腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
  • 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03
10
(Fri)
どうもストレスが溜まりに溜まっていたのか、一時期あり得ないくらい散財していました。
え?今もだって?
ええ、そうですよ?それが何か?(シレッ)

ウソウソ。
私もね少しは自重しないとな、と思いつつストレスが溜まるとついついBLCDに手が伸びてしまうんです・・・。そしてBLCDを聴いては声優さんの美声とナイス演技に酔いしれ他の作品が欲しくなる・・・。
おお!なんて恐ろしい悪循環。無限ループだわ。
そんな誘惑に負けてうっかり買ってしまった1枚。
うっかりキャスト買いです。(あーあ・・・)

ルボー・サウンドコレクション ドラマCD 最果ての君へルボー・サウンドコレクション ドラマCD 最果ての君へ
イメージ・アルバム 岸尾大輔 鳥海浩輔

ジェネオン エンタテインメント 2006-01-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

傲慢なだけのこの束縛を、愛情なのかとカン違いしてたんだ、俺は―――。
 両親をなくした陵は、兄と共に尊堂家に引き取られ、跡取りの晄人と淡い恋心をはぐくみながら、幸せな日々を過ごしていた。真実を知るあの日までは…。幼馴染みに抱く淡い恋心。二人のささやかであたたかな関係が、とある事件を境に劇的に変化してしまい…。
 身体でしか繋ぎとめられない、運命の恋。


出演声優
汐未陵:岸尾大輔
尊堂晄人:鳥海浩輔
汐未雅也:神谷浩史
西賀優司:遊佐浩二
尊堂京一郎:松山鷹志

上記しましたように、うっかりキャスト買いですから当然原作は未読です。
一応ネット上で評判を見て回ったんですが、どうやらみなみ遥さんの作品の中では一番人気があって切ない話らしいです。
みなみさんの漫画自体読んだことがないもんですから作品がどの程度の出来だとか切なさだとか分からなかったんですが、とりあえず人気な作品だし、切ないの大好物なんで購入に踏み切ってみました!
それにキャストがすっごく好みだったし(笑)。

んで、感想なんですけれども・・・。
一言で申しまして、
昼メロドラマでした。以上!

イヤイヤ、他に言いようがないくらい昼メロだったんですよ。
そんなこと言ったらBLの9割は昼メロだ!と言われても仕方ないんですけれども、何と言ったら良いのかイメージとしての昼メロ!ってこういう感じだよなぁ、と思うような展開なんです。

決して面白くないわけではないのですが、繰り広げられる展開がことごとくすり切れるほど使い古されたようなものばかりなんです。
それが聴いてて安心に繋がるっちゃあ繋がるんですがね。どうにも印象が薄味な気がするんですね。特に前半。手厳しいようですが前半までの展開は掃いて捨てる程どこにでもあるような展開。

それとこれはいつも思うことなんですけれども、平成の現代が舞台で主従とか支配する側とされる側とかの関係性をを成立させるのは結構難しいと思うんです。別にBLのお約束としてあまり突っ込まないでいても良いんですし、“お約束”が悪いとは思いませんが、出来れば読んでる側、聴いている側をある程度納得させられるような理由が欲しいな、といつも思うんですよねぇ。もう一捻り欲しいなぁ、と。

まあでも、後半陵が尊堂家を出た展開は「おっ!」と思わせるものでしたがね。
隠されていた真実を知って、傷つきながらも強く成長した陵はなかなか良い男ですね!
晄人も最初は子供じみた独善的な優しさしや、分かりづらい優しさしか無かったのに対し後半はチョットずつ成長していましたしね。

でも、お兄ちゃんの雅也はあんまりにも儚すぎると思う。
いくら弟との生活のために自分の身を長いこと捧げてきて、それを絶対に知られたくない弟に知られたからっていって、あれはあんまりにもな選択だと思った。あんた本当に弟のこと考えたか?と説教してやりたいね。ま、それが彼の魅力なんでしょうけどね。
でも私、絶対雅也は最後には西賀とくっ付くんだ!遊佐さんと神谷さんの絡みのシーンが聞けるんだ!!と確信していたんですが、そんなことも無かったですね。うぬぅ、私の読みが浅かったか・・・。

陵は結構可愛い目な感じだったかなぁ?ブリブリってしてる訳じゃないんだけど、私的な好みとしてはもそっと低めの声でも良かったかなぁ?モノローグは結構低めだったし。岸尾さんの低音でのモノローグは淡々としていてもヒシヒシと伝わってくるものがあるので結構好きなんですよねぇ。
晄人は、何と言いますか鳥さんお得意の、多少俺様でぶっきらぼうだけど実は優しさを持っているタイプの役でしたね。こういう表面では多少口が悪かったりして大事なことはなかなか語ろうとしない天の邪鬼な感じの攻めって、鳥さんはビックリするぐらいハマりますねぇ。
大人ぶってても子供っぽい部分が見え隠れする感じがとても上手いです!
そうそう、絡みのシーンも割と良い感じでした。やはり付きあいの長い人同士だと息が合うんでしょうかね?まあ、二人ともBL経験値非常に高めですしね(笑)?
でもこの話は余りエロに比重は置かれていないので期待はしない方が良いかと。

優しく、献身的というよりは犠牲心の強い兄、雅也役の神谷さん!
あんまり出てこなかったんですが、優しいお兄ちゃん!っていう感じがしました。
んで、にも書きましたが何故か私神谷さんは最終的に遊佐さんの西賀とくっ付くんだ!と確信していまして、最後まで色っぽい関係にならなかったのに非常にガッカリしました(笑)。
んでも、微かに松山さんとの絡みがあるんですが非常に色っぽかったです(*^_^*)
そして遊佐さん!脇役なんですが、全てを知っている立ち位置なので結構出ずっぱりだし、結構喋ってます。優しい大人な感じでしたよ。

このメンバーですからフリートーク非常に楽しみにしていたんですが、結構短かった:-)
せっかくダイサク氏と鳥さんと遊佐さんと神谷さんという、素晴らしくハッチャケメンバーが揃ってるのにぃ!!(>_<)
どうせならフリトだけ別のCDにして30分くらい喋ってもらえば良かったのにぃ!
ぶっちゃけフリトが一番楽しみだったんでチョピッと残念でした。
ウソです。
非常に残念でした(T_T)

散々言ってきましたが、ダイサク氏と鳥さんと遊佐さんは沢山喋ってるんでファンの方は興味あるなら聴いてみては如何でしょうか?
まあ、本当に面白くない訳じゃない!っていう感じです。(あれ?フォローになってない・・・)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mosimo1100.blog23.fc2.com/tb.php/190-9bf1f617

 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。