腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02
28
(Tue)
よしながふみな日、その2。

第二弾は『フラワー*オブ*ライフ』でっす!
20060206213958.jpg

注文してからそんなに日が経っていない気がするんですが、意外と早かったですね。
予約したのでちゃ~んと初回特典のショートストーリーCDもゲットです!!

キャストは以前もお知らせしたとおり。

花園春太郎@関智一
三国翔太@福山潤
真島海@津田健次郎
武田隅子@桑島法子
斉藤滋@野島健児
小柳先生@藤原啓治
辻@うえだゆうじ
花園さくら@山田美穂
山根@浅川悠
相沢@早水リサ
磯西@又吉愛
尾崎@高橋圭一

ナレーション/松本保典


『大奥』もでしたけれど、コチラもまた豪華メンバーでっす。
本編に収録されているのは春太郎が転校して来て漫研に入り、滋の不倫を目撃!&真島と便宜上仲直り、ってな辺りまで。と、文化祭エピソードです。

話の焦点は基本的にずっと春太郎に当たっているので、原作にあった脇役の生徒達のちょっとしたやり取りや、思いに馳せるシーンは殆どカット。あと、滋と小柳の不倫現場を目撃した時、原作では春太郎たちはそのまま帰るんですが、CDではそのまま現場に突入してしまいます。
だから小柳が教師として以外に優秀だったり子煩悩だったりするシーンもカットされてたのがちょっと不満かなぁ?あの辺の件があるから滋との不倫関係が、こうなんとも座りの悪い感じに仕上がってくるし小柳の男としてなんかダメな部分とか愛人の倦怠期も出てくるのになぁ。

と、思いつつも基本的にはあの原作を良くまあまとめたなぁ、と感心感心。
よしなが作品の良いなぁと思うところは、本筋を追う登場人物意外に視点がパッパッと、切り替えされていく事によってこのときのこの人はどんな事を考えていたとか、この人から主役はどう見えているんだろうか、とか視点が多角的になることによって物語りに奥行きが生まれる所なんですよねぇ。
その辺をほんの少し残しつつバッサリカットされたのは残念ですけど、基本が面白いので全然OK!
そうそう、文化祭エピソードに行く前に武田さんの漫画を皆で回覧するっていう話があったんですけれども、武田さんが漫研に入るまでに至る真島とのあれやこれ(と、書くとなんか恋の鞘当的なことがあったみたいですね/笑)は全部カットでした。まあ、文化祭がメインエピソードみたいなもんなんで良いですけれどもね?

キャスティングは皆さんハマってましたねぇ!
春太郎の関さんは、聴く前は割と無難なところかなぁ?と思ってたんですけれども聴いてみたらあらビックリ!?春太郎でした。まんま春太郎でしたね!と、いうか春太郎は関さんしかいねぇな!と思える位。
本当、この人は何でもハマりますよねぇ!流石だなぁって思う。若い頃からず~っと第一線で活躍してるだけあるよ。(゜ー゜)(。_。)(゜-゜)(。_。) ウンウン

じゅんじゅんの翔太はアフレコレポに声で“ぽっちゃり感”を出すのが難しかった、と言ってたんですけれども、コチラも結構ハマってました。
翔太は“ぽっちゃり”というよりはぬいぐるみみたいな愛くるしい感じがよく出ていて、それでいて控えめな内気な所も上手い事いっていたと思います。でも、基本的に翔太は外から見ているタイプの人間なので、特典CDではあまり見せ場は無かったかなぁ?じゅんじゅん好きとしてはその辺がチョビッと残念。

真島役のツンチョと武田さん役の桑島さんは予想通り良くハマってました♪
特に文化祭の演劇が良かったね(^▽^笑)
あの、暑苦しい演技がスッゴク、スッゴク良かった!!実際役者さんたちは演技をしている演技をするわけですから大変ですよねぇ。
真島のプライスレスな贈り物のシーンは
「ツンチョ楽しんでるなぁ」
と思えるような演技でした(笑)。
武田さんの「ふにゃ○ン」発言も予想通り素晴らしかったです
真島も武田さんも、春太郎の関さん同様ツンチョと桑島さんしかいないな!と思わせるハマりっぷりでした。

大人組の小柳と滋もハマってましたよー!
特に滋!!滋にノジケンをキャスティングした人はもうですね。
「ウワァッ!?滋だっ!!」
ってなります。聴くと。どっからどう聴いても、オカマの教師にしか聞こえない!!
小柳先生の藤原さんも良い感じに小柳のダメさ感が出ていて良かったです(笑)。
そうそう、小柳と滋が放課後の職員室でイチャコラしているシーンがありますよね?
あのシーンは一応男×女のシーンなんですけれども聴いているとどうしたって男×男なんですわ。でもなんか、流石ノジケン!とか思ってしまいますた(笑)。

脇の生徒役の人たちも実力派揃いというか、器用な人たちが揃ってましたね。
辻にうえだゆうじを持ってきたのも豪華&ナイスキャスティングですね。
ああいうにぎやかし的な脇役もうえださん上手いですよねぇ。
辻もうえださんしか居ないな、って思います。
浅川姐さんに、早水姐さんですし、何より個人的にビックリしたのはまたきち!!
またきちぃ~!!スゲェじゃん!!役付きじゃん!!と背中をバンバン叩きたくなるような気持ちです。
またきちがちゃんと演技してたのを初めて聞いたんですけれども、鼻にかかった様などっか甘えたような感じの声が磯西さんにピッタリだなぁ、って思いました(笑)。

特典のショートストーリーも良い出来でした。
甲子園古墳(笑)。
ここ、同時進行で滋の誕生日話もあるんですけれどもそこもカット(。>_<。)
でもやっぱり十分面白いです。ただ、やっぱりフリートークが欲しかった!!
フリートークがダメでもキャストコメントが欲しかった!!

ちなみにこのCDは新書館の通販サイトでしか購入できません。
まだ初回版が残ってるかもしれませんので、興味ある方はコチラから。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mosimo1100.blog23.fc2.com/tb.php/182-82276b55

 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。