腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.12
17
(Sat)
最近、少し昔の漫画を読むことにハマっております。萩尾望都や吉田秋生をはじめ文庫落ちした作品などを中心に発掘を繰り返してます。
そんな時、日参しているとあるサイトで管理人さんが久々に読みたいなぁ、とおっしゃっていたことから気になりイーブックオフで注文した漫画です。
それがコチラ。
20051216234711.jpg

一巻の初版が出たのが1992年?!
おおっと!!前世紀ですよ!こりゃ、こりゃ、大分前ですね・・・。
でも、いくら年月が経とうと面白いものはずっと面白いんです!!
脱帽、脱帽。(・_・ヾペペーン マイッタネーコリャ

優等生の桧山真紀が、不良の蔵重雄士に恋の告白をした。
ああ、青春の光と影。高校生活に彩をそえる出来事よ
でもちょっと待った!彼らはどちらもノーマル?な男。
甘酸っぱい恋の季節は訪れることなく、なにやら事件ばかりが・・・。
ふたりの間には、果たして愛が芽生えるか?!


まあね、そりゃ私が目をつけた作品ですから多少アレな感じがする作品なのは否めません!
といってもこの作品は友情?です!多分。きっと・・・。
一言で「HOLD OUT」を言うなら、青春暴走ストーリーミステリ風味。でしょうか?

主人公蔵重は嫌だ嫌だと思いつつもいつも面倒な事件に巻き込まれては命の危機にあったり、貞操の危機(笑)にあったりしてます。ヤンキーのくせにお人好しで、はた迷惑なやつだとしか思っていなかった同級生桧山にも何だか段々情が移ってきたりして。
もうね、見事なまでの巻き込まれっぷりの苦労性な可愛い主人公。
果たして彼に幸せは訪れるのでしょうか?
読んでいる方としては、いっそのこと蔵重は桧山に篭絡されてしまえばいいと思う。
案外それなりに幸せになるかもしれないし。

そんでもってもう一人の主人公、恋する暴走特急(笑)桧山真紀。
彼は一言で言いますと変人です。それに尽きます。
変人な彼の蔵重への純愛っぷりは見ていて笑いを誘います。
本人はいつでも本気の行動をしているんでしょうがどうにもすっ呆けたことばかりやらかす。
けれど一度蔵重のピンチとあらばどんな危険にも飛び込んでいける位、蔵重を愛しちゃってるんです!でも純愛と言いつつも何だか蔵重は桧山の張り巡らした蜘蛛の巣に気が付かないうちに徐々に絡め捕られている気が・・・。巻が進むごとに桧山の手のひらの上で蔵重が転がされている気が・・・。イイゾ、桧山。そのまま突っ走って蔵重を是非落とすんだぞ!!
でも、実は純な蔵重の予想の斜め前を行く行動に桧山の方が転がされてたり・・・。

そんでもって私の心をライフルで打ち抜いたニクイあん畜生が!
それは蔵重父!!ナイスミドル!!
実の息子に対する鬼畜っぷりといい、時折見せる父親の顔といい、素晴らし過ぎます!!
柱でも加藤さんがおっしゃっていましたけど、「作者の寵愛を鼻で笑い飛ばす独裁者」
だそうです・・・。ラブ(〃∇〃)

お話はギャグあり、アクションあり、人情あり、友(愛?)情あり。
どれも上手いこと纏まっております。何じゃそりゃ!というバカバカしいオチもありつつもギャグとシリアスの緩急がきっちりとしているので読んでいて飽きさせません。
私が読んでいて特にオチが面白いな、と思ったのが3巻。
叔母の茶木子が連れてきた少女・千香。彼女は殺された著名な博士の姪であり唯一の肉親であった。ちょっと変わっている彼女と関わったことにより蔵重&桧山はとある陰謀に巻き込まれていく。
ラスト近くに見せる、千香の叔父への想いゆえの行動が涙を誘います。
それと、それまでぽやぽやと天然な感じだった千香が見せた意外な一面。
そうか、人の中にはこういう冷酷な部分が潜んでいるんだなと思わせる展開ですね。

残念ながらすでに絶版となっているため読んでみたい方は古本屋か漫喫でどうぞ!
私は文庫化を希望します。

コメント

初めまして 

初めてコメントさせていただきます。
しかも去年の分に・・・すいません。
私も加藤知子さん好きで、ぜひお奨めしたい作品が。
「天上の愛 地上の恋」を読んでみてください!!花とゆめコミックス全11巻+特別編で出てます。(若干BLです)
19世紀末ヨーロッパが舞台で、歴史・宗教・主従ホモが好きなら絶対はまりますよ♪
あと、私も三浦しをんさん・高尾滋さん好きです。
水城せとなさんは、最近でた「窮鼠はチーズの夢を見る」がすごく良かったですよ。(これもBLです)
長々と語ってしまってすいません。

お返事です 

>友紀さん
おいでませ!初めましてコンバンワ。
コメントありがとうございます☆
いつの記事だろうと構いませんよ。
コイツに一言いってやりたい!ってことがあったらお気軽にコメントしてくださいね。

>私も加藤知子さん好きで、ぜひお奨めしたい作品が。
>「天上の愛 地上の恋」を読んでみてください!!

おおぉ!!オススメありがとうございます☆
友紀さんも加藤知子さん好きなんですね。実は、私まだ「HOLD OUT!!」しか読んだことがないんですよねぇ。
でも「天上の愛 地上の恋」は気になっていた作品なので機会があったら読んでみたいと思います!主従ホモ、主従ホモ・・・(ニヤリ)。

>私も三浦しをんさん・高尾滋さん好きです。
>わーい!同士♪(←図々しい)
お二人とも良いですよねぇ。しをんさんはエッセイがきっかけで最近色んな所でお名前を見かけるようになりましたねぇ。これからもお二人が益々活躍しますように。゜(-m-)パンパン

>水城せとなさんは、最近でた「窮鼠はチーズの夢を見る」がすごく良かったですよ。(これもBLです)
>わーっ!!水城さんの新刊読みたいと思ってたんですよ!でも本屋探してもなかなか見つからなくて・・・。
良かったんですね?!うぅ、読みたい(ウズウズ)。

長文レスになってしまいスミマセン。
語り歓迎ですので、またお気軽にどうぞ!
ではでは~♪

こんばんわ 

お返事ありがとうございます!!
加藤知子さんの作品は、どれも微妙にBLティストですよ~
ぜひ他の作品も読んでみてください♪
モカモさんとは好みが合いそうです☆
私も、三浦氏&高尾氏の活躍を日々願っております!
水城さんの新刊、すごく人気な様子ですよ~嬉しいな。
ではでは、失礼しました。

お返事です 

>友紀さん
おいでませ!コメントありがとうございます☆

先日古本屋にて「天上の愛地上の恋」を少し読んできました!時間がなかったので1巻の半分くらいまでしか読めなかったんですけれども、時代考証がしっかりしてそうな印象を受けました!
今度腰を据えて立ち読んできたいと思います(笑)!

ではでは♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mosimo1100.blog23.fc2.com/tb.php/113-9d602655

 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。