
なので、水城さんのように実際にいてもおかしくないキャラを描ける人っていうのは本当貴重ですよね!

ではでは!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mosimo1100.blog23.fc2.com/tb.php/202-47d1af82

「窮鼠はチーズの夢を見る」/水城せとな 

さきほどブログをチェックしたら英語で一言コメントがたくさん入っててびっくり。スパムと認識し、消去させていただきました。もし本気のコメントでしたらばどこが「Good」なのか仰って頂かないと…wさて、この一冊は記念すべき一冊です。なぜかって言うと、バイト先ではじ
 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。