腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03
31
(Fri)

例えバトン! 

もいっちょ、ゆいなさんから頂きました!
例えバトン!シャレですか?

Q1:自分を色に例えると
みどり色かなぁ?何となく。
多分高校の制服がモスグリーンだったんで刷り込まれてるんですよ!
だので緑!

Q2:自分を動物に例えると
ナマケモノ、かな?もしくはコアラ!
あんまり動かない動物だと思います!

Q3:自分を色々なキャラクターに例えると
キャラクター・・・。私キャラクター物って疎いんですよねぇ・・・。ウーン /(-_-)\
たれパンダとか?たれ具合が・・・。
あ!もしくはこげパン!ヒネてる感じが。

Q4:バトンを回す人を色に例えると
放置!
ちなみにバトンを廻してくださったゆいなさん曰く、
私のイメージはちょい濃い目の赤ですって!
>ブログのテンプレのイメージもあるんだけど、
>いつもあつーいトークをしてくれるから赤ってことでv

ですってー!
ほーほー、赤かぁ・・・。
高校生くらいの頃は赤い服が好きでした・・・。似合わないくせに(ボソッ)
あ!でも一時期持ってるスニーカー殆ど赤色っていう時期があったなぁ・・・。
あつーいトークがご所望ならばドンドコあっついトークかましますよぉ!!
ちなみのちなみに私がイメージするゆいなさんの色は、やはり青ですかねぇ。
ターコイズブルーって感じ!
テンプレのイメージがあるのも確かですが、何となく涼やかな色が似合う人なんじゃないかなぁ?と勝手に妄想してみたり・・・。

ゆいなさん、バトン有り難うございましたー!
怠け者の私ですが、これに懲りずにまた廻してやってください!
スポンサーサイト
2006.03
31
(Fri)

どっちバトン! 

張り切って、答えまーす!
とか言っておいてバトンに答えていなかった馬鹿がココにおります。
スイマセン!本っ当!!スイマセンm(_ _;;m
なので今更ですがコッソリ答えておこうと思います。

GATES OF HEAVENゆいなさんから廻して頂きました。
題して
どっちバトン!!

Q1:性別は?
おこがましくも、乙女でございます。ま、ヲトメですけれどね。┐( ̄ー ̄)┌ 

Q2:朝はめざまし派?ズームイン派?
どっちかつったらめざましテレビですが、向こう(京都)に帰ったら、
「おはよう朝日です」を見ます。面白いですよ~、おは朝。
関西の方は分かりますよね!

Q3:フィッシュorビーフ?
ビーフorポーク?ではなく?(笑)←これが分かる人は鳥さんファン!かな?
ではフィッシュで!フィッシュフライが結構好きv
でも一番好きなのは鶏肉かなぁ?

Q4:和風or洋風、すきなのは?
どうも二十歳越えてから味付けが薄い方が好みなので、和風!(老人か?!)
自分で作る時は洋食味の方が楽なんですけれどねぇ。ハッキリしてて。

Q5:ご飯派?パン派?
断然ご飯!!ご飯大好きー!ヘ(*^0^*)ノ
でもたまに無性にパンが食べたくなります。

Q6:“まなかな”どっちがすき?
区別が付きません!!確か黒子がある方がどっちかなんですよね?(←うろ覚え)
でもどっちも可愛いですよねー!私小学生の頃に双子に憧れてました!
でも今考えると、私みたいな人間がもう一人いたらさぞ地球に優しくないだろうな。

Q7:S? M?(爆
、かなぁ?
構ってもらえると嬉しいけど、あまり構われるとイラっとするし、人が焦ってテンパってる姿を見るとどうにも愉快になってくるので、恐らく

Q8:かわいい系orかっこいい系、女ではどっちがすき?
どちらも素敵ですが、やはりかっこいい女性は憧れますね
私には到底無理です。どっちも

Q9:じゃあ男では?
普通にカッコイイ男性が好きだとは思いますが、可愛い気のある男性はとても素敵だと思います。というか、女性は格好良い!男性は可愛い!っていうのが魅力的だと思います。あ!もちろん中身ですよ。中身。

Q10:次に回すヒト5人。かわいいorかっこいいの印象付きで。
放置!で。
ちなみにこのバトンを廻してくれたゆいなさんは私ごときのことを
>かっこいい!
>かわいいというよりはかっこいい印象があります。
>絶対姉御肌だと思うんです! ついていきますーっ!!!

と、言ってくれました!なんて良い人!! ・゜゜・(/。\)・゜゜・.
私くらい子分肌の人間はいないのに!!
しかもカッコイイって!?まあ、逆立ちしたってかわいくはなれませんが・・・。

ちなみにゆいなさんはかわいいヒトだと思います!
ブログを見ていていつも思うのですが、非常にかわい気のある文章を書く方だなぁと思いますし。実際、行動も可愛らしいですしね♪
だって諏訪部さんに影響されて99%カカオ買っちゃうヒトですよ!
なんて可愛らしいんでしょう・・・!!

えー、お待たせしてスミマセンでした。ゆいなさん。
こっそりUPしておきます。コソコソ。
2006.03
31
(Fri)

春 新 番 

いわゆる改編期と呼ばれるこの時期。ドラマやバラエティ番組に限らずアニメもまた然り。
ドンドコ番組が終わり、早い所では4/1から新番組がドンドコ始まります。
まあ、ご存知の通り私はヲタクでございます。腐女子でございます。
なのでアニメの新番組はチェックを欠かせません。
特に、改編期は注目作が大量に投入されますしね!

私は現在京都府にある大学に通っているため、京都府の外れの方に下宿しております。
関西と関東では早朝やゴールデンタイム以外のアニメでは、早くて数日最大一週間程度、放送にタイムラグがあります。
ですから、実家にいる間に向こうで始まってしまうアニメの放送をこっちでチェックしなければなりません。実家(関東)でカバーできる番組はカバーしたいので今まで番組表を見ながら照らし合わせていたんですが、これが結構ありますねぇ。

勢いのある面白い作品や、エピソードが1話完結の作品なら、1,2話見ただけで自分が面白く視聴できるかどうか判断が付くんですが、深夜枠のアニメって3話くらい見てみないと自分好みかどうかが、どうにも判断が付きにくいんですよねぇ┐( ̄ー ̄)┌。
それにアニメ雑誌になども特集されなかったりする、全くのノーマークだった作品がとんでもなく面白かったりもしますしね!
今期でいうと『ノエイン』とか『アカギ』とかね!

今期一応チェックしておきたいアニメで、こっち(関東)でカバーする予定の作品は全部で11タイトルありました・・・(^^:
でも殆どUHF系なんですけれどね。
下宿先はテレビ大阪(テレ東系)見られないので、これくらいで済みました。
でもBSが見られてUHF系も見られて地上波全部見られる人って、本気でアニメ番組全部カバーしようとしたら、ダブ録でないと絶対無理ですよねぇ!!
その点、私は最大手のテレ東系が見ることが出来ないという点では、幾分楽なんでしょうけど・・・。全然嬉しくないし(;´д` )トホホ。

ちなみに、今期で注目しているのは
『NANA』
『XXXHOLiC』
『ひぐらしのなく頃に』
『夢使い』
『ガラスの艦隊』
でしょうか。
一応『ホスト部』も見てみようとは思いますが、キャストが殆ど総入れ替えなのは本当に残念です。ドラマCDのキャストのままだったら声だけ聴くために見ようかと思ってたくらい豪華だったのに・・・。
ま、あのキャストを毎週集めろっていう方が無理かもしれませんが。

NANA』や『ホリック』などのビッグタイトル以外だと、『ひぐらし~』と『ガラスの艦隊』が個人的に注目です!
特に『ガラスの艦隊』は制作がGONZOだし、あらすじだけ読んだんですが硬派そうな感じで良いですね。なんか銀英伝っぽい?キャラデザもあっさり風味でいて華がありますし。そして仄かにホモの匂いがしてきます(笑)←台無し!
キャストも豪華だし!ツンチョ(津田健次郎)が主役で石田さんが悪役!!
なんかもうそれだけで・・・!!

非常に残念なのは『プリンセス・プリンセス』がテレビ朝日のみでしか放送しないこと。
何でじゃー!!(ノ`m´)ノ ~┻━┻ (/o\) お父さんやめてー
何故にABCでやらないんだ!?せめてABCでも放送すべきだろう?!
じゅんじゅんが主役だし、鳥さんも寺島くんも出るしノジケンだって準レギュ?っぽいから楽しみにしてたのにぃ!!(T△T) アウアウ~
いぬかみっ!」もましてや「学園ヘヴン」も見ることが出来ないので、今期じゅんじゅんの声が聴けるのは「ホリック」だけかぁ・・・。

そういえば『学園ヘヴン』目当てでAT-X加入した人ってどれくらいいるのかなぁ?
2006.03
30
(Thu)

BL学園放送部!! 

そういえば!?
と、思い出し今日の真夜中に行ってみたら放送始まってました!
学園ヘヴンインターネットラジオ
BL学園放送部『ベル☆ラジ』


いやぁ~、とうとう始まりましたねぇ、ヘヴンラジオ
ヘヴンがアニメ化っつうことで、連動企画の一つとしてラジオが開始されたんですが、じゅんじゅんの一人メインパーソナリティ!っていうことで、ちゃんとゲストの方達と有意義なトークできるのか?!と弱冠心配していたのですが、初回はじゅんじゅんの一人喋りでした。
なら大丈夫!!
あの子一人なら、放っておけば勝手にドンドン喋るでしょうから(笑)。
つうわけで、前哨戦的な第一回目の放送が配信中です!

じゅんじゅんはどうやら収録した日の頃胃をちょっと悪くしたらしいです。
胃に悪い菌、ってもしかしてヘリコバクターピロリ菌?!
ちょ、ちょっ(°口°;) !!気を付けてよねー・・・。
確かピロリ菌って消化器系の色んな病気の原因の一つだったよね?
胃潰瘍とか胃炎とか・・・。忙しいんだから身体には本当に気を付けてください!

ヘヴンでトーク。というヘヴン語りのコーナー。
いかにも促販っぽいコーナーだ(笑)。
私はPS2版ヘヴンをやったこと無いんですが、通常のゲームと比べても、かなりの量のボイスがあるんですねぇ!
つうか、台本1000枚って?!凄い量だな!!(゜ロ゜) ヒョオォォ!
しかも収録に31日掛かったって?!
じゅんじゅん本当にお疲れさまです・・・。
でも、最初それぞれの相手役の方と一緒に収録って、ゲームではかなり珍しいですね。
それだけsprayさんがヘヴンに掛ける意気込みとかこだわりとか思い入れが強い作品なんですね!だからこれだけ支持されたんですかねぇ?

台詞を言ってもらう、っていうコーナー。
なんか、改めてじゅんじゅんの啓太を聴いたんですが、好いですねvv
スッゴイ可愛い(*^m^*) ムフッ
特に「笑いは心のビタミン~」っていう台詞の時が特に可愛い!!
あ~も~!!(*`∇´*)v (ゴロゴロゴロゴロゴロ)
私も何か送ろうかなぁ?でも思いつかない・・・。

じゅんじゅん曰く15分くらいの番組といってましたが、終わってみたら放送時間約25分。
喋りすぎ(笑)?
でも楽しいトークを長いこと聴けるのは個人的に嬉しいです!!
次の更新からゲストが来るらしいんですが、ゲストが来たら50分くらい喋っちゃおうぜ!
アニメの放送は1クールだから、DVDの販売時期も考えて二週間に一度の更新って事は主要キャラ一回りしたらお終いなのかなぁ?
アニメが見られない分、出来れば長いこと放送して欲しいです!!

次誰ゲストかなぁ??
決まってないんじゃなくて秘密らしいけど(笑)。
主要キャラの順番でいったら丹羽のコニタンか西園寺の神谷さんか、和希の櫻井さん辺りかなぁ?とは思うんだけど?いきなり三木シンは来ないよねぇ?っていうか一人ずつ来るっていうわけでもないのか?そう言えば私、三木さんのラジオトークって一回しか聴いたことないや?!どんな喋りするのかなぁ??
個人的には櫻井さんと、オッキーがゲストの時が楽しみです!

何はともあれ楽しみ~♪♪なラジオが増えて、良きかな、良きかな。
2006.03
29
(Wed)
以前からず~っと気になっていて、コメントでも「面白い!」とオススメして頂いた作品。
ようやっと読めました!!
水城さんのBLはほぼ初体験に近いのでウキウキ♪ワクワクでございます!
年下攻めのヘタレ受け!っていうので既に顔が邪悪な笑みで一杯です(笑)!
さてさて、今回はどんな後味の悪い(褒めてます)話をよませてくれるのでしょうか!?
窮鼠はチーズの夢を見る
水城 せとな
小学館クリエイティブ (2006.1)
通常24時間以内に発送します。

優柔不断な性格が災いして不倫という「過ち」を繰り返してきた恭一。ある日彼の前に妻から依頼された浮気調査員として現れたのは、卒業以来会うことのなかった大学の後輩・今ヶ瀬だった。ところが、不倫の事実を妻に伝えないことの代償として今ヶ瀬が突きつけてきた要求は、「貴方のカラダと引き換えに」という信じられないもので…。
くるおしいほどに切ない男と男のアダルト・ラブストーリー。

感想の前に一つビックリ!
これってレディコミに連載してたんですね・・・。
続きを読む »
2006.03
28
(Tue)

いよっしゃあぁぁぁぁぁ!! 

本日更新のネットラジオ『週刊アニたま金曜日(再)』
プロ野球のシーズンが始まってしまうためアニ金は今回が最終回。
先週はラジリスクが最終回を向かえてしまったため、
これで4月からは鳥さんの声が聞ける機会がグッと減ってしまいます・・・。
『アニ金』も『ラジリスク』もアニラジとしてだけではなく普通にラジオ番組として非常に面白かったので、残念なことこの上ないです。

と、寂しく思いながら『アニ金』を聴いていたら・・・、
な、なんと!?

『アニ金』続投決定~!!

イヤッタァァァ~!!!
:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:


音泉の偉い人!ラジオ関西の偉い人!集英社の偉い人!
あ(^○^)り(^。^)が(^∇^)と(^O^)う(^ー^)ノ☆
 

正確には放送する曜日が変わり、時間帯も変わり、番組名も変わります。
その名も!
週刊アニたま日曜日』!!
まんま!まんまですから!?これからはアニ日?アニち?
というわけで日曜夜11時~12時というアニラジゴールデンタイムに参戦です!
もちろん「音泉」での再放送配信もあります!放送開始は4月2日から!!

嬉しいよぉ~♪
鳥さんのトークがまた毎週聞けるんだぜい!?
嬉しい!嬉しい!ワーイ\(◇^\)(/^◇)/ワーイ
私鳥さんのラジオトーク大好きなんですよねぇ。
今週の放送でも、岩崎さんの日活ロマンポルノに関する発言に顔を押さえて笑っていて、それでも漏れ聞こえてくる笑い声に一瞬キュンvとしてしまいましたし(笑)。
もちろんまたきちの感じ読み間違えや、やまけんさんのヲタトークも楽しいでっす!
「クラ学」もどうやら続投で正直微妙な心境だったんですが、コチラは純粋に嬉しいです!

後はもう!願わくば、『ラジリスク』の再放送を!
お願いします!!音泉の偉い人!GONZOの偉い人!!
2006.03
27
(Mon)
どうも!
何だか更新が滞り気味ですね!(←他人事)
ここんとこ数日のアクセス解析を見てみると、圧倒的に
『怪~ayakashi~』
を求めていらっしゃる方が多いんですわ。

なんだか需要と供給がかみ合って無くてちょっと申し訳なくなってきました(^^;
申し訳ないついでに、タイトル見れば分かるでしょうが今回も別の記事です。
OVA カレイドスター Legend of phoenix~レイラ・ハミルトン物語~(通常版)OVA カレイドスター Legend of phoenix~レイラ・ハミルトン物語~(通常版)
佐藤順一 広橋涼 大原さやか

ビクターエンタテインメント 2006-01-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む »
2006.03
24
(Fri)

悩 む ぜ・・・ 

さきほど寺島くんのサイトにお邪魔しまして日記を拝見したら、
寺島くん初受け作品の
奴隷シリーズ』(凄いシリーズ名だな・・・)
の第一巻が発売と書いてありました・・・。
きみはかわいい僕の奴隷〓
南原 兼著
小学館 (2001.12)
通常2-3日以内に発送します。

ドラマCD きみはかわいい僕の奴隷ドラマCD きみはかわいい僕の奴隷
イメージ・アルバム

ジェネオン エンタテインメント 2006-03-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コチラにアフレコインタビューがあります。
アフレコインタビューを読むと最近気になる小野大輔さんもご出演ということ!?
しかも後々は受ける予定?!
そして小野さん曰く、寺島くんの受け演技が初めてとは思えないらしいって?!
う~ん・・・。
ますます気になるぜ・・・。

分かり切っていたことですが、インタビューを読むとやはりというかなんというか、非常に濡れ場シーンが多いようですね・・・。
私、南原さんの作品って読んだことも聞いたことも無いんですよねぇ・・・。
噂に名高い南原作品。
BLを愛好していく上ではやはり避けては通れないのでしょうか・・・?
個人的に、BLを読む上でも聞く上でも私はストーリー重視な方なので(イヤ、といっても濡れ場シーンは有るにこしたことないんですけれどもね/笑)濡れ場ばっかりっていうBLはあんまり好きくないんですけれどもね・・・。

うわぁーーーー!?
でも気になるぅーーーー!!(ゴロゴロゴロゴロゴロ)
でも正規の値段で買うのはちょっとなぁ・・・。
誰か購入予定の方、聞いたら感想教えてください!!
むしろ私の背中を上手いこと押してください!!(え?)
う~ん、う~ん・・・。

そういえば、最近売れている男性声優さんって殆どの方がBL経験していますね。
BLに出演せずに売れっ子になった方って少ないですよねぇ・・・?少なくとも今現在活躍されている20代中盤~30代の男性声優さんでBLを経験していない方の方が少ないんじゃないかなぁ・・・?そんな気がする。
森田さん、杉山紀彰さん、浪川さん、ツンチョ、松風兄やん、高橋直純さん、木内さん、喜安さんとかかな?BL経験してないのは。豊永くんとか入野くんも結構売れっ子だけどまだまだ若いしねぇ・・・。なんかそういうお仕事が行ったら可哀相みたいな気分になる(^^;
劇団出身の方や、声優一本でやってきたという訳ではない方は、やっぱりBLとかのお仕事は受けないんですかねぇ?事務所的にイメージがあるとか?
何を持って売れっ子というのか難しい所ですが、それくらい今現在売れている方でBL経験者は多いということですかねぇ?別に上記の方々に是が非でもBLに出演して欲しいということではないんですけれどね?

願わくば、BL出演で演技の幅が広がっていれば良いのですがね。
寺島くんもBLに出たことで何か学ぶ所があれば良いのですがね。(偉そうだなオイ)
2006.03
22
(Wed)
最近、以前から評判を聞き付け、
ちょこっと気になっていたアニメを借りてきては見ているのですが。
これがまた面白い!

それは『カレイドスター』
カレイドスターすごいステージ 幻の大技編

エムディエヌコーポレーション (2004.1)
通常1-3週間以内に発送します。

STORY
「カレイドステージ」。
それはサーカスでもない、ミュージカルでもない、マジックでもない世界的に大人気のエンターテイメントショウ。主人公・苗木野そらは16歳の女の子。幼い頃、今は亡き両親と観た想い出の「カレイドステージ」に憧れて、たった1人、オーディションを受けるため義父母の反対を押し切り日本から単身アメリカへやってきた。
オーディションに遅刻しながらも特例として入団を認められはしたが周囲の風当たりは冷たい。そんな中、そらは持ち前の、決して諦めない根性と天性の<華>、そして仲間達との友情と確執の中で、ステージの花形《カレイドスター》を目指してあらゆる試練を乗り越えていく。
可憐に美しく、もっと高くはばたきたい!!
汗と涙の美少女青春サクセスストーリー!!

                              公式サイトより。
続きを読む »
2006.03
19
(Sun)
もうすぐ4月ですね。
また、一年が始まるのかと思うと憂鬱7割楽しみ3割って感じです。
小学生や中学生の頃は学年が変わる時に心配なことといったらクラス替えくらいだったんですけれども、今思うとその程度で胃を痛めていた自分が懐かしくも羨ましいです。
あー、やだやだ。年は取りたくないもんだ。
って、まだまだ二十代駆け出しの小娘が何生意気言ってんだ!?って感じですね(苦笑)。

さてそんな一喜一憂な4月ですが最近、発売が待ち遠しいドラマCDがございます。
それは、
『キヨショー』!
あらすじ
不景気にも負けない清水商事にてごく普通の社会生活を送っていたメンバー。
地味ながらも幸せな生活を送っていた彼らに突如下されるワンマン社長からの命令。
「1年間でBLCDを作れ!」
全く縁のなかった世界観とその仕事に戸惑うメンバー。
そして明かされる一人の男の衝撃の告白!
いくつもの困難を乗り越え、彼らは義務を全うすることが出来るのか?!
乙女の夢承ります!
疾走リーマンコメディドラマCD!


アニメイト独占販売のオリジナルドラマCDなんですけれども面白そうなんですよねー♪
BLCDの制作を舞台にしたドラマっていうのも新しいですよねぇ。
物凄く、重箱の隅っこだなぁって思います(笑)。
イラストがねぎしきょうこさんなのも結構ツボです。
好きなんですよねぇ、ねぎしさん。上手いですよねぇ!
サラっとしていながらも華があるし、男性はカッコ良くも可愛いし、女性も可愛くもカッコイイし!ギャグな絵もイケるし、人物のかき分けがしっかり出来てるし、振り幅広いですよねぇ。
キャラ紹介の絵を見てるだけでグフフ(笑)ってなります。

そうそう、出演陣も豪華なんですよぉー!?
取りあえず私のハートに突き刺さったのは
じゅんじゅん寺島くんよっちん石田さん
じゅんじゅんが出演な上に、個人的に注目の新人寺島くんもいるんですよぉ?!
うおー!?ガンバレー!寺島くん!!
それと石田さんが凄いです!人間の役じゃないんですよ?!
ニワトリですよ?ニワトリ!!どんな役だよっ?!
の方々以外にも
賢雄さん、うえださん、小杉さん、長沢さんetc・・・。となんとも豪華、豪華
公式サイトにて出演者の皆さんのコメントも載ってますよぉ!
なんか楽しそうなCDになってるみたいです!(ウズウズ)

『ナデプロ!』もそうですけれど、こういう業界物って人気なんですかねぇ?
そうそう、ナデプロといえば3巻はなんと!
野島兄弟共演!!らしいですねぇ!
3巻のゲストキャラに野島のお兄さま裕史さんがご出演!!
凄い!
コニタンがラジオで言ってた通り野島一家揃い踏みも夢じゃない?かも?
なので、私決めました!
これをきっかけに『ナデプロ!』を購入します!
う~、楽しみだー(^o^)!!

ま、所詮4月の私の楽しみって言ったら8割方ヲタクなことだ、っていうことですよ。
それが何か?
2006.03
18
(Sat)
(有)チェリベ企画原案のOVA。
sin in the rain』がGYAOにて第一話が限定無料配信されていますよー!→コチラ
3月18日正午~3月20日正午までの48時間限定配信なのでまだ見ていない方はお早めに!!

最初は動く漫画?として原案が出されたこの話。
あれやこれやという間にアニメ制作にまで話が飛び火し、
本当にアニメを作っちゃうんだから凄いですよねぇ。
しかもキャスティングが豪華

高見沢恭介…藤原啓治
木村由…豊口めぐみ
神崎潤子…松谷彼哉
隠岐創…中多和宏
漆原哲夫…鳥海浩輔
そのほか櫻井孝宏など、豪華声優陣出演!

上記の方以外にも、ノジケンや鈴木のタッつんに羽多野君も出演してまーす!!
ちなみに櫻井さんとみゆみゆ(松来さん)は本当に脇役のチョイ役で出演してます。

一話を見た限りではOVAなだけあって流石に作画は綺麗です。
お話はまだまだ序盤なので何とも言えませんが、漫画とは違った、もっとミステリー、ミステリーした展開になればいいなー、って思いました。

アニメにすると決まる前から、ダークな話にしようというのが櫻井さんの考えで、アニメ化が決定してからも最近の流行りっぽくないアニメにしようというのが一貫しての方向性だったぽいです。
確かに、まだ漫画原作の段階でも“大谷(グラスマン/笑)紀子”先生を起用したのも、少女漫画でも割とリアル路線の絵柄だったからのようです。

実は私、デラックスマーガレットで連載していた大谷(グラスマン/笑)紀子先生版『sin in the rain』を読んだので結末まで知っているんです。
でもなあ、駆け足での連載だったからなのか、大谷先生ご自身がミステリー系の話を書き慣れていないからなのか、はたまた元々の原案の構成が甘かったのか、どうかは知りませんが読んだ感想としては、微妙~(-_-;)って感じでした(苦笑)。

特にクライマックスでの真犯人の動機。あれが非常に微妙~(-_-;)
んな動機で事件起こされたら由もたまったもんじゃねぇな、って思いますし。
でもそういう一見不条理な動機がこの話のミソなのかも知れませんが、それにしたってもう少し読者が納得するような理由かもしくはそういう描写が必要だろうと思いました。

それから読者(視聴者)をミスリードさせようとしているのは分かるんですが、高見沢の推理というか探偵っぷりが結構ちゃっちいし、読んでいて興ざめすることもしばしば・・・。
アニメではもう少し違った展開があるのかもしれませんが、出来ることなら由だけでなく周りの人物達も掘り下げて、誰が犯人でもおかしくないくらいの展開まで持っていってほしいと思いました!
由の視点だけでなく、隠岐を始めとした警察側の視点での捜査と推理、由を張ってるカメラマンの漆原側の視点と推理とか。そんでもってそのどれもが見ているor読んでいる人が「ウゥーン」と唸るくらいの理由と裏付けをもっていて、浮かび上がってくる犯人が全部違うという展開だとミステリー的には面白そうだと思うんですが?
でも、それだと話がややこしくなっちゃうか。

とは言え、の豪華キャストだし、あまり多くないミステリーなアニメなので注目していきたいと思います!
2006.03
18
(Sat)
見たいアニメが一番早い放送で見られるだなんて、関東地方は素晴らしいですね☆
ノエインに至っては、ちばTVで一回見て、アニマックスでもう一回見て、ネットでも見られるんですよ!どんだけ見るんだ?!っていうツッコミは無しの方向で。

と、いうわけで『化猫』第2話です。
作画が独特のアニメですから、崩れてないかどうかちょっと心配だったんですが、そんなこともなく安心、安心。まあ、こういう短期決戦のアニメですし、スタッフで売ってる感もある作品ですからそこで崩れちゃったら元も子もないんですけれどね。

先週が物の怪の“形”だったので今週は“理”です。
どうやら何故化猫が現れたのかは、当主の兄が猫を使って試し斬りをしていたためのようです。もっと登場人物達の裏側のドロドロを見せてくれるのかと思ったら、意外とあっさりと“理”が判明しましたね。まあ肝心なのは“真”ですからそこで張り切ってドロドロしてくれたらなぁ、と期待(どんな期待だ)。

今週も薬売りは麗しく格好良かったです(*^_^*)
酒と塩を取りに行った時、小田島をからかうシーンがあったんですがあのシーンがなんか好きだな、って思いました。それまでの薬売りはまさしく得体の知れない、どこか超越してしまった感のある神掛かった人物だったんですが、自分のことを悪し様に言う小田島を仕返しでからかう場面は随分人間くさいな、と思いました。
そうそう、小田島って加世のこと絶対好きですよね!でも相手にされてないし(笑)
加世ちゃんは加世ちゃんで薬売りに惚れたっぽいし、でも相手がアレじゃあ恋が叶う見込みはないな!ちょっと安心(なんつって/笑)

あと、今週見てて一番ウワーって思ったのが、半狂乱で襖を開けようとする水江。
あのシーンは凄かった。本当に必死でなりふり構ってない感じが凄く伝わってきた。
カリカリカリって明けようとする所とか凄いなーって思った。

来週はいよいよ“真”が明らかになるわけですな。
水江が言っていた“たまき”っていう人物にどんな事が起こったのか注目ですね!
そういえばやたら4月からの『獣王星』をプッシュしているように思うんですが、
私はコケるに10点で。
小栗君も光一君も好きだけど、その面子だったら実写で撮ってこい、とも思わない。
鋼の映画見てないんで、小栗君が実際どんだけ出来る子なのか分かりませんが、作品自体が重厚でテーマ性が深いんなら余計に本業の声優さんを使うべきでしょう!
パラキスで懲りてないのか??

****************************************

続きましてノエインです。
20話の予告で何だか重そうな話な気はしてましたが、予想以上にキッツイ展開でした。
イヤ、良い意味でね?

アイはともかくとして、イサミとミホの未来の可能性はリアルにありそうで怖い。
ミホみたいな子って、一歩間違うと本当にイジメの対象になりそうなキャラの子だし。
ミホがトイレで水ぶっかけられたっぽいシーンはある意味作画が気合い入ってたと思う。
あと、ベッドの上でボーっと虚空を見つめてるシーン。あそこも気合い入ってた!

イサミも、ああいう風に環境から落ちていく感じがリアルだなぁって思った。
それからフクロウの顔の傷ってああいう風に出来たのかな?
でもあれは可能性の未来の一つだから、そうとは言い切れないのか?
17歳のイサミが声変わりしてて、喜安さんだったことにちょっぴりガッカリしたのはここだけの話です(笑)。えー、だって17歳くらいだったら宮田さんでもイケんじゃね?と思うでしょう?
だけど屋上でのアイとのシーンは凄いなって思った。熱演だ!
良い訳ねぇだろっ!?
お前がサッカーしたいってんなら俺が負ぶってサッカーしてやるよ!!
のシーンはスッゴイ良かった!このシーン見ると、喜安さんかな?って思う。
イサミとフクロウの中間って感じが凄く良くでてた。子供じゃないけど大人じゃない感じ。

あと、アトリがオイシかった!(笑)
ミホを不幸な未来から連れ戻すシーンがオイシ過ぎる!
元の暗黒面のアトリに戻るのか?!それともピュアホワイトなアトリのままなのか?!
非常にハラハラさせてくれた彼ですが、灰色アトリで決定のようです。
悪い人ではないけど、良い人っていう感じでもないアトリ。
喋り方だけは元に戻って格好良さ倍増です。
しかも、妹に似ているらしいミホだけには弱いところがまた・・・!!
でも、このままだとミホを又はみんなを守って死亡って感じで余計に嫌。
死なないでー!アトリー!!(気が早い)

どうも、ハルカを助けるという目的の前に急に仲良くなったカラス&ユウ。
ユウがカラスの言うことに対して、やったら素直で、大人になったなぁって思いました。
私は何気にこの二人が一緒のシーンが好きなんですわ。別にCPとかそういう話じゃないっすよ(笑)?だって二人はほぼ同一人物だし・・・。(なんだかガッカリそうだな、オイ!)

トビは今週も男前。少ししか出てなかったけどね(笑)。
なんだかトビ好きなのが派生して最近白石涼子さんが気になる・・・。
個人的にあの少年声が好きなので、また少年役で何かアニメ出ないかなぁ?

やっぱりというか何というか、ノエイン=ユウ(カラス)でしたね!
今週は中井さん、ノエインにカラスに高校生ユウと三者三様だけど同じ人な感じでお疲れさま!って感じです(笑)。中井さんって寡黙な役が多い気がするけど、ノエインの中では別々のトーンで結構喋ってますね。凄いなぁ。WEBアニメスタイルでのインタビューで監督が
カラス役の中井(和哉)さんは、やっぱり巧いですよね。芝居を聞いて驚く事があります
って言ってたくらいだし!

うぅ~ん、DVD欲しいなぁ・・・。
2006.03
15
(Wed)

今日も今日とて・・・ 

本日は母のお遣いで、地元のデパートにお買い物に行ってきました。
何でも、母が学校の卒業式だとか入学式だとかの式典用に着る礼服のコサージュがボロボロになってしまったとかで、遣いに駆り出されたんです。(あ、ちなみに私の母は小学校の教員でふ)

黒の礼服に似合う、花びら多めで色は淡く、40代の(←なんって厚顔な発言!!)女性が付けても可笑しくないようなデザイン。と、好みは一応聞いといたんですが実際に他人が身につける物を選ぶのって難しいですねぇ・・・(-_-;)
店員さんにも協力して貰って、選んでいったんですが一番迷ったのは色ですねぇ。
淡い色とは聞いてたんですが、ベージュ系と薄いピンク系で非っ常に迷いました。
母の年を考えるとベージュの方が無難だし、多分本人もベージュを選ぶんでしょうけど、私が買いに来たのだからココはあえて冒険をするべきだ!と思ったわけです。別に面倒くさくなったとかじゃないですよ・・・?
なので、結局選んだのは薄いピンクで桜っぽい花がいくつか付いたブーケタイプのコサージュでした。こんな色かな?
もう、知~らない!付けてみたら派手とか言われても知~らない!!(←無責任)

帰りは本屋にてまたまた立ち読みをしてきました♪
本日のお目当ては「小説ウィングス」2006冬号でっす♪
この中の『よしながふみVS三浦しをん 「ホモ漫、そして少女マンガを語りつくす!?」』
を読んで参りました。

いやぁ~、面白かったですよ!
面白い上に何だか凄く啓蒙された気分♪
具体的にどうこう、とは言えないのですが、お二人の少女漫画に対する熱い思いだとか、少女漫画と少年漫画の文法の違いだとか、はたまたBL話からフェミニズムの話にまで発展しておりました!

私は特に何故ボーイズラブを読むのか?というお話が一番興味深かった!
表面的な理由もあるにはあるけれど、これってBL読む女性は誰も好んでは語りたがらない話題ですよね。明確な理由を持っている人もいないでしょうし(私もその一人かと・・・。)それをあえて語るのが、この二人での対談の意義でもあると思います!

それで一番納得したというか腑に落ちた理由が、“女性はみんなそれぞれ社会から抑圧されている理由が違う。だから少女漫画では拾いきれなかった、ザルの目からこぼれ落ちたものから生まれたのがボーイズラブで、またそれを受け止める女性がいる”っていう感じのお話なんですよ。
ああ、これは凄く納得できるなと思いましたね。今はなんだか世間から注目されている感じではありますが、やはりBLっていうのは日向というよりは陰の存在だし、王道から外れた漫画ではありますものね。
例えば白泉社系の漫画は確かに少女漫画の中では(今ではどうだか分かりませんが)アウトサイドな漫画が多いですけど、ボーイズラブはそこからも零れたさらにアウトローな漫画だったんですね!はぁ~、納得!

しをんさんが仰ってたみたいに、私もBL雑誌の編集になりたくなってきた(笑)。
確かにハッピーエンドで終わらないBLも雑誌に一つや二つあっても良いと思う。
元々BLっていうのは裾野の広い分野なんだから、誰かしらそんな話だって受け止めてくれるはずだし、あんまりBLを規格化してもいけないと思う。それこそアウトローの面白味が無くなってしまうし。
そうすると編集者ってのは確かに、読者を啓蒙させる立場だな、とは思いました。

これはBL好きな方、少女漫画好きな方は注目の対談ですよ!
まだ読んでいない方は、季刊なので早めにチェックしといた方がいいかもしれませんよ。
2006.03
14
(Tue)

だから買えよ・・・! 

今日は本屋に行って色々と立ち読んできました

まだ我が家にネット設備がなかった高校時代、田舎の本屋にはなかなか無いようなマンガをよく注文しに行っていた店なんですが、しばらく離れていた間に驚くくらいBL関連のマンガやら雑誌やらの品揃えが良い店になっていました。全く、良い時代になったもんだ・・・(遠い目)。

小手調べにまずは別マから。
新連載の「BLUEブルー」ってやつが割と面白そうな感じでした。好きな人が恋に落ちていくのを眺めている話って切なー・・・。
「ラブ☆コン」がじいちゃん編完結でした。
そんでもってビックリしたのがラブ☆コンがゲーム化するんですって!
キャストはもちろんドラマCDのキャストですよね?
っていうかどういうゲームだ?乙女ゲーとか(笑)?
大谷とか鈴木君とかマイティとか中尾っちとかを落とすのか?
個人的にはリサの弟が良いと思う。
「君に届け」も相変わらず面白かったんですが、これから一波乱ありそうです。
そうそう、ファイブのCDが全サであるみたいでキャストが見開きのチラシに載ってました。主要人物以外にも、脇キャラのキャストも載ってましたよー。よく覚えてないけど・・・。あ!キャストコメントがCDに付くらしいですよ!

肩慣らしを終えた後はBLマンガ雑誌を4~5冊パラパラパラッと読んできました。
drapに載っていたユキムラさんの漫画が一番好きかもー、と思いました。絵的にもサラッとしてるんだけど色気があるし、話も良い感じに切なくて良かったです!
あ!そうそう、ムービックで配信中の「BL探偵」の漫画が載ってましたー!なんか作中のキャラ達が「ヤス」だの「ヨッチン」だの言ってるだけで変な笑いが込み上げてきて、集中して読めませんでした(笑)。

コミックマガジンリンクスには佐々木久美子さんの新連載が載ってましたー!
わーい!佐々木さんは好きな絵師さんなので嬉しいですー
佐々木さんは「月暈」というコミックスを持っているんですが、BLには珍しく時代物、しかも江戸時代物だったのが印象的でしたね。
和服の色気が凄く出ていたんで機会があればまたああいう時代物描いて欲しいですねぇ。
あと、読み切りで載っていた小鳩めばるさんの「ぼくもあいして」が面白かったです!
小鳩さんは隔月化されたDariaの四月号でも「さわって、とかして」という読み切りを描かれていたんですがこれもまた結構面白い!
あまり聞かない名前なので多分新人さんなんだと思うんですが、新人さんにしては絵が抜群に上手いと思います!独特の雰囲気というか、すでに自分の色のようなものを持っている感じです。
なんとなく、高尾滋さんにタッチというか雰囲気が似てるんですよねぇ。
ホワンとしていながら可愛くなりすぎない感じ?というんでしょうか。
話も面白いので一度読んでみてください!リンクスのもダリアのも可愛いお話ですよ。

あ!そうそう。コミックB's-LOGも読みました。
ラブレボの漫画と咎狗の漫画を読みました!
ラブレボはゲーム未プレイなのですが、結構普通に楽しめましたよ。
相変わらず主人公の女の子のデフォルトが凄い(笑)。
咎狗の漫画はリン、ケイスケ、シキ、源泉、nが同時進行って感じでした。
誰のルートを漫画化するのかな?それとも全部総括したような話にするのかなぁ?
ゲームを知ってるだけに今後が気になります。

んで、今回本屋に立ち読みに行った最大の目的!
声優雑誌も勿論立ち読みましたとも!!
ゆいなさんに教えて頂いた、声優アニメディア読んできました!
ポスターっていうかピンナップによっちんじゅんじゅんが!!あ、サイガーも!?下野君も?!宮田さんも!オッキーも?!タッつんもだ!とその他総勢10名弱のピンナップがありました。声優アニメディアは太っ腹ですねぇ。
じゅんじゅんは「プリプリ」のインタビューでした。
結構アップの写真だったんですがじゅんじゅんの肌が綺麗すぎて、素でドキドキしてしまいました(笑)。ウワー、なんだよー、負けてるよー。完敗だよー。(-_-)だってスッゴイつる~んってしてるんですもん!
マイネの記事も有りましたよー。
シュトラール候補生+アイザックに加えて新キャラ。なので総勢9名の集合写真とインタビュー記事が載ってました。櫻井さんはいつも通り?ややゲッソリ(笑)な感じでした。
新キャラってえことはイトケンさんもか?!と探したんですがイトケンさんはいなくて、代わりに新キャラの先生役の前田剛さんがいらっしゃいました。チェッ!
つんちょが相変わらず格好いいなぁって思いました。

他にも声グラVoice Newtypeも読みました!
「Voice Newtype」には「プリプリ」ではなく「いぬかみっ!」でじゅんじゅんがインタビューを受けていました。堀江唯さんと名塚佳織さんと一緒でしたが記事の中では堀江さんと名塚さんの運命的なエピソードに弱冠押され気味でしたね。いや、本当に恋に落ちても可笑しくない位のエピソードでしたよ(笑)。
グラビアも載ってたんですが、「いぬかみっ!」のキャラクターを意識したのかオレンジのTシャツにダメージジーンズという格好でした。私は普段のオシャレ!っていう感じにキメているじゅんじゅんのファッションも好きなのですが、こういうラフっぽい格好も良いですねぇ(*^_^*)

そうそう、Voice Newtypeで始まった小杉さんの血+関連のコラム。面白かったです!
コラムっていうか小杉さん+ゲストって言う感じの座談会っぽい感じで、今回は中田譲二さんと大塚芳忠さん。オッサン3人のトーク面白いです。ちょいちょいと小杉さんが可愛かったです(笑)。

約3時間かけて色々と雑誌を読んできたのですが、声優雑誌を熟読しニタニタと笑っていた客、お店の方はさぞ迷惑だったでしょうねぇ(他人事)。
イヤイヤ、反省してますよ?
また立ち読みに行きますけどね!お店の方!!(←絶対反省してない)
っていうか、買えよ!雑誌!!
2006.03
13
(Mon)
嗚呼・・・。
私は何て愚かなんでしょう。
こんなにも楽しくって
激しく遊佐さんにトキメクCDがあったなんて!!
悪魔の論理学
悪魔の論理学
posted with 簡単リンクくん at 2006. 3.12
水森 しずく著
桜桃書房 (2000.5)
この本は現在お取り扱いできません。

悪魔の論理学(1)悪魔の論理学(1)

インディペンデントレーベル 2001-12-25
売り上げランキング : 30,160
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

悪魔の論理学(2)悪魔の論理学(2)

インディペンデントレーベル 2002-11-15
売り上げランキング : 30,159
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む »
2006.03
11
(Sat)

モモッと花宵 

待ちに待った、モモッとトーク花宵ロマネスクが更新!!
もうね、腹抱えて笑うとはこの事なんでしょうね!
どっちもスッゴク面白かったです!(^o^)

モモッとトーク
今月のゲストはイトケンさ~ん☆
遊佐さんとイトケンさんっていうとBLEACHと血+くらいしか思いつかないんですけれども、意外にも付きあいは長いようですね!
二人とも最初からくだけた感じで話してますし、遊佐さんもリラックスして話が出来てるのがなんとなく分かります(笑)。

一応今回更新分は格調高くがコンセプトなんですが、それもどこに行った事やら・・・。
でも今回選ばれた質問メールはどれも興味深い質問ばっかりだったので思わず二人の答えに聞き入ってしまいました。
特にイトケンさんの奥様との話が面白かったですねぇ!
一護一笑でも話題に上がっていた奥様のダメ出し
奥様のダメ出しはBLCDにまで及んでいたんですね・・・。
しかも楽しみにしているだなんて・・・。
なんて素敵な奥様なんでしょう(笑)
奥様のためにもこれからもBLCDでも活躍してくださいね!(と、言いつつ実はイトケンさんが主演したCD一枚も聴いたこと無かったり・・・(^_^;)

ところで前々から思ってたんですけれど、イトケンさんって「とんねるずのみなさんのおかげでした」の“細かすぎて伝わらないモノマネ選手権”によく出てくる、バス釣りとかイカ釣りとか磯釣りのスターシリーズのモノマネをしている“ゆうえんちくじら”にチョット似てませんか?
いやいや、イトケンさんの方が数倍イイ声で素敵ですけれどね?
私だけかなぁ・・・?

************************************

花宵ロマネスク
今回のゲストパーソナリティは諏訪部さん!
人の番組では思う存分暴れる諏訪部さん(笑)。
今回はどんな暴れん坊ッぷりを聴かせてくれるのでしょうか?

どうも前回のソロマネスクが不評だったようですね(笑)。
あれはあれで、ある意味面白かったと思いますけどね(笑)。
んで、一転して。
どうやら今回の花宵はグルメ番組だったようです(笑)。
イヤイヤ、でもお二人ともかなり食にはこだわりが有るみたいですね。
鈴ケンがグルメなのは知ってましたし、諏訪部さんも日記で食関連についてよく記事を書いているのでグルメなんだなぁ、と思ってはいましたけど。
まさか、企画書書くぐらいグルメとは思ってなかった(笑)。
そうそう、諏訪部さんが持ってきた99%カカオのチョコ。
話には聞いてましたけどそんなに苦いんですね!
これ食べた時の鈴ケンのリアクションが面白くも非常に可愛かったです(笑)。
諏訪部さんのことはこれから東京のピンピンって呼びましょうね!
私も機会があれば、そして忘れなければ(爆)是非呼びたいと思います!!
だれか「乙研」に送らないかなぁ?
プチロマ劇場を聞いてると非常に菫が可愛く思えて来ますねぇ。
いやぁ~、可愛い人だ(笑)!
それと最後の「ニンニン」っていうのが非常に萌えました(笑)。
あれ?萌え所違くね?
鈴ケンがニンジャ・ボーイズなるものだったのは噂で知っていますが、これ結構前の話ですよねぇ?だって宮田さんが幸季になる前の話ですもんねぇ・・・。
雁屋哲は分かりますが、おいオシャは知らないなぁ?
なんだか全体的に懐かしい感じの花ロマでした。

ところで皆さん、花宵にブログがあるの知ってました?→コチラ
私つい二ヶ月くらい前に知ったんです!
もし、知らない方がいるなら行ってみて下さい。
収録風景っていうか鈴ケンさんとゲストの写真が載ってますよ。
2006.03
10
(Fri)
どうもストレスが溜まりに溜まっていたのか、一時期あり得ないくらい散財していました。
え?今もだって?
ええ、そうですよ?それが何か?(シレッ)

ウソウソ。
私もね少しは自重しないとな、と思いつつストレスが溜まるとついついBLCDに手が伸びてしまうんです・・・。そしてBLCDを聴いては声優さんの美声とナイス演技に酔いしれ他の作品が欲しくなる・・・。
おお!なんて恐ろしい悪循環。無限ループだわ。
そんな誘惑に負けてうっかり買ってしまった1枚。
うっかりキャスト買いです。(あーあ・・・)

ルボー・サウンドコレクション ドラマCD 最果ての君へルボー・サウンドコレクション ドラマCD 最果ての君へ
イメージ・アルバム 岸尾大輔 鳥海浩輔

ジェネオン エンタテインメント 2006-01-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

傲慢なだけのこの束縛を、愛情なのかとカン違いしてたんだ、俺は―――。
 両親をなくした陵は、兄と共に尊堂家に引き取られ、跡取りの晄人と淡い恋心をはぐくみながら、幸せな日々を過ごしていた。真実を知るあの日までは…。幼馴染みに抱く淡い恋心。二人のささやかであたたかな関係が、とある事件を境に劇的に変化してしまい…。
 身体でしか繋ぎとめられない、運命の恋。


出演声優
汐未陵:岸尾大輔
尊堂晄人:鳥海浩輔
汐未雅也:神谷浩史
西賀優司:遊佐浩二
尊堂京一郎:松山鷹志

続きを読む »
2006.03
10
(Fri)

怪~ayakashi~ 『化猫』 

以前『天守物語』を視たと書きましたが、今週から始まったのは『化猫』です。
この『化猫』、主役を櫻井さんが担当なさるということなので非常に楽しみにしていました!

んで、視たんですが3つのエピソード中一番作画がカッ飛んでました(笑)
何て言うんですかねぇ・・・?
全体的に背景が日本画っぽいというか浮世絵っぽいというか、ザラついた質感の紙に絵を描いたみたいな感じというか、昭和のモダーンな感じの絵を思い出すんですよ。
それがず~っとなんです。
ず~っとそんな背景です。

んで、キャラデザもなんですが、主人公の薬売りの男も結構カッ飛んでおります。
そんな怪しい薬売りいねぇよ!と思うくらい見るからに怪しい。つうか派手。
そんで櫻井さんが声vv
この薬売りが退魔の力を持っているらしいんですが、櫻井さんがピッタリ!!
見た目怪しいんですが、結構二枚目で、喋り方も含みを持った感じなんです。
と、言いますか全体的にキャラデザが黒鉄ヒロシっぽい?んです。特に男性。
女性は割と可愛い感じなんですが、そんな黒鉄ヒロシな男性に囲まれていたら、あんな妖しい薬売りでも掃き溜めに鶴ですわ!
ですからまさに美しくも妖しい、薬売りなんですわ。
もうね、一言喋るだけで「はわ~んvv」てなりますわ(笑)。
あー、ちくしょう好きだー!!

んで、ストーリーとしてはまだまだ序盤。
武家の孫娘が輿入れ直前に何ものかに殺され、薬売りが容疑者として捕らえられてしまうんです。ですが、どうやら孫娘を殺したのは物の怪らしく、しかも物の怪は屋敷の中に侵入したようなんです。
薬売り曰く、物の怪を切る為には武家に隠されている秘密を知らなければならない。
と、いうところまでで終わり。

なので第一話を見逃したという放映地域の方、まだ話には追いつくことが出来るんで是非視てみてはどうでしょうか?
恐らくこれから公式サイトに第一話のあらすじがアップされるのでそちらも見てみては如何でしょうか?結構詳しく書かれてますよ。
公式サイトは→コチラ
『巷説百物語』とか好きな人はきっと好きでしょうね。
妖しくも格好いい櫻井さんを堪能してみては如何でしょうか?
2006.03
09
(Thu)
どうも実家に帰ると、ブログの更新がサボり気味になっていけませんね。
まあ、実家に帰って何をしているかというと何もしてないんですけどね。
強いて言うなら、BLEACHとアクエリオンのDVDを借りてきて視ているとか、撮り溜めておいてもらった、BLEACHのビデオを視たりだとか、「今日からマ王」の再放送をビデオに撮って視たりだとか・・・・。
そういう、いっそ不健全な生活をしています!!

そして更新するにも内容はBLCDのこと・・・・。
なんて不健全・・・。

許可証をください!
烏城 あきら著
二見書房 (2003.11)
通常2-3日以内に発送します。

さてさて、この『許可証シリーズ』実は私が初めて買ったBL小説です。
なので結構思い入れもあるのですが、その辺差っ引いてもとても面白いです

中小化学薬品製造業・喜美津化学初の四大理系卒として、期待を一身に集める阿久津弘、25歳。会社を一流企業に育てようと品証部でバリバリ働く彼であったが、必要に迫られて取得することになったフォークリフト免許の実技講習で、散々な結果を残してしまう。そんな弘のフォークリフト指導係は、同い年で製造部の若頭的存在の前原健一郎。ある出来事のせいで、弘は前原に苦手意識を持っていたのだが、どうやら前原の方は、違う感情を持っているようで……。そんなある日、会社に激震が走る大事件が発生し、弘と前原は協力し合うことに…。果たして二人は会社のピンチを救えるのか?! ひと癖もふた癖もあるオジサマ達にも要注目!!

出演声優
檜山修之(阿久津 弘)
中井和哉(前原健一郎)
たてかべ和也(ジロウさん)
緒方賢一(竹中)
内田直哉(片山)
井上倫宏(矢野)
青山 穣(木崎)

続きを読む »
2006.03
07
(Tue)
実家に帰った楽しみの一つとしてはBLEACHがリアルタイムで見られることですね!
何だか最近ひそやかに(笑)BLEACHが熱いです。

原作はそこそこ好きです。
以前はコミックスを13巻くらいまで集めてたし。
WJを立ち読みする時も必ず読みますし。
でも今、私がひそやかに熱くなっているのはアニメ版のBLEACH!

BLEACHはバトル系の漫画ですから、アニメになった時の格闘シーンがとても映えますし。
キャラクターも非常に立っていますし、
話に絡んでくるキャラクターの数がベラボウに多い!!
ですから、必然、起用されている声優さんの数も多くなる!!!と言うことです。

押しも押されもせぬ若手人気声優も、超実力派の中堅所も、存在感たっぷりのベテラン陣もバンバン脇役に起用するという豪華さ
さすが集英社!!金持ってんねぇ
まあ、その辺のヤラシイ話は置いといて・・・(笑)。

さて、1月に入ってからアニメオリジナルの話が始まっているんですが私は楽しいです。
イヤイヤ、原作付きのアニメにありがちな事なんですがこの手のアニメ版オリジナルの話ってのは賛否両論になるもんですよね。
でも、私はBLEACHのアニメオリジナルってのは好きですよ?

オリジナルになって登場した3人(人?)組も好きです!
ぬいぐるみ可愛いですよねぇ♪
あのぬいぐるみから杉田さんとか飛田さんのイイ声が出て来るってのはなんとも愉快♪
オイシイ役どころだなぁ、ってしみじみ思います。
そうそう、もしかしたらオリジナルになって一番頑張ってるっていうか、一番喋ってるのはコン役の真殿さんかもしれないですね。
コンは原作でも賑やかし担当なんですが、何だかアニメではそれが一層極まっていて、ツッコムはボケるは乗りツッコミするはで非常にお忙しいです(笑)。コンが主役の話とかコンが活躍する話を視ると、何故か自然と「真殿さん、お疲れさま」っていう感情が込み上げてきます(笑)。

さてさて、今週のBLEACHなんですが。
石田雨竜、ヒロインに昇格!!
と言う話でした。
イヤイヤ、ウソウソ(笑)。
でも本当にそう思ってしまう位石田の守られっぷりが凄まじかった!!
前々からひっそりとBLEACHでは“一護×石田”だな、と思っていたのですが今週の放送でそれはもう確信に変わりました!

だって、
石田に手を出すな!」(一護)
だとか
石田、俺から離れるなよ!」(一護)
とか言われてんですよ?!
どこのお姫様だ、お前は!!
と、いうツッコミもそこそこに激しく萌えましたが何か?

蛇遣いの宇田川に捕まって、ガイーンと頭をコンクリにぶつけられて血を流してグッタリしている石田が何かエロいとか、芳野に連れ去られていく時にお姫様抱っこされているとか、その時何故かワイシャツがはだけててぶっちゃけエロいとか思いましたが何か?
絶対ぴえろに狙い撃ちされてるとは思いますがね・・・。

と、いうわけで最近のアニブリでは
杉田さんが演っているぬいぐるみ之芭と石田雨竜が
激しく愛しいと思いました。
2006.03
05
(Sun)

帰省虫 

帰省虫
実家に帰るたびに実家にパラサイトする虫。
モラトリアムの学生の30~70%が発病する。


私は今、帰省虫です。
本日、実家に帰ってきました!
あ~、疲れたぁ・・・。
なんだか今回はグッタリです。
まあ、エウレカ→特撮→プリキュアコースを見ながら朝に荷造りですから疲れるのも当然っていうか、荷物ぐらい前の晩に作っとけよ!ていう事なんですがね。
でも今回グッタリだったのは、新幹線の席取りに失敗したことです。

私は毎回帰省するときは券売機で新幹線のチケットを買うんですよ。
実は盆も暮れも京都→東京間って帰省ラッシュの逆をいつも行っているのでチケットも楽に取れるし、通路側だろうと窓側だろうと取り放題なんです。
でも今日は休日だったのがいけなかったのか、東京行きが結構混雑してたんです。

普段からボーっとしているくせに、
私は下手に焦ってチケットを買うべく券売機を操作してしまったんです。
でも、その時は自分の犯した失態に気づきもせず実家へのお土産と車内で食べる用の駅弁を買ってホームに上っていきました。
ホームでもボーっとしながら、何気なくチケットで座席を確かめると
4号車、ってなってるんですよ。
頻繁に新幹線に乗る方ならピン!と来るかもしれませんが、4号車ってのは喫煙車両なんです!
もちろん私は煙草吸いません!
と、いうかどっちかっていうと嫌煙家です。
煙草の煙を吸うと、すぐに喉が痛くなります(><)!

喫煙車両だということに気づき、「うわぁあ!!ヤベェ!!」と思っても後の祭り。
ちょうど列車がホームに入ってきて、チキンな私は席を替えて貰うことも出来ずに2時間半、煙草の煙と戦い続ける羽目になったのです・・・。

でも、まあ。
新幹線の中ではすぐに寝てしまう方なんで、大丈夫かな、って思ってたんです。
ですが、名古屋で乗ってきた、私のすぐ後ろの夫婦が、これまたいけなかった!
後ろの方から容赦ない煙草の煙がスパーッと漂ってくるし、何より話し声がうるさい!!
特に奥さんの方の声が、煙草焼けなのか酒焼けなのか分かりませんが、凄いダミ声なんです!
普段から声優さん達の美声を愛する私にとってはそれはもう苦痛でしかないんです。
しかも何だか話し方が怒ってるみたいで、聞こえてくる方がハラハラするし。
普段は品川辺りまでグッスリな私が、この夫婦の会話によって起こされてしまったんですから相当ですよ!

寝惚けた頭で聞いた話の内容は、
奥さんが「ノバに行く」だとか「駅前留学する」だとか「あんたはお金出しとけば良いんだから!」だとか。
どうやら奥さんは相当駅前留学がしたいみたいです。

東京について服の匂いをかぐと煙草の匂いが・・・・。
明日、ファブリーズを買ってこようと心に決めました!!

そういえば、実家は実家で、母が“雛祭り”にケーキを食べたと自慢してきました。
イラッてきました。
私も駅前に留学してやるぞゴラ!って思いました。
2006.03
04
(Sat)
久々にアニメの感想なんぞを。

まず、『血+』。
ゆいなさんから、「じゅんじゅんが血+に出演!」という素敵ングな情報を頂いて、久々にネット配信ではなくビデオにて血+を見ました。

第21話「すっぱいブドウ」
フランスに入った真央と岡村。ベトナムのリセから持ち出したワイン「シャトーデュエル1967」の謎を知るため、ワイナリーへ向かう途中である人物に遭遇する。
一方、小夜を狙う謎の一団―シフたちもフランスへたどり着いていた。ロシアからしばらく血を摂取していないため弱りきっている小夜に、シフの刃が襲い掛かる!


アバンにて未だ全貌が知れていないシフの新メンバーとしてじゅんじゅんが登場!
オカッパキャラです!
そして異常に儚げな容貌に登場して数秒で死亡フラグが・・・。(°Д°;
お願いだから死なないで・・・!という視聴者の願いはあっけなく砕けるのでしょうね。

アルジャーノ氏はソロモンのお使いで何やらアイスランドにて調べモノ。
そしてアルジャーノ氏の後の方に、あのメガネの君が!!
遊佐さんキャラが!ちょ、こっち向いて!顔見せて!!こっち向けって!!喋って!喋るんだ!
と、念というか邪念を送ってみるけどやっぱり届かない。
でもテレビの画面がちょっと粒子粗くなったから、多分もう少しだね!(何が?)
折角ソロモンのために頑張って調査してたのに「もういいよ!」と、つれないソロモン。
何やら企みに気付いたようです。ちなみに私はよく分かってません(爆)!

岡村&真央姐さん組はinフランス!
今回は真央姐さんのツンデレっぷりとか妄想っぷりとか色々見れましたね!
と、いうかなんだか小清水さんはツンデレキャラが多いような・・・。アネモネも然り。
と、いうかカイが頬を染めて照れくさそうにしてるのを見て、どこの乙女ゲーのスチルかと思いました(* ̄m ̄) ププッ
そしてソロモンとの掠める程度の接触。
つうか、なんかソロモンイイな。先週から結構オイシイぜ?奴は。
そして岡村&真央姐さん組はさり気無くジョエルの名がつくお城に廻り合います!
これはもしかたしたら、カイ達より真央達の方が小夜に会うの早いかもですね。

そしてフラフラの小夜とハジ。
なんだか今週はバンバン恋愛フラグが立ってましたね!
ゆいなさんのブログにも書いてあったのですが、どうやら本当に今後の血+は恋愛方面に話が進んで行きそうですね・・・(゜ε゜)
まあ、ハジが小夜を気の幹にドン!ってやるシーンは( ̄ー ̄)ニヤリってなりましたけれどね!!
でも、ハジと見せかけて全然違う人とくっ付いたら面白いのにぃ。

そんでもってシフ。どうやら彼らは夜にしか行動できないようで、なんだかようやく吸血鬼っぽいというかヴァンパイアっぽい人たちが出てきましたね。
本気でじゅんじゅんキャラがヤヴァイ感じですよ!!何か前腕のとことか光ってますよ!

小夜を狙いシフが襲い掛かります!
ハジボコボコです!袋です!物凄い刺さってます!!
そしてじゅんじゅんキャラのギイは別行動で小夜を発見!
小夜ピンチ!!
かと思いきや物凄い刺さったまんまのハジが助けに来ました!
でもギイにボコられて幹に縫い止められてしまいます!!
ここでギイがハジの血を吸うシーンがあったんですが、その直前ギイがゆっくりと顔を近づけるんですが、
ぶっちゃけ
チューするかと思った(爆)!!!
ゴメン!
腐女子でゴメン!!でもじゅんじゅんとコニタンっていう並びのシーンだけでアレやコレやのBLCDがリフレインなんです!!ドップラー効果なんです!!!
けれど残念な事にハジの血ではじゅんじゅんは助からないみたいです( iдi ) ハウー

そして、あわや!というところで朝を迎えてしまいシフ達は退散。
そして当初の予想通りギイは天に召されてしまいました・・・。
じゅんじゅん、
初登場して即退場!!

まあ、バオバブのブログにゲストで出演ってなってたんでね?あまり期待はせずにいたんですが、じゅんじゅんキャラを即効死なせるなんて、なんて贅沢なんだ!!

ところで、EDロールで遊佐さんが役付きで名前があったんですけれどシフの人ですよね?
どの人だろ?
も一回見なくては!!
とうとう、遊佐さんも「血+」で役付きですよ!!
でも出来ればアルジャーノ氏の部下のメガネ君に名前を上げてください!!
で、結局何が「すっぱいブドウ」なんですか?
あれですか?真央姐さんの妄想が“すっぱい”っていうことですか?(笑)

メジャーは今週、
寿也!!って感じでした。

第12話「海堂への切符」
実技試験の最終テストは、5人1組による4チームのトーナメント戦。寿也と同じAチームになり喜ぶ吾郎だが、無名の軟式出身だと他のメンバーに見くびられて、外野を守ることに。
対戦相手Dチームの新見は、Aチームのピッチャー・寺門の元チームメイト。寺門の弱点を知り尽くした新見の作戦に翻弄(ほんろう)され、先制されるAチーム。その中で、吾郎と寿也が見せた野球センスが、他のメンバーの先入観をくつがえし、信頼が芽ばえる。
5人のチームプレイで、Dチームを下した吾郎たちだが、決勝の相手は予想外のCチーム。高速スライダーが武器のピッチャー・香取と、強打者・唐沢のコンビが、吾郎たちの前に立ちはだかる。


話としては、吾郎も寿也もその辺のシニア出身には全然負けてないよ!っていう話でした。
そんで、
なんかオカマっぽい人がいました!
球児であのロンゲはないだろう!って思いました。
ところで私は寿也みたいな智将タイプにとても弱いです。
しかもキャッチャー!みたいなね?作品的にはメジャーの方が全然先なんですけれども、どうも「おお振り」以来頭脳派キャッチャーに弱いです。(ええ、Aのつくタカヤですよ)
ところでコモリンは本当にもう退場なんですかねぇ?
高校編になったらコモリン出てこないんですかねぇ?私原作未読だから全然分からんのですよ。
コモリンっていうか宮田さんに会えなくなるなんてぇ・・・グスグス (><。)
コモリンの行方が非常に気になるメジャーでした!
2006.03
03
(Fri)

つらづらつらっと・・・・ 

のおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ(´Д`)

3月1日からANIMAXにて『無限のリヴァイアス』放送開始!!

見る!超見る!!
丁度もうすぐ実家に帰るから、実家に居る間はガン見する!!
DVD持ってるけどやっぱりTVで見るのとだと気分が違うもんね!
でも毎週1話ずつしか放送しないのかヨォ・・・。(TεT;)チェッ!
あー、でも何かやっぱり嬉しいもんだねぇ。ずっと好きなアニメがスカパーとはいえまた放送されるのは。嬉しいついでに「リヴァ」見た人によって「リヴァ」同人が増えればいい。そんで持ってみんな祐×昂に転がればいい(笑)。
あー、昨日友達にDVD貸したから手元にないけど、返ってきたら絶対もう一回見ようっと♪

そうそう、以前寺島君がBLで受けデビューをなさる、という記事をアップした時、羽多野君もBLデビューしたと書きましたが、そのCDがつい先日発売されました。
Dramatic CD Collection 僕は君の鳥になりたい。Dramatic CD Collection 僕は君の鳥になりたい。
イメージ・アルバム 鈴村健一 羽多野渉

ムービック 2006-02-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

購入した方の感想を見ると、作品としては結構良い出来のようです。
鈴ケンのモノローグとか、切ない感じがヒシヒシと伝わってくるそうです。
んで、このCDのキャストコメントというかボイスメッセージがムーッビックで聴けるのです。
ムーッビクは←コチラ。
この「僕は君の鳥になりたい」のボイスメッセージ、ハッキリ申しまして
必聴です!!
面白いです。
「永遠の後輩(笑)」羽多野君の猛省しているコメントも中々笑いを誘うんですけれども、やはり一番はイトケンさん!!
イトケンさんも言ってましたが“愛すべき羽多野君”は今回のCDが初攻め役なんです。
ですからイトケンさん、「初モノ」だとか「筆下ろし」だとか仰っているわけなんです(笑)。

っていうか、イトケンさんその手のネタ好きねぇ?
前もムービックから出た『愛と欲望は学園で』のボイスメッセージの時に仰ってましたが。
その時イトケンさんが攻めたのが、受け役初めての市来光弘君だったんです。イトケンさんこのときも「初モノ(バージンだったかな?笑)ゴチになりました!」とか言ってたんですよねぇ(笑)。
あー、可っ笑しい♪

今回のボイスメッセージでも羽多野君をイジッてるんですが、後から聞こえてくる羽多野くんの恥ずかしそうな叫び声がこれまた笑いを誘います。
皆様、是非一度聞いてみてください。多分もうすぐ消えちゃうと思うんでね、早めに。

そういえば、今週更新された紘と拓篤の俺達のベシャリ場なんですが、どうも私この番組が結構楽しみみたいなんです・・・。
なんか、楽しみな事がショックみたいに書いてますがそんなこと決してありませんよ?

寺島君と下野君がラジオの回数を重ねるごとに成長していくのが手にとって分かりますし、こう二人の初々しいマッタリトークも中々味があるんですが。私が一番楽しみにしているのはもしかしたら二人のトークのハラハラ感かもしれない、と最近思うのです。

下野君もラジオ番組はいくつか経験しているし、寺島君なんかは初めてのラジオなのに比較的しっかりしたトークをしているので心配なんかいらないんでしょうけど。なんだかいつまでたってもハラハラするんです(笑)。だからなのか、凄く応援したくなる。なんていうか、見守る感じ?そういうスタンスでラジオを聴いてるんですよねぇ。いつの間にか。

あ、でも今回の放送は笑わせていただきました!ゲストが千葉さんだったんですけれども、千葉さんどうしたの?っていうくらい千葉さんが飛ばしていたような気がする・・・。つうか、飛ばしてた。
しかもやたらBLと連呼していたり、下ネタを盛んに振ったりと、本当に千葉さんどうしたの?何か嫌な事あったの?(笑)とうっかり心配してしまいそうなくらいハッチャケてました。
まあ、確かにタカツキノボル先生のイラストはBLっぽいですけれどもね(爆)

とりあえず、来週の遊佐さんの放送が激しく楽しみです。
そんでもって『俺達のステップ』買おうかな?って思いました。
2006.03
01
(Wed)

学園ヘヴン 

拙者、現在BL学園に通っております。
イヤイヤ、単に『学園ヘヴン』をプレイ中だって話なんですけれどね。
学園ヘヴン ~BOYS LOVE SCRAMBLE~学園ヘヴン ~BOYS LOVE SCRAMBLE~

SPRAY 2002-08-02
売り上げランキング : 921

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

PS2は持ってないのでもちろんPC版です。
え?音声ですか?もちろん付いてませんよ?
でも大丈夫。
脳内フルボイスが完備ですから。(それもどうかと・・・)

えー、かなり痛い発言があったことをここに陳謝いたします。

で、なぜ「学ヘヴ」かと申しますとね、以前から制作もとのsprayで「学ヘヴ」に関してビッグプロジェクトがあると告知されていたんですが、本日その情報が解禁されていました。
まあ、「学ヘヴ」好きな方なら薄っすら分かっているというか、察しが付いていると思いますし、ネット上でも散々情報が飛び交っていましたから今更かもしれませんが。

『学園ヘヴン』アニメ化決定!!

( ^o)-o<パッパラッパ│~~~♪お♪め♪で♪と♪ー♪
続きを読む »
 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。