腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.12
23
(Fri)
えー、ぶっちゃけ全プレのノーカット版フリートークCD目当てで買いました。
映画の「ヤジキタ」も観たことがあったんですけれど、あれも凄かったですね。
そうです、長瀬くんと七之助さんのガチンコキスシーンがあった映画です。
監督がクドカンってのもあったんですけれども、まさに混沌(カオス)
原作も結構混沌(カオス)なんですけれど、一応視覚からの情報があるぶん映像化はイケるだろうと思ってましたが、ドラマCDの話を聞いたときは正直ダメだろうと思ってました。
でもね、あらら?キャスティングが豪華じゃな~い!
諏訪部順一(弥次郎兵衛)・櫻井孝宏(喜多八)
谷山紀章(松平空の守)・皆川純子(奪衣婆)
石田彰(カエル)・中田譲治(岡っぴき)
山本麻里安(旅籠屋のメイド)・福山潤(インタビュアー)
子安武人(バーテン) 他

何々?しかもノーカットのフリートークCDが応募者全員プレゼント?

・・・・買ったろうじゃないか!

というわけでさほど期待もせずに購入したんですが、思っていたより良かったです。

yajikita.jpg


●あらすじ
「オイラ、リアル(現実)が分からねえ」と、虚ろにつぶやくヤク中の恋人・喜多八を、なんとか立ち直らせたい弥次郎兵衛は、「リアルは当地にあり」と書かれたお伊勢参りのチラシに望みを託す。手に手をとってお伊勢さんを目指し江戸を後にするディープに愛し合う2人。が、禁断症状に苦しむ喜多さんを連れての旅は、波乱を呼ぶ事に・・・。

簡潔に感想を言いますと面白かったよ!!
脚本が上手いこと出来ていたのか、音声だけで聴いていても十分楽しめるドラマになってました!!
映画と大筋は変わらないんですが、おそらくチョイスしたエピソードが違うため聴いていて新鮮でした!あ、でもラストにかけてのアーサー王からバーテン辺りのエピソードは同じか。
映画は切ない要素もあったんですが、CDは殆どギャグ。なんか泣かせ系のエピソードもあったんですが十分笑えます。

それとやはり豪華なキャスティングに尽きますね。
喜多さん役の櫻井さんはこれまたテンションの高い演技というか、クスリが切れて禁断症状に陥る時と、普通の時のノホホンとした演技の振り幅が広い、広い(笑)。
普通の時は何か可愛い感じなんですけれど、クスリが切れそうなシーンの喜多さんはチョット色っぽい感じ(笑)。また、櫻井さんの新たな一面を見てしまった気がします。

それから弥次さん役の諏訪部さん。
こう言っちゃぁなんですが、全然諏訪部さんっぽくなかった!
諏訪部さんっていったらセレブ系か外国人系の役が多いんですけれど今回の弥次さんは何というか、うだつが上がらないけれど優しい男前なヘタレ?って感じなんです。顎が青い感じ?(笑)
私自身が声優さんが好きだってのもあるんですけれど、アニメとか見ていてもCDを聴いていてもどんなに集中していても頭のどっかで「アア、この声はあの人だな」って考えるものなんですが、今回の弥次さんに関してはそういうことがなかった。
聴いてるうちに弥次さんが諏訪部さんってことを忘れてくるんですよ。
それくらい役にシックリ馴染んでいるんです!
諏訪部さんってこういう役もできるんだなぁ~!とこれまた新鮮な驚きでした。

そんでもって脇を固めている人々ですよ。
皆さん見せ場?というか、それなりにメインのシーンがあるんですけれど結構チョビットなんですよ。勿体ないというか、贅沢~!と思う。
だって石田さんなんて役名カエルですよ!!
最初見たとき、「エッ?!カエル??カエルってあの蛙?」と思ったんですが、ただ単に名前がカエルという薬売りの役でした。
石田さん出番は本当に最初の序盤と最後のチラッとだけなんですよ!でもインパクトあります。
極悪薬売りで、喜多さんはカエルからクスリを買っているんですがお金がなくなり代金を払えなくなるんです。そんな喜多さんにカエルは「身体で払ってもらおうか」と迫るんですよ!!
エェッ?!石田攻め?!なシーンがほんの少~しあります。
イヤハヤ、何だか焦りましたよ(^^;
それから岡っぴき役の中田さん。
物凄く良い声な岡っぴきなんですが、口調が明らかにヒロシ口調(笑)!
も~!!この人可笑しすぎる!しかもアドリブなんですって!
奪衣婆役の皆川さんなんて「まだまだだね」って言うシーンがあるんですがもろリョーマ!
しかも皆川さん自身が「リョーマなんですけれど?」って言ったら「良いんですよ、リョーマで」とサラッとスタッフに言われたそうです(笑)。
バーテン役の子安さんも何やら企んでいる時の笑い方がクルルだし。
じゅんじゅんにいたって何と!本人役のインタビュアーとして出演!
やったら喋るインタビュアーだなぁと思っていたら「福山潤でした!」って本人かよ!!

まあそんな感じです。面白いです。良い意味でツッコミどころ満載。
むしろノリツッコミって感じです。個人的には満足でしたが、どうせならフリートークはプレゼントではなくCDに入れて欲しかったなぁ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mosimo1100.blog23.fc2.com/tb.php/122-dca3f917

 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。