腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10
09
(Sun)
関西では今日始まる深夜アニメが5つもバッティングしてるんです。残念ながら私はテレ東系のアニメが視られる環境にないため本日チェックしたのは『地獄少女』と『灼眼のシャナ』です。
クソーッ!『クラスターエッジ』と『銀盤カレイドスコープ』見たかったなぁ・・・(泣)。
おぉ、ジュンジュン、よっちん・・・・。

まずは『地獄少女』

午前零時にだけアクセスできる「地獄通信」。ここに晴らせぬ恨みを書き込むと地獄少女が現れてその恨みを晴らしてくれるという。
クラスの募金を失くしてしまった真由美。クラスメイトの亜矢が助けてくれてその場は難を逃れたが、この日から亜矢と真由美のつらい主従関係が始まった。追い詰められた真由美は「地獄通信」の噂を耳にする。

初回なんで絵も綺麗ですし、ホラーなんでキャラデザもリアル系といいますか、変に萌え系な感じじゃないのが良いですね。話もお化けどうこうというより、人間の業というものを描いてる感じです。
地獄少女の閻魔あいがどんな人物なのか、というか人なのかどうかすらわかっていない状態です。契約を完了し、恨みを晴らしに行くときはあいのほかにも骨女だとか一目連だとか輪入道だとか妖怪を引き連れていきます。ターゲットである人物を恐怖に陥れていくんですが、初回は見ていて仕置き人のような風情が・・・。

アニメ見ていてずっと苛められてる人と苛めてる人誰だったかな?って思ってたんですが、EDでようやく判明。苛められっ子が植田佳奈、苛めっ子が川上とも子でした。苛めっ子の人最初雪野五月かと思ってたんですけど全く違いました。ウーン、どちらも割と好きな声優さんのはずなのに・・・。
話の作りも、前半で身近に迫る恐怖(苛めだとかストーカーだとか)で後半であいによる復讐代行の恐怖(お化けとか有り得なさの恐怖)という二段構造っぽい。この前半の恐怖が手を抜いてないから後々の怖さとかが生きてくるんでしょうね。
ところで、この話「なかよし」で今月から隔月連載を始めるそうです。
えっ!?マジで?あの内容を「なかよし」で?!う、うーん・・・。とりあえず身近な恐怖は手を抜かないでほしいですね。

それと主人公のあいが能登さんなのと、一目連が松風雅也さんなのも私的ツボポイントですね。松風さんの飄々とした感じの演技ってカッコ良くてキュンと来る。

続きまして『灼眼のシャナ』。
灼眼のシャナ
灼眼のシャナ
posted with 簡単リンクくん at 2005.10. 9
高橋 弥七郎〔著〕
メディアワークス (2002.11)
通常24時間以内に発送します。

こちらは小説原作の作品です。それなりに刊を重ねているのでそこそこ面白いかと・・・。

悠二、おまえはあたしが護るから。

平凡な高校生、坂井悠二の日常は、ある日突然消滅した。
異界から渡り来た、人の“存在”を灯りに変えて、喰らうという化け物“紅世の徒(ぐぜのともがら)”が悠二を襲う。
逃げることも忘れ呆然と立ちすくむ悠二を救ったのは、紅い髪と瞳をもつ謎の少女だった。
そして──その少女は、悠二にこう告げた。
「おまえはもう【存在】していないのよ」と。

平凡な少年が謎の少女に出会うことにより非日常に引きずり込まれていく、というまあ有り勝ちな話です。初回から訳分らんな話の中の専門用語を飛ばしまくり。ま、それも徐々に明かされていくんでしょうけど。
話は今のところまあまあ面白い、って感じ。そういえばこっちも少女に刀ですね。やはりこの組み合わせって何かクルものがあるんですかね?
知っていても全く気が付かなかったんですけど、主人公のシャナは釘宮理恵さんです。鋼のアルの人です。ヘーッ!女の子の役だとこういう感じなのか。もう一方の主人公である坂井悠二には日野聡という方。スンマセン全く知らないんですが新人さん?他にも敵方に諏訪部さんや、シャナがつけている喋るペンダントのアラストールに江原正士さん。
そしてEDのキャストロールを見て気付いたんですが、思いっきり私的ツボポイントが!それは野島裕史、野島健児の野島兄弟共演!! もうね、これだけで来週も視ようかと思ったくらいです(笑)。それに主人公も含め割とカッコイイ男子キャラもいるのでぼちぼち期待。ただ、女の子のいかにも萌え系な目がデッカイキャラデザだけが・・・・・。何とかならんかねぇ?

スポンサーサイト
2005.10
09
(Sun)

森恒二著 『ホーリーランド』 

ホーリーランド 10
森 恒二
白泉社 (2005.4)
通常24時間以内に発送します。


現在ヤングアニマルで好評連載中の『ホーリーランド』。今年の春から夏にかけて(だったかな?)石垣佑磨主演でドラマ化もされた作品。
簡単に言うとストリートファイトの話なんですけど、よくある有り得ねーっ!な漫画ではなくとても実戦的なバトル漫画。そして熱いです。熱いバトル漫画です。腐女子の私が言うのもなんですけど、萌えではなく燃えなんです。あ、イヤちょっとは萌えもある・・・かな?

学校にも家庭にも身の置き所がなく、自分の存在が確認できない高校生・神代ユウ。ボクシングのワン・ツーを覚えた彼はひょんなきっかけから“ヤンキー狩り”をするハメになり、夜の街の戦いに巻き込まれていく。

あらすじはとても明瞭で簡単なんですがまずユウの設定が、オッ?!と目を引くものです。彼は元イジメられっ子の引きこもりなんですが、その生活やこれからの未来に絶望し、一度死のうとするんです。でもギリギリになってやっぱり駄目だと怖気づく。その逃避行動の果てに彼はボクシングのワン・ツーパンチの素振りを始めます。日に5000回以上振り続けた彼はいつしか強力なパンチ力を得るんです。強くなったんだから少しは自信が付きそうなもんですがユウはいつまでたっても引っ込み思案で内気なままです。けれどいざ戦いとなるとスイッチが入ったように人が変わってべらぼうに強くなるんです。でもその強さも才能の一言では言い切れない努力の末の力なんです。
路上に出るようになった彼は様々な人たちと出会います。同級生で屈託のない明るさで接してくる通称シンの金田シンイチ。ユウはシンと出会うことで初めて親友を得、それが徐々に彼の強さに繋がっていくんです。
それから、“路上のカリスマ”と言われている井沢マサキ。一番最初にユウの才能というか強さに気が付いたのは彼で、ユウもマサキの強さに憧れ惹かれるんですけどマサキにも彼なりの過去があったり。それを知ったユウはマサキをただの憧れではなく一人の人間として見るようになり、彼らの関係も徐々に変わっていくんです。マサキが憧れの眼差しでみてくるユウが辛かったりしてるんですが、早く立ち直るといいね。
ユウと一度タイマンをはって以来大きく心情が変わりシンとともに友情関係が続いている空手使いの緑川ショウゴ。
ユウはショウゴ君と友人になることで蹴りを覚えより一層強くなるんですけど、シンちゃんとショウゴ君とユウが三人でいるシーンはなんとも微笑ましく、そして友人のいなかったユウの三人で過ごす時のなんとも面映そうな表情が読んでいて「良かったねえ、友達が出来て」と、小母ちゃん気分です。
他にも色々なヤンキーが出てきます。レスリングをやるヤンキー、一匹狼の剣道使いのヤンキー、ヤンキーじゃないけどなんとも味わい深い柔道家も登場します。
そしてこの漫画の特筆すべき点は頻繁に出てくる作者による熱い解説。どうやら原作者の森恒二もかなり格闘技をする人らしくて、その実戦的な熱く詳しい解説も見物の一つかと。

本誌は買わずに立ち読みなんで途中ポッカリと開いてるんですが路上でバトルを続けてきたユウは段々実際の競技者と対戦していきます。それから学校にもシンちゃん以外にも仲間が出来て段々と彼の交友関係も広まり、けれどどうやら8巻あたりでやったショウゴ君との再戦がまだ尾を引いてるような・・・。早く仲直りしてくれー!
ところでヤンジャン、ヤンマガ、ヤンサン、ヤンガン、モーニング、イブニング、と数ある青年誌を躊躇いなくコンビニで立ち読む私ですが、唯一躊躇するのがヤングアニマルです。何故かって?
私の印象なんですけど、ヤングアニマルってヤンジャンやヤンマガなんかと比べても大分載ってる作品がエロイんです。ちゃんと読んでないんでエロイだけじゃないかもしれないんですけど、パラパラってページを捲っていくだけでも、出るわ出るわの裸の女体。一応若い娘なんでそういう漫画ばっかりの雑誌コンビニで読むのは躊躇うんですわ。
でもなんだか最近慣れてきてしまっている様で、そんな自分が怖い・・・・。
 | ホーム | 
プロフィール

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。