腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10
30
(Sun)
昨日今日と、届いたばかりの『無限のリヴァイアス』のDVDを観ています。
観始めると続きかが気になって、取り溜めておいたアニメのビデオを消化する気がおきません。
それくらい面白いです!

ところで皆さん知ってます?『無限のリヴァイアス』。
私の身内には、リヴァ語りできる友人が一人しかいないんですけど、そんなにマイナーかな?
結構有名だと思うんですけど、どうでしょう?

2137年、太陽のコロナフレアによる異常現象「ゲドゥルト・フェノメーン」(ゲドゥルトの海)が地球を襲い、南半球をのみこんでしまった。それから88年後の2225年。人類は残された土地で生き抜き、復興をとげていた。空を横切るゲドゥルトの海も、すでに日常の風景の一部となっている。
16歳の少年、相葉昂治は航宙資格取得のため、弟の祐希や幼なじみのあおいとともに教習衛星リーベ・デルタで訓練を受けていた。だがある日、ゲドゥルトの海近くを通過中にリーベ・デルタは突然制御を失い、ゲドゥルトの海に沈降しはじめてしまう。
徐々に圧潰していくリーベ・デルタ……。その混乱と恐怖の中、昂治たち訓練生は密かに隠されていた謎の巨大艦リヴァイアスを発見した。リヴァイアスに乗り込んでゲドゥルトの海に乗り出す少年少女たち。彼らは、想像を絶する過酷な環境を、生き延びることができるのだろうか!?

サンライズオリジナル作品で脚本は黒田洋介。キャラデザは平井久司。
「蝿の王」っていう小説に色濃く影響されてるらしいです。
このアニメねすっごく面白い!でも賛否両論真っ二つに分かれると思います。
なぜかっていうと、凄く重い話だから。あらすじだけだと十五少年漂流記かと、一瞬思いますけど全く違います。
閉鎖されて抑圧された環境の中、権力を持つものが台頭していきますがそれは次々に二転三転します。それはまるで実際の社会を早回しで見ているかのよう。夕方放送だったんで、あんまりあからさまな表現はしてませんが、権力、暴力、性、欲望、嫉妬、裏切りなどなど何とも醜い感情が余すことなく描かれています。
近年の、種だか運命だかのイメージが強いサンライズ作品ですけど、「なーんだ、こんな凄い作品作れんじゃん!」と思ってしまいます。同じ平井キャラなのにどうしてここまで違うんでしょうね?声優さんも種とかと微妙に被ってることが多いだけに、やはり監督と、何より脚本の力量は大きいな、と思わざるを得ませんね。

主人公の相葉昂冶は普通の平凡な何も特別なところのない少年。彼はゆらゆらと浮かぶ葉っぱの小船のように、リヴァイアス内の権力闘争に巻き込まれていきます。これぞ巻き込まれ型主人公!!という程の巻き込まれっぷりです。さすが、サンライズ史上最弱のヒーロー。
主体性があるのかないのか、今一ハッキリしない昂冶は観ている方にとって映し鏡のように感じることがしばしばあります。
その何ともリアルな人間描写が、観ていて痛いと感じる要因なんですかね。
一応主人公はいるんですけど、リヴァは非常に良く出来た群像劇でもありますね。
相葉昂治、彼の弟の祐希、友人であり相棒の尾瀬イクミ、幼馴染の蓬仙アオイ、彼女の友人和泉こずえ。昂治とイクミによって助けられた謎の少女、ファイナ・S・篠崎。
その他にも成績優秀者ばかりが集められた操船のスペシャリストを養成するツヴァイ。ツヴァイの実質的なリーダー、ユイリィ・バハナ。名目だけのリーダー、ルクスン・北条、ツヴァイ内で一番冷静な参謀的な人物、シュタイン・ヘイガー。
一番最初にツヴァイを押さえ監査役として台頭するチームブルー。
そのリーダー、エアーズ・ブルー、彼に従う、フー・ナムチャイ、ミシェル・ケイ、クリフ・ケイ、クリフに夢中のツヴァイメンバー、チャーリなどなど。上げれば限がないくらい様々な人間の思惑が交差します。
二転三転する権力闘争、錯綜する人間関係、どんどん崩壊していくリヴァイアス内の秩序。
それがギリギリまで続き、果たして本当に終わるのか?と一瞬心配してしまいますが、そこは流石に黒田洋介。
ちゃんと落し所に落として終わります。多分、この子達はこういう展開じゃないとこの旅が終わらなかったんだろうな、と思います。
ちゃんと、後日談をいれてくれたのはファンにとっても嬉しい限りです。

さてさて、普通に観ても凄く面白いリヴァイアスですけど、腐女子な私はリヴァを観るたびに胸をときめかせ、キュンキュンしています。
それは何とも魅力的な人物設定のためでしょうね。
主人公の相葉昂冶。彼の弟で顔良し、頭良し、身体能力も高く、プログラミングセンスもずば抜けて高い、だけど口の悪い、一匹狼の非常に優秀な一つ下の弟祐希。
彼らがね、物凄く仲の悪い兄弟なんです。平凡な兄、優秀な弟、というだけでもツボなのに、祐希は物凄いブラコンなんです。常に昂治に突っかかっていくし、昂治の困った顔が見たいがために、彼の後を追っかけてくるんです!萌え。
端から見ている私たち(視聴者)からは分りやすくブラコンなのに昂治は気が付かないし。
人前で取っ組み合いの殴りあいもします。まあ、昂治が一方的にやられるんですけど。
祐希が昂治に「脳ミソ腐ってんじゃねえのか」とか「このクソ兄貴が!」とか「この偽善者が!」とか「このクソがっ!」と言う度に、私には「俺を見てくれー」「構ってくれ」「俺を認めてくれ」「好きだー」と聞こえてきます。
世の兄弟(しかも弟×兄)好きのお嬢様方!
一遍「無限のリヴァイアス」観た方が良い!!
何なのこの兄弟!萌え!ってなりますから!きっとあなたも祐希×昂治の虜ですから!!!
私の中でベストオブ兄弟です。
あれ?話が結局腐ォースの方向へ行ったぞ?
でもね、本当この兄弟は語りつくせないくらい萌え兄弟なんです。
今でもリヴァイアスで活動している人が少なからずいるのは彼らの魅力なんでしょうね!
スポンサーサイト
2005.10
30
(Sun)

『BLOOD+』第四話感想 

なんてこったい・・・・。先週放送分の上に今週分を重ねちゃったよ・・・・。
バカッ、馬鹿っ、だからあんたは愚図で鈍間な亀なのよ!!!
はーあ、ガックリ。
まあ、ネットで再放送視れるから良いけど無料会員だから今回分しか視れないんだよなー。
有料会員はなー、何か勿体無い気がするんだよな・・・。

そうそう、今週は友人宅に遊びに行ったのでリアルタイムでは後半しか視てないんです。
んで、BLOOD+ではなく何を視たかというと、「忍たま」。
家主の友人がガッツリ忍たまにハマっていて他の友人たちも忍たま結構ハマっているから便乗して鑑賞。
再生前に、今回の話にはじゅんじゅんが出ているよ、と言われ俄然やる気になる私。分りやすーい・・・。
確かにじゅんじゅん出てました。端役で。しかもよくよく聴いてると(視てるじゃないのかよ!)どっかで聞き覚えのある声が・・・。EDロールで確認するとじゅんじゅんの下に岸尾大輔の文字。ハッ!そうか、キッシーだよ!ダイサクだよ!と、一人興奮。
誰?と声優さんに明るくない友人たちに説明しようにも、これだ!と言う代表作が思いつかない。ゾイドに主演してたけどいつのゾイドか分らないし、まさかBLCDにいっぱい出てるよ☆とも言えないし・・・。

まあ、そういうわけで家に帰ってゆっくりとネットで視聴しましたとさ。

第四話「アブない少年」
フォレストの攻撃で重傷を負ったジョージは救急病院へと運び込まれる。
怒りに満ちたカイはジョージが隠し持っていたコルトM1911を持ち出し、リクの制止を振り切って単身、フォレストの行方を追いはじめる。

カイを追って、夜の街を走る小夜たち。その最中、小夜はハジに出会い、カイを助けるために、自ら、戦いの中へと一歩を踏み出す。
倉庫街へと跳ぶハジと小夜。
そこでは、カイがフォレストに追われ、危機を迎えていた……。

なんか、危ないが漢字表記じゃなくて、アブない、だとアブデカ思い出しません?あ、しない。そうですか。

今回はフォレストを追うカイ暴走編。それと話のポイントとしては小夜が自ら戦いに赴くってとこですかね。

病院に運び込まれたジョージは瀕死ながらもとりあえずは死んでませんでした。ホッ。
小夜が付き添う中ジュリアという女医が駆けつけます。どうでもいいんですけど、一話のときも思ったんですけど、この人女医さんなのにスカート短くないですか?お色気担当ですか?しかもヒールだし。こういう女医さんって本当にいるのかな?
翼手によって負傷したのに緊急病院に搬送したことをデヴィッドさんに軽く詰るジュリア。翼手って感染するんですかね?
ネクタイのないデヴィッドさんも素敵です☆ほんの少し見える首元がやたら輝いて見えます。私には。
カイがフォレストを探しにいったことを小夜に伝えるリク。そしてカイを追う二人。そして、そんな二人を追うデヴィッドさん。この人は以外と熱いハートでクールに決める人みたいです。良かったー。したら、今後も出番ドンドンあるはずですよね!
友人たちにフォレストが良く行く店を訊き彼の恋人ミレイを探し当てたカイはその後を付けます。
カイが向かった店に向かった小夜はその途中謎の声を聞きます。咆哮みたいな?しかもサラッとリクも聞こえていた模様!!
店に着いた小夜は真央に会います。真央にカイ捜索を手伝ってもらう小夜。
真央って何者の娘なんでしょうね?お父さんは権力者っぽいけど、まさかヤのつく自由業の娘さん・・・?
だってあの堂々とした運転手の使いっぷりとか、クラクション鳴らす車への一喝とか。胆据わってんなー。
謎の咆哮を聞いて飛び出す小夜とリク。小夜はそこでハジに会います。
どうすればいい?と問う小夜にハジは命令してくださいと言う。
ハジに連れられていく小夜。リクは小夜に追いつくことは出来なかった。追いかけてきたデヴィッドさん。リクは小夜同様、何か聞こえるといいます。リクは何かありそうな子ですね!
フォレストの居所を突き止めたカイ。ミレイが倉庫の中に入るのを見届けます。すると中から悲鳴。慌てて中に入るとミレイが翼手となったフォレストに血を吸われています。
うわー、皺くちゃ。カイは銃をフォレストに向けてぶっ放しますが全然効きません。間一髪というところで小夜登場。翼手ってその字面の通りなんですね!手が羽にになったよ!!なんか、ラピュタのロボットを思い出す。ちょっと羽の生え方が似てません?
翼手を一刀両断した小夜。我に返ったと同時に泣き出してしまいます。
これは自分が普通の存在じゃなかったことを実感して嘆いてるのでしょうか?
翼手のしたいとミレイの死体を運ぶルイス。デヴィッドがハジに「小夜は覚醒したのか?」と訊ねます。
ここでなっかなか答えないから、ハジってば、小夜以外の人と口を利かないつもりなのか?!と思いきやた~っぷり間をおいて「まだ、完全ではない・・・」と答えます。
ハジってセリフを字におこすと・・・・が多そうですよね。
そして米軍に連れ去れてしまったジョージ。ど、どうなる?!

今週の遊佐さ~ん!今週の遊佐さんはアルジャーノに付き従ってる米軍の人です。「梅味」といって飴をお裾分けするアルジャーノ。ここの「梅味」っていう言い方!何かざわざわする。さすが諏訪部さん。
遊佐さん役付きにならないかな~。今の米軍の人も結構おいしい役所だよなー。
 | ホーム | 
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。