腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.01
29
(Sun)
20060128194510
携帯からです。おまえら!初日でした!ヤッベー。超楽しかったです☆ 一人で参加ですが何か?詳細なレポはまた明日の会が終わったらアップします。 ですが!これだけは!やっぱり杉田さんの女装はリアルに可愛かったです!!

*****************************************************************

と、言うわけで出来るだけ詳しいレポです。
ペンとメモ帳握り締めゲラゲラ笑って参加していたので忘れてるところもあるかもしれません。 あしからずm(._.)m 
スポンサーサイト
続きを読む »
2006.01
27
(Fri)

意志の弱い私に・・・・・喝っ!! 

終わったどおぉぉぉ!!!

長かった試験期間も本日終了いたしました。ふぅ―――――ε- (^、^;

ですが、水曜日に大きな山であった実技のテストが終わったので、すっかりポン!と気が抜けてしまいどうにも木・金の試験勉強する気が起きませんでした・・・。
でも、やっぱり少しはやらないとな・・・、と思い立ち丑三つ時にやっと勉強開始という始末。

そんな時のお供がラジオ。
実家に居た頃も宿題や試験勉強のお供はラジオで、よく聴いていたのは「オールナイトニッポン」とbayFMの音楽番組でした。
いかにも学生っぽいチョイスですねー。
けれど今では私も立派?なヲタク女子大生
勉強中に聴いているのもアニラジ。もちろんネット配信のWEBラジオ。

セイントビーストもパスコレも俺たちのベシャリ場も嗚呼クラ学もモモッとトークも桃通2も桃きももぱよぱよもラジリスクも花宵もチェリベも、放送終わっちゃったけどトリブラッジォもMyパワープレイラジオ!
そんな私が、いま最もガツガツ聴いているのが、
『由依&美香のぷり☆すて』です。
NHKで好評再放送中の『ツバサ・クロニクル』の番宣&DVD促販ラジオ。
メインパーソナリティはサクラ役の牧野由依とモコナ役の菊池美香。
そんでもって小狼役の入野自由と黒鋼役の稲田徹とファイ役の浪川大輔にマンスリーパーソナリティとして月替わりでお当番が廻ってきます。

ツバサはそんなに気合入れて見ていなかったんですが、このラジオは面白い!!

牧野&菊池コンビの「あんたら本当に仲良いんかい?!」というツッコミを入れたくなるような、お互いに遠慮も容赦もないやり取り。ウメコは相変わらず可愛いのぉ~

現役高校生&最年少の入野君を楽しそうにイジる牧野&菊池。そして面白いぐらいオタオタと慌てる入野君。どうやら入野君は現場でもイジラれキャラのようです(笑)。おそらく浪川さんに次いで芸歴長いのにね・・・。

思わず「ボス!!」と言いたくなる様な稲田さん(笑)。
もうね、稲田&菊池美香という組み合わせだけで、デカレン好きに堪りませんな!!しかも稲田さんがマンスリーパーソナリティ初回の時は菊池さんとの初対面の時の話の流れでデカレン話や仙ちゃんの話が出たり、その後もチラホラとデカレン話が飛び出します!!

そんでもって、一番扱いが酷い浪川さん(笑)。
フロドやらアナキン・スカイウォーカーなどの数々の外画作品に出演しているというイメージがガラガラと音を立てて崩れ落ちそうな程です。
牧野&菊池のお二人も明らかに浪川さんの時だけ態度が違う(笑)。

全部の放送回、どれも面白いんですけれども、特に聴いていただきたいのは、第18回の出張録音の回と原作者のCLAMPがゲストで出演した第31回。
第18回はNHKの本放送が終わった時期ということで打ち上げ的な雰囲気の放送。
どうやらすっごいデカイ部屋のカラオケで録音しているようです。
この放送回は第9回の公録の時に行ったゲームの罰ゲームで入野&稲田&浪川の男性チームが色々やらされています(笑)。ドッキリにも嵌められています。そしてビールをガブガブ呑んでいた浪川さんは放送が進むにつれ酔いが回りグダグダになっていきます(笑)。
そして浪川さんの本気ポエムは必聴です!!
そんでもって稲田さんの物真似とシークレットなSPゲストもお聴き逃しなく!!

第31回放送は滅多にメディアへの露出をしないCLAMPがゲストとして出演なわけですから、ツバサを読んだこと&見たことがない人でも是非聴いといた方がいいですよ!!
っちゅうか、CLAMPの皆さん面白すぎだから!!
すんげぇツッコミが厳しい(笑)。そしてここでもイジラれる浪川さん(笑)。
いんやぁ、笑った、笑った。
本当にこのラジオはオススメですね。
牧野&菊池のお二人は可愛らしいし、マンパの皆さんも結構達者な人ばっかりだからトーク面白いし、本当にツバサチームは仲良いなぁって思えます!!

数週間後の追再試の時は、またツバサラジオを聴いて勉強したいと思います(;´д` ) トホホ
2006.01
22
(Sun)

ぴったりバトン! 声優編 

火傷をしました。

薬缶の湯気で!(;´д` ) トホホ

ショックです・・・。何だかとってもショックです・・・。
薬缶本体ではなく、湯気で、ってとこがとてもショボくてソックです(ショックの最大級)。

さて、そんなことは置いときまして、ゆいなさんからナイスバトンを承りました!!
その名も
『ぴったりバトン ~項目に当てはまる身近な人の名前を入れよう~ 声優ver』

日参しているブログサイト様で回答しているのを見て拾おうかどうか迷ったんです。
でもこの度ゆいなさん直々のご指名を受けましたので張り切って答えていこうと思います!!

え?試験勉強はどうしたって?
ほら、たまには息抜きも必要じゃないですか?
え?私の人生、常に息抜いてるじゃないかって?
何を―――!!(○`ε´○) プンプン!!
一言も言い返せねえじゃねえかこのヤロウ!?
もう、イイっつうの・・・。

さ~て脳ミソを妄想verにして答えていきますよ~!!

■手を繋ぐなら野島健児さん
腕を組むのではなく、“手を繋ぐ”ならノジケンかなぁ?なんとなく。
手を繋いだら何だかホンワカしそう(*´▽`*)

■抱きつくなら
櫻井孝宏さん
あの細い身体に抱き付いて骨をミシミシいわせてみたいですね!!(←何か違)

■抱き付かれるなら
小西克幸さん
コニタンっすよ!コニタン!
ただ今絶賛プチコニタンブームですからね!自分。
後から抱きつかれて何か囁かれたい!!ヒィ――(//∇//)

■恋人にするなら
遊佐浩二さん
本当はじゅんじゅん!と、言いたいところなんですが、ここはあえて遊佐さん!
いやぁ~、遊佐さんなら距離感が上手いこと掴めそうじゃないですか?
彼女さんを大切にしそうですし!

■ペットにするなら
杉田智和さん
杉ですね。ペットといっても愛玩用ではなく、何か珍しい動物でも見るかのようにずっと見ていたいですね(笑)。ゲームしてるのを見ていたいし、散歩コースにはもちろんゲーセンを含みます。んで、三国志大戦するの(笑)。

■結婚するなら
平川大輔さん
平川さんですね!!諏訪部さんみたいにバリバリ働いてバリバリ稼いできてくれる旦那さんも良いんですが、平川さんみたいな優しくて誠実そうな旦那さんの方が、結婚するならいいかなぁ?って。
だって、平川さんって保父さん目指してた人ですよ?!
絶対子供好きじゃないですか!家庭も大切にしそうだし、何より私のヲタク趣味を暖かい眼差しで見守ってくれそうだしね!!自慢の旦那様になりそうです☆

■浮気するなら
鳥海浩輔さん
ゆいなさんと同意見で!
ぶっちゃけ浮気するとは考えられないんですけれど(別に一途だからではなくただ単に面倒臭いだけ)浮気するなら鳥さんかな?なんたってラブフェッショナル様だしね(笑)。
一時の夢を見させてくれそうじゃない?

■両親にするなら
父:堀内賢雄さん 母:榊原良子さん
お父さんは小杉さんとか明夫さんとか、ぶっちゃけ野島兄弟と兄妹になれるんなら野島昭生さんもいいかなぁ?なんて思ったりもしたんですけれど、ラジオで聴く堀内さん親子の愉快なエピソードが楽しいので賢雄さんで!
お母さんは、良く存じ上げないんですが、声のイメージから榊原さん!
凛とした声が凄く素敵なんですよねぇ~*あの声で毎朝起こされたらパッ!って起きそう。

■兄、姉にするなら
兄:神谷浩史さん 姉:朴璐美さん
お兄ちゃんは、神谷さんで!あの優しそうな声が大好きなんです!!
神谷さんってゲームとかも凄く好きらしいし、楽しく遊べるんじゃないかな?って思う。毒も吐くけど、最後には何だかんだ言って仕方ないな、って折れてくれる優しいお兄ちゃんになりそう!
お姉ちゃん、というか姐さんは朴さんで!
凄く頼りがいのあるお姉ちゃんになりそう(笑)!しかも美人だしね!
厳しくも優しく叱咤激励してくれそうだな。うん。

■弟、妹にするなら
弟:吉野裕行 妹:高橋美佳子
弟はよっちんかな?多分身内にいたらよく出来た子なんじゃないかな~?って思う。
なんだかよっちんって見守りたくなる人なんですよねぇ。だから弟にいたら応援しちゃう!!
妹はみったんかな?本当は友達感覚の姉でも良かったんだけど、ここはあえて妹で!
でもみったんも意外と妹にいたらしっかりした子なんじゃないかな?
みったんの奇想天外な行動の数々を間近で手ぇ叩いて笑いた・・・、ではなく見守りたい。

■子供にするなら
愛河里花子さん
でっかい娘やんな~!・・・じゃなくて!
何となく1人でスクスク育ってくれそうだし、面白いことを色々やらかしてくれそう!
それに旦那さんが岩田光男さんですよ?!男見る目あると思うんだけどなぁ?
と、いうか自分の家庭も相手の家庭も実家も大切にしそう。
年取った時こんな娘さんがいたら楽しそうだなぁ、と。

■虐めるなら
羽多野渉さん
下野君!!と言いたいところですが、羽多野君で!?
ラジオとかフラグラSPを聴く限りでは物凄いヘタレな感じがプンプンします(嬉々)!
だって、彼女に頻繁に土下座とかする人ですよ!
虐めがいありそ~!!(* ̄m ̄) ププッ!

■虐められるなら
森川智之さん
イイ声でお願いします(爆)!
いやいや、森川さんに楽しくツッコまれたいなぁ、とね?
でも結局こっちがツッコミに回ってそう。

■語るなら
鈴村健一さん
真面目に語る鈴ケンが見てみたい!!でも疲れてるときしか無理かな(笑)?
鈴ケンは絶対真面目な、というかちゃんと物事を色々考えている人だと思うのでその辺聴きたいなぁって思います!

■甘えるなら
谷山紀章さん
ベッタベタに甘えたいとはあまり思わないのでキーやんかなぁ?
何となく、さり気な~く甘やかせてくれそうな気がするんですよねぇ。
やっぱ、女の子に優しそうだしさ!

■甘やかすなら
福山潤さん
やっと出て来ましたよ(笑)、私の大本命!!じゅんじゅん~☆
これまたゆいなさんと同意見なんですが、じゅんじゅんはお願いされたら何でもきいてあげたくなるんですよねぇ!
ほ~ら、行っておいで~!って放し飼いにして甘やかしたい!
だって可愛いじゃん?!(大真面目)
カミカミだって、話の腰を折ったって、可愛いんだから許しますよ!
そんぐらいじゅんじゅんには甘ヶです。

■敵に回したくないのは
石田彰さん
これまたゆいなさんとお揃い。
いや、何となく石田さんって他人に厳しく、自分にはより厳しく、っていうイメージが・・・。
だから石田さんの中で不可の烙印が押されたらズッパリと斬られそうな感じがする。
そういうイメージの人です。あくまで遠くから見ていたい存在っていうか。

■デェトするなら
森田成一さん
森田さんって相手のことを楽しませよう!ってしようとする人だと思うんですよね。
んでもちゃんと自分も楽しむ。だから一緒にいて楽しそう!
私、身近な人がハシャイで楽しんでいる姿見てるのって嫌いじゃないんですよね。
だから楽しむ森田さんが見てみたい!

■旅行行くなら
早水リサさん
ぶっちゃけ、幹事をしてくれそうだから(爆)!
いやいや、一緒にいて楽しそうっていうか、楽そうな感じがするんですよね。
大阪を案内して欲しい☆

■バトンを11人に回してね

11人なんて廻せるか~いっ!!
なので放置しておきます!声優さんが好きだー!っていう方、拾ってみてはいかがでしょうか?

さ~て、ご飯食べたら勉強しなくちゃな・・・。(;´д` ) トホホ
2006.01
22
(Sun)
試験期間中に付きしばしお休み申し上げ候!
とか言っときながら、もう更新してますが何か?
いや、すんません。ホントすんません。有言不実行ですんません(。_。)
でもね?ほら、たまには息抜きとかしないとね?
え?人生常に息抜きだって?
何を―――!!(○`ε´○) プンプン!!
一言も言い返せねえじゃねえか!!

そんな私の駄目ライフは置いといて、感想、感想!

カイに会えず終いだった真央。
自分だけ仲間はずれにされたことに苛立ちを隠せずにいた。
一方、琉球毎日新聞記者・岡村はベトナムから帰国後も、リセのワイン蔵で見た光景を忘れることができずにいた。
あの光景の謎に迫りたい、鍵を握る"小夜"という少女の情報を探す岡村。
カイを追いかけたい真央。狙いは違えど同じ目的の二人が出会い……。

続きを読む »
2006.01
21
(Sat)

『時効警察』第二話を見た! 

今週も見ました!
『時効警察』!
つい最近になりまして我が駄ブログもアクセス解析なるものをつけました。
毎日、皆さんが何を知りたかったり、どこから流れ着いてくるのか見るのは中々に楽しいものなんですが、うちへ流れ着いてくる方でここ最近一番数が多いのが『時効警察』なんです。意外や、意外。人気なんですね(←失礼)。

さて今週の話は先週に比べてミステリー度が上がっていたと思うんですが、どうです?

今回は、オリンピック代表候補だった水泳選手・藤山一子(塩山みさこ)とコーチ・小原安雄(田中要次)の無理心中事件。
一子の遺体は河原で、小原は仕事用に借りていたアパート室内で発見されたが、以前からあった不倫関係の噂と一子の外傷などから、“小原が一子を涙目橋から突き落として殺害した後にガス自殺した”として捜査は進められた。
しかし物的証拠がないまま、気が付けば事件は時効を迎えていたのである。

続きを読む »
2006.01
17
(Tue)

嫌だ、やだ、ヤダ、矢田!! 

今週から試験期間に入ったのでしばらく更新をお休みしようと思います。

あああぁ、テストが本っ当に嫌だ!
テストを受けるたびに、顔を両手で覆って、わ!って逃げ出したくなる衝動に駆られます。
ε=ε=ε=ε=┏( ・_・)┛ すたこらさっさ

お休みする前にアニメの感想とかチョロッと書こうと思ってたんですけれどね。
『Fate/stay night』とか新アニメの中で唯一見たんで感想とか書こうかなぁ?っておもってたんですけれど長くなりそうだし、ゲーム未プレイだし、漫画版?(出てるって聞いたんですけど?)も読んだことが無いまっさらな視聴者なので、長くなりそうだなぁ、と思い止めときます。

でも凄く面白かったですよ?
実は1話をすっかりポンと見逃していた上に2話も最初の五分を見逃すという失態を犯してしまったんですけれど、それでも面白かったです。
基本的な世界設定というか、聖杯を手にするために戦いあう、みたいなことぐらいしか頭に入ってなかったんですけれど、それでも面白かったです。これは続投決定。
それにキャストも中々豪華だったし(*^m^*) ムフッ!
主役に杉山紀彰さん。ヒロイン?っぽいセイバーという子に川澄綾子さん。
他にも植田佳奈さん、諏訪部さん、神奈さん、田中敦子さん、神谷さんとか出てくるし☆
続投、続投♪

それから実家に帰っている間に撮っておいた地獄少女やらローゼンやらアカギも見ました。
そんでもって、今日配信の「ノエイン」も見ました!
13話だったんですけれど、えっらいビビりました!?

だって、
アトリが記憶喪失になっちゃったんだも~ん!!!o(;△;)o しょんなぁ~!
でも記憶喪失後のアトリはなんか良い人になってました。
ヒールなアトリも良かったんですけれど、良い人のアトリも結構好きかも(#^.^#) ニョホ!
今回の一件でアトリの生存確率が格段に上がりましたね!
だってやっぱり鈴ケン好きだしー、アトリも好きだしー!
やっぱり生き残って欲しいじゃないですか!!

でも今回のアトリ記憶喪失は少々都合良過ぎな印象が・・・。
フクロウがご臨終なさった今としては、ハルカ側に付く竜騎兵はトビとアトリしかいないんですけれども、でも今までの所業を考えるとアトリがカラスと手を組むのがいまいち有り得ない・・・。本当なら今までのアトリでカラスと手を組む何かを用意しておいて欲しかったんですけれど、まあいいか。
だって、フクロウが死んでカラス重体の場面でカラスを救えるのはトビくらいだし、でもコサギの邪魔は十分考えられるんですよね。だとしたら彼らを手助けできるのはアトリだけ→でも、アトリはカラスが嫌い。だったら、記憶喪失で性格矯正だ!子犬の瞳だ!犬だ!ってな具合?

ま!最後のシーンの、トビの背中に拠りかかってスヤスヤ眠るアトリにエッライ胸キュンだったのは事実ですが、何か?
ちょっ、おまっ!可愛いじゃねえの!!って気分です。

それと、私今までトビのこと女の子だと思ってたんですけれど、あの子もしかして男??
男の子っぽい女の子だと、自分の事「僕」と呼ぶ女の子だと思ってたんですけど・・・。
だって、三つ編みしてるじゃん?
でも今回雪恵ちゃんが「トビくん」って言ってたし、コサギと比べて、いくら華奢とはいえ胸が異常ににペタンコだったし・・・。というかあの胸の膨らみは明らかに大胸筋なんじゃ・・・?え、男?

マジで(°口°;) ?!

ではみなさん、テスト後までしばしさようなら。
とは言ってもなんとなく週末には出現しそうな予感がユンユンします。
そん時は、手を叩いて笑ってやってください。
OH~!HA・HA・HA・HA・HA・HA☆
ってな感じで。
2006.01
15
(Sun)
恒例の、跳び跳びになった『BLOOD+』感想。

1クール終了ということでOPもEDも変わりましたね。
個人的には前のままが良かったなぁ・・・。
でも映像は新しいヤツの方がカッコイイっすね!
特に黒い服の小夜、カイ、リクが!!クァ~ッコイイ~(笑)!
攻殻でもOPに黒服着た9課の面々が居たけど、I.Gつったら黒服なんすかね?

沖縄に一時帰ってきた小夜たちは、一日だけの休日を利用してやりたいことをやろうとする。
小夜、カイ、リクはジョージの遺品を墓に埋葬する。
そして、八重島公園で小夜は親友の香里と再会する……。


続きを読む »
2006.01
15
(Sun)

『時効警察』を観た! 

金曜ナイトドラマ『時効警察』を観ました!!
1月クールの新ドラマをことごとく見逃しているんですが、今回はそうもいきませんよ!!
なんてたって
主演・オダギリジョー
ですからね!!

基本的にこういうミステリーっぽいドラマって好きなんですよねぇ。
と、言っても『白夜行』も『アンフェア』も見逃したんですけれどもね(『アンフェア』は次こそは絶対観るけどね!!)。
んで、テレ朝、深夜枠といえばエポックメイキングな面白い作品が多い良ドラマ枠!
『トリック』にはじまり『スカイハイ』や『OLヴィジュアル系』、『特命係長・只野仁』
『ああ探偵事務所』、『ミステリー民俗学者 八雲樹』『はるか17』『着信アリ』
などなどの推理有り、ギャグ有り、エロ有り、で面白い作品群。
そんな枠ですから、『時効警察』にも自ずと期待が高まるわけなんです!

んで、観ました。
一言感想。
バカバカしいミステリーだけど、面白い!!

オダジョーをはじめ、登場人物の殆どがヘンテコりんな人々!!
あっちにもこっちにも小ネタ満載!

大体にして主人公の霧山が無趣味な自分に疑問を抱き、「そうだ、コレが趣味ってどうですか?」と時効した事件を捜査する、ってのが始まりですから!なんて変な人なんでしょう(嬉々)!その前に何か良い趣味は無いか?と同じ時効課の面々に相談するんですが、その時に課長に「鶴なんて折ったらどうだい?」と言われて「何か良い趣味ないかなぁ?」って言いながら家で鶴折ってるんですよ!?
しかも日曜に会えばメガネをしてなくて、オシャレしてるのかと思えば
「日曜にメガネってイギリス人っぽいじゃん?」
とか言い出すし!何それ!!
もうね、いくら顔が良いとはいえ(髪型はモッサリしてるんですけどね)霧山に片思いしてる三日月@麻生久美子が気の毒になってきますよ(笑)。

脇を固めるのも個性派ぞろいなんですよ!
岩松了にふせえり、豊原功輔、光石研、緋田康人。
なんて濃ゆい面々・・・・。
この中で私が一番笑ったのは豊原功輔演じる霧山の同僚十文字疾風
どうです?役名からして笑えませんか?しかも3浪してるんですよ!!
他にも霧山が聞き込みに行った先の警察官が話している途中にいきなり
「私の口臭いですか?臭いでしょ?昼にニンニク食べすぎちゃってねぇ」
とか言い出すし(笑)!!

推理の方もね、それなりにちゃんとはしています(笑)。
『トリック』程度かな?ミステリ度は。
だから『トリック』好きな方はきっと楽しめるはずですよ!!

そういえば今クールのドラマって何だかミステリ系のドラマが多いですね。
『時効警察』もそうだし、『白夜行』、『喰いタン』、『輪舞曲』などなど。『アンフェア』もそうですよね。『相棒』も新しいシリーズが始まったし。何なんでしょうね?ミステリが人気なんですかね?

そうそう!ミステリといえば4月から『富豪刑事』がまた始るそうですよ!!
わ~い!!嬉しい~。L(@^▽^@)」
またぶっ飛んだ深キョンや寺島さんや載寧君に逢えるんですか?!

これは
待て、しかして希望せよ!
って感じですね!!
2006.01
13
(Fri)
あさのあつこ著『THE MANZAI』が

ドラマCD化だってえぇぇ?!?!?!


マジっすか?!?!(°口°;) !!

本当(マジ)です!!

し―か―も―!!

瀬田歩(石田彰)


秋元貴史(中井和哉)

だって!

だって!!

歩がアキ~ラだってぇ?!

マジっすか?!

マジっすか?!?!(; ̄Д ̄)

BLにでなくなったと思ったら、あさの女史の作品に出るとわ・・・。
しかも、『THE MANZAI』だなんて・・・。



恐ろしい子!!!
2006.01
13
(Fri)

モモっとトーク♪ 

今日は遊佐さんのラジオ
モモッとトーク
の更新日ですね(*^m^*) ムフッ!

1月のゲストパーソナリティは、
素材の味を殺す男“宮田幸季”!!

宮田さんと遊佐さんつったらBLEACHしか思いつかないんですけど、他に何かありますか?

例の如くこの時間帯はmovicの方ではサーバーがビジー状態で聴けませんでした( iдi )
でもとにかく早く聴きたかったので、神南で聴いてきました!

初回に鳥さんがゲストの時にも神南で聴いたんですが、他のwebラジオの女子3人のパーソナリティがやっているCMが正直ウザかったんでそれ以来神南では聴いてなかったんです。

けれどね!
これからモモッとトークをお聴きになる方!神南で聴くのをオススメしますよ!
何でかってぇと!神南のCMが「ちんつぶ」なんですよ!!
あの衝撃の迷作(と、言っても聴いたことないんですけどね (^^;))「ちんつぶ」!
よっちんも大プッシュの「ちんつぶ」ですよ!

これは聴かな・・・・!!

と、言っても宮田さんと遊佐さんの共演作がこれしかなかったてだけらしいっすけど。

さてさて、本編の方はOPで遊佐さんのメイドさんトークに始まります。

確かにメイドさんの頭に載っているカチューシャの利点は謎ですね。
この話聴いて思わずメイド服について検索しちゃいましたよ!

んでもってこの日は遊佐さんの愛犬“銀河”ちゃんがいました!(漢字これでいいんだよね?)
どうやら宮田さんがお願いしたようです。でもこの銀河ちゃん、呼ばれても云とも寸とも答えないのに、宮田さんと遊佐さんがトークしている途中にクンクン言ってるんですよ。3回くらい宮田さんが「銀河!」って言っても無視!なのに・・・ε=(>ε<) プッー!

いまだカミカミがある遊佐さんに比べラジオ慣れしているのか、宮田さんには余裕すら感じられました。宮田さんもラジオトーク上手いっすよねぇ。
お互いの腹黒さと天然さについて話すお二人。う~ん、そうやって開き直っているところも十分腹黒いと思いますよ?
そんでもって宮田さんといえば、不味いもの!!
今回も不味いものについて多いに語ってくれていました!
五千円のメロンの味をバッサリと殺す男、宮田幸季!!流石だなぁ~!!

どうも今週は腹黒さと不味いものの話に終始していたような感じです。
来週は業界のこと話してくれるんですかね?

そうそう!2月のゲストは平川大輔さんなんですって!!
やったぁ~♪
フランツだよぉ~!
メール送っちゃおうかなぁ?
これは2月を“待て!しかして希望せよ!”って感じですねヽ( ̄▽ ̄)ノ
2006.01
12
(Thu)

行っきま~す!! 

行きますよ!!


『森川智之と檜山修之の

おまえらのためだろ!第26弾』


に、行っちゃいますよ!!

前々からね、声優さんのイベントに行きたい、行きたい、って思っていたんですわ。
そんな時、「おまえら~26弾」が京都で開催されると聞いて、
「こりゃあ、行かねば!!」
と思い立ち、ダメもとで問い合わせしてみたんです。
いくら地方でのイベントだからって、「おまえら~!」ですよ?
すぐ完売しちゃうんだろうなぁ、と思っていたら・・・・。

なんと!
チケット取れたんですよ!!

もうね、



















取ったど―――!!!
っていう心境です。

ゲストは多分居ないんじゃないかなぁ?と思うんですが、今回は
フロントトーカー杉田智和なんですよぉ(笑)!!
杉田が一体どんなパーフェクトワールドを見せてくれるのか非常に楽しみです!
きっと物凄いスピードで観客を置いてきぼりにしてくれることでしょう(笑)。

2006.01
11
(Wed)

水城せとな著『放課後保健室』 

実は、私三浦しをんさんのファンなんです。
Boiled Eggs Onlineで読むことが出来る三浦しをんのエッセイ「しをんのしおり」も毎週欠かさず読んでいるし、しをんさんのエッセイ集も殆ど全部持ってるし。それくらい彼女の書く赤裸々なエッセイが好きなんです!
さて、その記事の中にAmazonで注文をすることを「ポチる」とまた絶妙な名前を付けたというエッセイがあるんです。で、その記事の話題で今朝友達と最近何をポチった、という話題で盛り上がったんですよ。

私Amazonはそんなに利用しないんですが、Amazonのオススメリストについ最近買った漫画の作者さんの別の作品で、個人的に微妙かな?と思っていた作品がオススメさんれていて、「惜しいっ!やっぱり惜しいよ!」と歯噛みした覚えがあります。

えーっと、前置きが長くなりましたが。
やっぱりこの人の話面白いなぁ、と再認識した作品がコチラ。

放課後保健室 1
水城 せとな
秋田書店 (2005.1)
通常24時間以内に発送します。


高校生・一条真白は上半身が男性、下半身が女性のカラダを持つ生徒。
ある日突然見たこともない地下の保健室に呼び出されて、謎の先生から学校を卒業するための「特別授業」を受けさせられることになる。
それは夢の中で卒業をするための鍵を探すことだった。
同じ「授業」に参加していた紅葉から夢の中ではそれぞれ心の奥底に潜む本当の姿が具現化しており、「授業」に参加している生徒たちは課題をクリアするために鍵を奪い合い戦っているのだと聞かされた真白はその「授業」を通して正真正銘の「男」になってやると決意する。
一方、現実の学校生活では常々苦手だと思っていた水橋蒼に「本当のお前は女だ」と突然無理やりキスをされる。真白の性別の秘密を知っているのは「授業」に参加している生徒だけだ。真白は蒼が授業に参加している誰かなのではないかと疑い始め、その正体を知りたいと思い始める。
続きを読む »
2006.01
10
(Tue)

あーあ・・・。 

遂に買っちゃいました・・・。

VOICE Newtype NO.012

あーあ、買うまい、買うまいと思ってたのに買っちゃったよ。
こういうアニメ雑誌とか声優雑誌って一旦買い始めちゃうと次から次へと欲しくなるんで絶対に手は出すまい、手は出すまいって思ってたのに・・・・。

雑誌の前で行ったり来たりを繰り返し、散々悩んだ挙句
鳥海浩輔遊佐浩二の名前を見て購入を決意!

んで、読みました。
じゅんじゅんのインタビューがありました~☆
『リーンの翼』についてのインタビューでした。写真の格好が何かワイルドっぽい感じで格好好かったです(〃∇〃) ☆

あと、2ページ程なんですけれど「BLOOD+」でのよっちん&小清水さんのインタビューつうか、対談みたいなのが載ってました。年離れてるからかどうか分からんですが、全体的によっちんのテンションが低いような気が行間から感じました。んで、私も小清水さんは元ヤン系だと思った(笑)。
そんでもってグラビアのよっちんが凄い格好好かった~
小杉さんのコラムも面白かったです!なんか興味深いっす。

『蟲師』のギンコ役の中野さんのインタビューも興味深かったかな?
つうか、中野さんってVシネで活躍してるんだ!!そこにビビッタ(笑)。

スウィーツ・イグニッションの写真で鈴ケンの髪が明るい茶色でビビッた。染めた?

ウメコは相変わらず可愛かったです☆

鈴木のたっつんと高橋直純さんの記事はなんかアーティストっぽい感じでカッコ好かったです!ライブハウスみたいなところでの写真もあったし。

櫻井さんとヒロッキンさんのインタビューもありました。
お二人とも『ベルベットレイン』っていう香港映画の吹き替えを担当したそうです。ちなみに櫻井さんはま紫のカットソーでした。色も白かった。
櫻井さんは結構苦労したみたい。ヒロッキンさんはスッと出来たみたいだけど。んで、櫻井さんはリンチされるシーンがあるらしいです(笑)。観たいなぁ~。あ、東地さんも出てるらしい。

んで!鳥さん&遊佐さんの記事!
鳥さんはデビュー10周年らしいっすよ!
内容も鳥さんっぽいインタビューだなぁって思いました。
フラグラで聴いたり他の雑誌で読んだりな内容が大半でしたけれど。
でも、動物図鑑が好きで休日に酒飲みながら見てるってのは意外!
グラビアはファーが付いた黒のジャケットでブラックジーンズで全体的に黒っぽい格好でした。多分ファーはフェイクじゃないですよね。
グラビアは何か渋い顔の写真が多かった。でもカッコイイっす!!

遊佐さんはカジュアルな感じ。ライダースジャケットでした!若いなぁ~!
キャー!キャー!遊佐さ~ん!!ギャ―――ッ!!という気分(笑)。記事は新人の頃の話とかが興味深い。
あと、やっぱり遊佐さんって作品における自分の役のバランスなんかを凄く考えてやってるんだなぁって思った。つうかそう書いてあった!
私遊佐さんが出てたアニメってガッツリ観たのは「BLEACH」くらいだけどやっぱり市丸良いなぁって思う!つうか市丸は遊佐さんしかいないなって思う!
でも市丸って演じてて難しいんじゃないかなぁって思う。コミックス読んでても市丸だけ死神たちを裏切った理由が全く見えてこないんだもん。それ以前でも何か有りそうな飄々とした立ち位置がねバランス取るの難しそう。これは遊佐さんじゃないとね!
あと、「モモットトーク」についてもちょろっと話してました。
それと鳥さんゲストの時にも言ってたような気がしたんですけれど、これからはあえて正義の味方とかがやりたいって言ってた。

そんで巻末に森田さんのバーチャルデート企画なるものが載ってました。
どうやら一周年らしくて富士急ハイランドにてスケートしてました。
スケートしてる時に遊びに来ていた子供たちと話したみたいで、出演作を教えたら「見てる~!」って言ってたって。そんでもって一護の台詞を言ったら「似てる~!」って言われたんだって(笑)。
何かこういう話良いですね。っていうか良かったね!って思う。
やっぱり声優さんやっててアニメーションに出てるんだったら、子供に見てるって言ってもらったら嬉しいでしょうしね。特にBLEACHみたいなジャンプ系の作品だったら。

男性声優さんのグラビアもカッコ好かったんですけれど、女性声優さんのグラビアも可愛かったです♪特に植田佳奈さんと堀江唯さんと浅野真澄が可愛かった~
植田さんは好きな女性声優さんの1人だし、堀江さんは純粋に演技上手いっすよね!
浅野さんは低俗霊しか出演作見た記憶が無いんですけれど、浅野さんつったら「アニスパ」の人ですよね!低俗霊の特典映像見たときから思ってたんですけれど浅野さん可愛いっすよね!なんか植田さんとか堀江さんとか“可愛い”で大半を構成されていそうな可愛さ(見た目がね)ではなくサラッとした可愛さが良いですよね!
しっかし皆スゲーミニスカだな・・・・。
2006.01
10
(Tue)
京都に帰ってきました!
ギリギリまで実家に居てやりました!
いやぁ~!楽しかったよ?アニメDVD借りまくりの観まくりで!
存外にBLEACHが楽しかったです。つーか、あのアニメおいし過ぎる・・・。

火宅(三浦しをん風/笑)に帰ると楽しみにしていた裏マのCDが届いてました!
10日近く放置だったんで心配していたんですけれど、無事で良かった。ε= (´∞` )

20060109231942.jpg

続きを読む »
2006.01
09
(Mon)
プリ・プリがアニメ化だぁ?!

マジですか?!?!

そうか、アニメ化か・・・。
「プリンセス・プリンセス」そんなに売れてたんだ・・・。(←超失礼)

「プリ・プリ」ってCD化されてませんよね?
声優さんが非っ常に気になるところですね。
一応、可愛らしい格好が似合う男子、という設定ですからね。
女性の方が声を当てることもあるんですかねぇ?
斎賀さん辺りならあり得そうだな・・・。
誰かなぁ?
でも多分声優陣はそこそこ豪華な気がする。
じゅんじゅん出ないかなぁ?実琴とか似合いそうだけどな・・・。

しっかし、どうなるんだろう・・・?
なんか期待より心配の方が大きいよ・・・。
素材としては面白いと思うけど・・・。
こう言っちゃあ何ですけれど、「プリ・プリ」って読んでいて時々テンポが悪いなぁと思うことがあるんですよね。決して面白くないわけではないんですけれど。
説明過多だったり不足してたり。あと盛り上がってる場面でもこっちが妙にのれなかったり。
そういうのが偶にあるんですよね。総合すると面白い8割って感じだけど。

その辺はシリーズ構成の面出さんの手腕に掛かってくるでしょうけど。
エピソードも貯まってるように見えてもすぐ消化しちゃうだろうからな。
1クールかな?2クールだったらオリジナル要素いっぱい出てくるだろうなぁ。

っていうか放映地域にうち入ってるかなぁ?(超重要!)
続きを読む »
2006.01
07
(Sat)

HE・TA・REバトン 

ラストスターの志野とよこさんから
ヘタレバトンなるものを頂きました☆
ヘタレとな?!昨今はヘタレブームなのでしょうね!

■あなたはヘタレですか?
ヘタレですね(断言)。
年を経るごとにヘタレていく気がします。
基本的にツッコミだとは思うんですが、どうにもスパン!といかないんですよね・・・。
イジラレて笑いがとれるようなプラスな方向にヘタレなら良いんですけれど、どうにも私はマイナスの方向にヘタレな気がします。
うわぁ、ダメだこりゃ。

■あなたはいつからヘタレ好きになりましたか?
リアルに好きになる人は、そんなにヘタレていないとは思いますが、でもヘタレな一面を観るとトキメキませんか?なんかイジリ倒したくなる衝動が・・・。
あれ?これってSッ気?
二次元では常にヘタレが愛おしいですけれどね!

■気になるヘタレキャラを5人教えて下さい

コンラッド(マニメ仕様は特に/笑)
だってコレの一個前の記事でも散々ヘタレだヘタレだって言ってたし。
原作では腹黒さ当社比で割り増しな感じですが、そんなときに限ってヘタレ度も割り増しです。
これは私が「う~ん」と唸った有名な名言なんですけれど
「鬼畜とヘタレは紙一重!」
納得!すげぇ納得!!
でも彼はヘタレていた方が好感度が高いと思うのでずっとヘタレていれば良い。

石田雨竜(BLEACH)
今さっきまでレンタルしてきたBLEACH観てたんですけれどあの子もヘタレですね~(嬉々)!
ビックリするわ!原作とかで出始めの時とかはクール系キャラだったような気がするんですが、いつの間にかヘタレ要員になってました。
でもヘタレだからちょこっと活躍すると物凄い格好良く見える(笑)。ある意味得な子です。

吉良イヅル(BLEACH)
またもやBLEACHから一人。彼は押しも押されぬヘタレキャラですね。
割とカッコイイキャラとか男前キャラが多いBLEACH界においてTOPを独走するヘタレっぷり。
ヘタレなのに加えて中の人が櫻井さんってのが非常にオイシイですね!
櫻井さんの声でヘタレ!なんて素晴らしい可能性を秘めた子なんだ!

景麒(十二国記)
無自覚天然なヘタレ。
三歩下がって付いて行く嫁さんのような人です。
主上がどんどん男らしくなっていくのに比例して彼のヘタレ度も増していきます。

フランツ(厳窟王)
ヘタレでしょう!
アニメでは伯爵の謎に迫るという狂言回し的なやく所もあったんですけれどね。
でもさあ、アルベールに対する煮え切らない態度はヘタレ以外の何ものでもないっしょっ!!
17話でアルベールがフランツの胸に縋ってきた時、いったい何人の視聴者が
「イケッ!抱きしめろ!!今なら自然に抱きしめられるぞ!!」
と思ったことか。結局手をポンと肩に添えるだけってのが非常に彼らしい。そんな奥ゆかしい所がヘタレです。
ちなみにアルベールはヘタレじゃないと思います。あの子はアホなだけです。

■実はヘタレだったらいいなと思うキャラを5人教えて下さい

ネズミ(NO.6)
志野さんに便乗!
紫苑が精神的にたくましくなっていくのに対してネズミはどんどん紫苑に依存していきそうな気がする!紫苑と出会ったことによってヘタレになっていくような気がする!!

鬼灯(百鬼夜行抄)
これは「鬼畜とヘタレは紙一重」説にも当てはまると思います。
司ちゃんがいるとヘタレ度が急上昇しますけれど律の前でもヘタレれば良いと思う!

火村英夫(火村シリーズ)
火村先生です!作中ではチョビットだけ弱い所が出てきますけれど。
基本的に先生は完璧っぽい人(ファッションセンス以外は?)だからもちょっと崩れた所が見てみたいかなぁ?なんつって。
そしてアリスに甘えればいい!!(そこかいっ!)

相葉祐希(無限のリヴァイアス)
作中でも弱冠ヘタレているんですが、でもこの子も基本的に精神的にブレない人なんですよね。だからもっとグダグダな所が見てみたいなぁ、なんつって。
唯一祐希の心をかき乱すことが出来るのはお兄ちゃんの昂治なんです!!脳内妄想じゃなくてオフィシャルでそうなんです(嬉々)!

5人は思いつかないんで4人で。

■次に回す5人
放置で!
ヘタレ好きのソコの貴女!如何です?
2006.01
05
(Thu)

このダメ男がぁッ(笑)!! 

三ヶ日も過ぎた今日この頃ですが、お正月、皆さん如何お過ごしですか?

世間一般の皆様は里見八犬伝やら新撰組!やら古畑やらを観ているようですね。
ヲタクな私はアニメば~っかり観ていますが何か?

話は少し遡りますが、12月の中旬位にBS2で「今日からマ王」の一挙再放送があったんです。
下宿先ではBS2は観る事が出来ないので、私は恥を忍んで、薄々娘がヲタクだと気づいている母親に頼み込んで録画して貰いました(爆)

えっ?!プライド?羞恥心?何ですかそれ?

マ王陛下の前には家族に対する見栄なんざ吹っ飛ぶんです・・・(泣)!
今日からマのつく自由業! 1
松本 テマリ著 / 喬林 知原作
角川書店 (2005.12)
通常1-3週間以内に発送します。


帰省して3日目。
家族が全員出払っている時を見計らってマ王視聴。
五時間ぶっ通しでマ王
53話から65話まであったんでね流石に時間が掛かりました。
でも至福の時間でした。
私原作派だったのに何時の間にこんなにマニメにハマってたんでしょう?
アレだ、多分いかがわしいコンラッドのせいだ!間違いない!

今回の再放送ではやっぱりコメディ有りシリアス有りで、マニメオリジナルの最終段階へ向けての布石というか、ラスボスっぽい人が登場してました。
それからお兄ちゃん!!勝ちゃんです。コニタンです!
全国のお兄ちゃんファンの地上波NHK派の皆様!(私信 そしてS月さん!)お待たせ致しました!
お兄ちゃんフィーチャーな話が登場です!!
アニメで一回登場して、CDではハッチャけたブラコンっぷりで大人気の勝ちゃんですが、アニメでは意外や意外!!シリアスでしたよぉ~!
ユーちゃんLOVEなブラコンは変わりないんですが、あの子スッゴイ真剣に悩んでました!
CDのハッチャけっぷりも大好きですが、こっちの勝ちゃんも萌えです。

何といいますか、勝ちゃんの葛藤は是非描いておくべき題材なんでしょうけど、こんなにも何話も使って描いてくれるとは正直意外でしたね。やっぱり勝ちゃん人気なのかな?コニタンだしねぇ~。
そしてやっぱり渋谷家は最高でした。浜のジェニファー最高!

勝ちゃん大活躍に至るまでの展開もお約束と言えばお約束なんですが、マ王はある意味王道を突っ走るアニメなので全然アリ!なんですけれどね。けれどお約束はお約束でやっぱりオイシイものですね。

それから!

ココ重要なんですけれど。

今回もウェラー卿はヘタレてました。

大事!スッゴク大事!
2ndシーズンに入ってから、というかカロリア編からこっちヘタレまくって私の中でのマ王ランキング急上昇中の彼ですが、今回の再放送でも大分ヘタレてました(嬉々)!
特に65話のウェラー卿のヘタレッぷりといったらもう・・・!!
横っ面をひっぱたきたくなる位ヘタレでした。
え?褒めてますよ?

身内の友人達よ、またビデオ回すので彼のヘタレッぷりを楽しみにしていて下さい。
2006.01
03
(Tue)
実写です。
ヤングアニマルにて好評連載中の路上バトル漫画『ホーリーランド』
コチラでも一回紹介したのですが、今回はドラマ版です。
BCBJ-2274.jpg

石垣佑磨主演。
徳山秀典、青山草太、鈴木信吾、水谷妃里 他出演。
映画「あずみ2」などで有名になった金子修介が総監督。脚本に黒田洋介。
という布陣でも話題だったんですが実際に見た方がこのドラマの面白さは伝わると思います。

原作自体が面白いし、ドラマも忠実に原作を再現しているので話の筋としては面白くないはずがない!アクションが得意な監督なので格闘シーンの映像もスピード感があるし本当に殴ってんじゃねえか?!と思ってしまうくらいリアルなストリートファイとが繰り広げられています。
アクション指導に原作者の森恒二が参加しているし、このドラマの見所ってのもあるんでとにかく力が入ってます。

それから役者も良い!
役付きの人たちは脇に至るまでとてもハマってます!
特に主演の石垣佑磨。
彼の役の入り込み方が尋常ではないです!
元々空手だったかをやっていて筋肉質だったらしいのですが、この神代ユウをやるためにダイエットをしてウエイトを落としてきたそうなんです!
痩せて髪を切った石垣君はまんま神代ユウ!
内気で人前でオドオドしてしまう所もいざ喧嘩となるとスイッチが入ったように人が変わってしまうところもユウそのもの!
いやぁ、石垣佑磨ってこんなに上手い役者さんだったんだなぁと実感。

それから路上のカリスマ伊沢マサキ役の徳山秀典も良かった!
原作よりもよりストイックな雰囲気を持つ伊沢を好演してます。

ユウやマサキ、ショウゴはもちろんの事、格闘シーンがある人たちはみんなスタントを使わず本人達が演じています。オーディション段階でアクションが出来る俳優さんを集めたらしいのですが、やっぱり本人達は演じているだけあって迫力が違います!!
特に空手を使う緑川ショウゴ役の鈴木信吾くんや石垣君のアクションシーンは見栄えがします。
ユウVS加藤戦ではショウゴ君に教えて貰った一撃必殺の蹴りを使うんですがそれが物凄い!キレイに入ってます。撮影の裏話でもあったんですがあまりに威力が凄すぎてテストの段階で使用していた角材がキレイに折れたそうなんです!
それからまるでユウにショウゴ君が乗り移ったかのように二人が並んで構えるシーンがあるんですがこれも見ていてゾクッと来るシーンです。
それとユウとマサキの格闘シーン。パンチが凄く速くいし、フットワークの足捌きも速い。
長いシーンなだけに本人達も大変だったんじゃあないかなぁ、と思います。でもその分とても良いシーンになってます。
ユウのパンチをいなすんですが速すぎて見てるこっちも大変!

ヤンキーではないユウの友人シン役の青山草太君も良かったです。
この人一番最初のテニプリのミュージカルで乾を演ってそれ以来何となく注目していたんですが、今回のシンも良かったです。
懐の広さや滲み出る自然な優しさなんかも伝わってきます。
そして何よりイケメンです(笑)。
と、いうか流石に役者さんばっかなので不良のわりに顔のイイ人が多いです(笑)。
特に原作に忠実なんだけど何か格好良くなってるのが吉井というキャラ。
世田商という高校で番を張っているヤンキーなんですが、どう見ても一人だけVシネ顔
周りの子分達は今時の不良って感じなんですが吉井だけVシネ
竹内力とか哀川翔とかそういう系統の顔。
何か面白いです。

アニメ好きな方も特撮好きな方もイケメンがボコボコにされる様が見たい方も(笑)オススメ。
本当に面白いので見た方が良いですよ!
2006.01
02
(Mon)
見ました!
創聖のアクエリオンコンプリート

メディアファクトリー (2005.11)
通常24時間以内に発送します。

ファミリー劇場一挙放送を見逃すという年末最大の失態を犯し、悔しさのあまりDVD6巻まで一気に借りてきて一気に見ました!
1,2話だけは夏に、出ていたDVDを借りて見ていたんですが、その時と17話まで見た今回の印象がガラリと変わりましたね。
1,2話だけ見るとギリシャ神話あたりを背景にした高尚そうなロボットアニメ。ってと頃ですね。ですが流石に17話まで見ると全体の雰囲気も掴めてくるってもんです。
簡潔に感想を申しますと、

だ~いぶハッチャケたアニメだなぁ・・・。

そして、

訳分かんないけど面白いっ!!

ってとこでしょう。
基本的にロボットアニメって熱心に見る方ではないのですが、
コレは見始めたらクセになりますねぇ。
だって“合体して気持ちいい”ですよ?!
馬鹿だねぇ~!
でも真面目にテンション高い馬鹿なので面白いです。

作画というかキャラデザが非常に好みですね。ゴテゴテし過ぎず、かといって薄味過ぎず、ちゃんと華もある絵柄が良いです。
特に!
敵に当たる堕天翅族の頭翅(トーマ)様が非っ常に麗しい!!
しかもCVが森川さん!あの麗しいお姿からモリモリの色気たっぷりの声が出てくるんです!
ヒイィッ!!萌えっ!!

17話まで見た段階で一番クラッときたトーマ様は12話ですね!
シルヴィアとアポロが自分たちの過去聖であるセリアンとアポロニアスの記憶を見るシーンがあるのですが、そこでは天翅であるアポロニアスが同族である堕天翅達を裏切り人間のセリアンと恋に落ちてしまうんです。裏切りの罪で仲間達に捕まったアポロニアスを助けにきたセリアンは逆に捕まってしまいアポロニアスの目の前で命の危機に!
顔を歪めるアポロニアスにトーマ様は「彼女を助けたら戻ってきてくれるかい?」と言うんです!
何を隠そう、トーマ様とアポロニアスは許嫁同士なんです!
男同士ですが何か?
とにかく、アポロニアスが帰ってきてくれるなら許嫁を奪った憎い女ぐらい助けたろうやんか!という心意気で言ったの台詞の時のトーマ様の麗しい事、麗しい事
アポロニアスの生まれ変わりであるアポロを可愛さ余って憎さ百倍で見つめるトーマ様の眼差しとか、トーマ様のツヤツヤの唇とか、動くたびに少し揺れる髪の毛や衣装の衣擦れまで全てが麗しい!!
ナチュラルに様付けしてしまうキャラは最近では跡部様以来です(笑)。
とにかくそれくらい愛しくも麗しいお方なんです!

そういえばアポロニアスの声ってアポロのCVの寺島君がやってるんですよね?
セリアンはシルヴィアCVのかかずさんですよね?
なんか時々アポロニアスの声が石塚運昇さんに、セリアンが玉川さんに聞こえるんですよね。

そうそう!アクエリオン、声優さんもピッタシで豪華です!
主役の寺島君はまだまだ若い俳優さんで知らない方も多いと思いますが、脇が良い!
ヒロインのシルヴィアCVかかずゆみさん。
シルヴィアの兄シリウスCV杉田智和。
他にも小林沙苗さん、阪口大輔さん、朴ロミさん、飛田展男さん等々。
敵方にも森川さんをはじめ、後々矢尾さんコニタン、川上ともこさんなんかが出てきます!
特に個人的にはシリウスCV杉田が非常にハマっていると思います。
シリウスって完璧主義者で、旧アリシア王国の王子様で、プライドが高くって美しい物が好きで自分でも詩を口ずさむ様な人なんです!
シリウスが意味深で訳分からん詩を口にしたり、テンション高く戦っていたりするのを見る度にシリウスは杉田しかいないな、と思えてくる。あのシリウスの可笑しさは杉田しか出せんでしょう!
まあ個人的にトーマ様の次にお気に入りなのは朴さん演じるクルトとクロエの双子ですが。

とにかく見ていてテンション上がってくるアニメって久々です。
17話までみて続きが気になってしまい、結局ファミリー劇場を見逃した事を悔やむというパラドックスに陥りそうです。
嗚呼、トーマ様・・・。
続きを読む »
2006.01
02
(Mon)
大量に借りてきたアニメDVDをようやく消化したのでチョロッと感想何ぞを。

『吟遊黙示録 マイネリーベ』全13話


乙女ゲーから派生したこの作品。ここ数年でアニメにもガッツリ女性向けコンテンツが増えてきましたよね。「遥か~」しかり「すきしょ」しかり。少女漫画からのアニメ化ではなく、ゲームからの派生ってのが特徴ですかね?
でも女性向けだからこそ話の骨組みは太くしっかりと描いて欲しいと思うんですよね。いっそのこと物凄いハードボイルドでも私は全然構いません!

時は1935年 世界が戦乱の兆しを感じ始めていた時代。
舞台となるのはヨーロッパの大西洋に囲まれた、とある美しい島国クーヘン王国。
英知な王と5人の聡明な使長により各国の侵略を阻止し、一応の平和を維持していた。国の未来を担う使長を目指す5人の若者、オルフェ、エド、カミユ、ルーイ、ナオジは、その第一歩となるローゼンシュトルツ学園のシュトラールとなるために、日々学園で、勉学や武術に励んでいた。


ゲームの時からキャラデザが由貴香織里ってなわけでとにかく画面がキラッキラしてます。
特に話の主役となる5人の中でも中心にいる、オルフェレウスがキラッキラしてます。王子ってかんじです!それからやっぱりココ重要だと思うんですけれど声優陣が豪華
オルフェCV.櫻井孝弘 エドCV.関智一 ルーイCV.関俊彦 カミユCV.保志総一朗 ナオジCV.石田彰なんですよ!!何度でも言います!豪華~

全体的な話の筋は静かに流れていきます。時代が時代なのか、キャラ設定のためなのか、話を引っかき回すお馬鹿なキャラがいないためとても静かに耽美に話が進んでいきます。賑やかしみたいな庶民派な人はいますが基本クソ真面目ですねぇ。登場人物みんな頭良い人なんですよ。お前らチョット察しが良すぎるぞ!ってなくらい。うん、そんでもってシリアスです。
シリアスは嫌いじゃないんで良いんですけれどね。

政治とか国政とか世界情勢とか諜報部員とか革命とかそういうものが背景にある感じでストーリーが展開していくんですけれど、いまいち説得力に欠けるかな?というのが難点でしょうか。主人公達が自分の事だったり国の事だったりに物凄く真剣に悩んでいるんですけれどもう少しせっぱ詰まった状況でも良かったんじゃないかとも思う。
たぶんシリーズ構成の面出さん(この人はマ王の構成もしてます)は世界観を大切にしていきたかったんだろうし、そういう政治的な物も絡めつつキャラクター達の有能さも描きたかったんだろうけど不発って感じかな?

それでも主役五人の内面は結構描けている方だと思いますね。
それぞれお当番の回があるんですが焦点が絞られている分話に入り込みやすいですかね。

私が好きなエピソードは日本人であるナオジが主役の4話と、かつてシュトラール候補生であり、政治家として失脚した男の苦悩を描いた10話が好きですかね。
5人の中でナオジが一番好きだってのと異国で瀕死に陥った年老いた詩人との邂逅による望郷の念や未来への希望と不安が良く描けているんですよね。瀕死の詩人が阪修さんだったてのも大きいんですが。

それと10話は高い志を持っていた男の失脚と苦悩と現実が良かったです。どんなに平和で豊かな国でも汚職に手を染めている政治家は山ほどいるし、高い志を持っている人ほど政治の世界ではこっぴどく弾かれるっていう現実とか、民衆の冷たい反応とか。そういうキナ臭いものが描けていて良かったと思います。

と、言うかどうやら私はキナ臭い話が好きなようです。
綺麗な見た目の世界ほど醜い現実を描いてくれると小躍りしたくなります(←天の邪鬼)

全13話でこれだけ描けていればまあ及第点かな?と思います。
細かいところで色々(例えばカミユの走り方。いくらショタ担当だからってあの乙女走りはどうよ?!)とツッコミ入れたくなりますが、そこは置いておきましょう!

これからマイネリーベを見る方には是非ともレンタルDVDをオススメします!!
以前も書きましたが、各巻には主要キャストのインタビューが収録されているんです!しかも最終巻の7巻は主要キャスト6人による座談会!

声ヲタ女子必見!!
あ、ちなみに6人というのは櫻井さん、ダブル関さん、ホッシー、石田さん、子安さん。
作品が静かでシリアスな感じの作品なので折角の座談会なのに皆さんハッチャケてくれませんでした・・・・(-_-)。でもホッシーがちょっと面白かったし、動いて喋っている豪華声優陣を見れるだけでもお得!

すでにゲームの「マイネリーベ2」の発売と続編アニメの放送が決定しています。
これからも乙女ゲーというか女性向けコンテンツからのアニメ化が増えていくと思いますが、私個人の趣味としてはにも書きましたが物凄いハードボイルドな硬派で骨太なそれいでいて萌える関係性を描いた作品にしていただきたい!!
出来れば「咎狗の血」がいいなぁ~。18禁だけどね(苦笑)。
2006.01
01
(Sun)
HAPPY NEW YEAR☆

明けましておめでとうございます!!

今年もなにとぞヨロシクお願いしますm(_ _)m
 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。