腐女子が漫画やアニメや小説やBL漫画や声優さんについて節操なく呟くブログ。
  • 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
--.--
--
(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09
14
(Mon)
危うくブログTOPに広告出そうになるくらい放置してましたorz
ブログで生存確認してくれる人に生存が危ぶまれないよう記事を書いて行きたいとは思うんですけどねー。
何事も思うばかりではいけませぬ。
でも、学校の期末試験も終わって早急に出さなければいけない履歴書も無事発送できたし、これで追試がなければ8月に休めなかった分取り戻せるくらいには休めるとは思うんですけどねー。どうなるかなー。
実生活がにわかに忙しくなるとヲタする暇がなくなってくるのがいけませんよねー。かと言ってヲタ成分がデトックスされるわけでもないんですけど^^;アニメも全然見てないし、唯一視聴続けてられるのが『獣の奏者エリン』だし、夏アニメでコンプリートできたのは『青い花』(青い花は物凄く良かった!原作読みたくなったし、是非同じ監督同じスタッフで2期作って欲しいなーvv)だけです。あとはもう全然見てないなー。あ!何話か抜けたけど『咲-Saki-』は見てます♪てか百合ばっかwwww

珍しくドラマで見続けてるのが『官僚達の夏』です。これはもう面白い!!友達に合うたびに面白いよーと布教してるんですけど布教できてる気が全くしないwww何せ、若者が喰い付く要素全然ないもんなー(´・ω・`)
でも、凄く凄く面白いんですよー!ドラマの舞台は行動経済成長期の日本で、日本を先進国へと発展させ日本を豊かな国へとするために必死に足掻き働き続ける通産官僚達のお話です。
私も最初は題材的に理解して付いて行けるか不安だったんですけど、見はじめてみると実に分かりやすいし、例え経済用語が分からなくったって登場人物たちの熱い思いを感じることが出来ればオールおkなのだと見て気付きました^^
通産省舞台なので、女性は殆どいないし登場するのはオッサンばかりで(でも出てる役者さんは凄くイイ役者さんばっかりなんですよ!)若い女性に対する訴求力なさそうだけど^^;演じてる役者さんだけでなくドラマ自体から伝わってくる熱いエネルギーのようなものがビシビシ伝わってくる良いドラマだと思います!
今週の鮎川企業局長が、炭鉱の事故現場で土下座している所なんて涙なしには見られませんって!
日本のために国民のために頑張っているのにその時その時下した決断が最良かどうかは誰にも分からず、無念と悔恨の中でそれでも未来を信じて突っ走る官僚たちの姿には胸を打たれます。

私は特に主人公である風越とその同期でライバルの玉木の関係性が好きなんですよねー。二人とも日本の産業発展のために奔走するんですけど、そもそものやり方が違います。風越は外国との競争にまだまだ対抗できない産業などは保護していこうという国内産業保護派、一方玉木は日本の産業は外国との自由競争の中で成長していくべきだしその中で潰されてしまう産業があるのも仕方ないと考える貿易自由派。互いの実力を認め合っているものの対極に位置してるからこそ対立しぶつかり合い潰し合ったりするんですけど、苦しんでいる時やプライベートな時は気の置けない友人同士。
もちろん嫉妬や激しいライバル心もあるでしょうけど、対立構造に居ながらきちんと良い友人関係を保ったライバル同士って凄く良いなーって思いました。

ドラマもうすぐ終わっちゃうのが残念だなー。
こういう国のために国民のために奔走する役人が主役の良いラノベってないのかなー(←そこかよw
誰か知ってたら教えてくださいww
スポンサーサイト
2008.12
07
(Sun)

めちゃイケがおもろーだった。 

今日はフジテレビ警察24時だから久々にめちゃイケ見た。久々に見ためちゃイケはやっぱ面白かった。
岡村の生のアクションとかすげーな!って思った。とんねるずが矢島美容室の宣伝で飛び入りでナイナイのオールナイトにゲスト出演した時、石橋が「めちゃイケは凄く面白い。スタッフに恵まれてる」って熱く言ってたけど、確かになーって思った。はねトビはまだまだめちゃイケには及ばないだろーなぁ。

めちゃイケ見たあとテレ朝のスペシャルドラマ「男装の麗人」を見た!これスッゴイ面白かった!!
読売の朝刊のテレビ欄に、サラッと毒吐いた紹介記事が載っててちょっと興味湧いたから見てみたんだけど、予想以上に面白かったなー。っていうか黒木メイサが美しく格好よかった!リアルオスカル様!!
今まで黒木メイサって私の印象ではそんなにパッとしなかったんだけど、「男装の麗人」での黒木メイサはお芝居も凄く上手くなってて、真矢みきとのダブルキャストでもなんら遜色がないくらいだった。黒木メイサの男装も凄く似合ってた!妖艶っていうよりは、どこか潔癖な感じのする中性的な美しさって感じ。
真矢みきも、最近じゃお目にかからなくなった男装姿で、やっぱ宝塚の元男役トップスターなだけあって様になってたなーw
男装の麗人って、小説とか漫画とかでは使い古されたっていうくらいよくある設定だけど、本当に魅力的な男装の麗人キャラって実は少ないよなーって思う。私が思うに永遠の男装の麗人はオスカル様くらいだねw

「男装の麗人」は川島芳子という実在の女スパイのドラマ。清王朝の血筋を引くお姫様でありながら、日本と中国の二重スパイとして時代を踊り続けた女性。天性の美貌と妖艶さで男装と女装、明晰な頭脳で日本人と中国人の顔を使い分けてたらしい。
川島芳子というキャラクターが煌びやかでありながらどこか物悲しく、危うい脆さと弱さが見え隠れする一方で必死に時代の波に流されまいとする強さが魅力的だった。舞台になった時代も、戦前、戦中、戦後直後、と混沌とした近代。近代史って学校の授業じゃほとんどやんなかったけど、調べだしたら色んな事があって結構面白そうだなーって思った。

っていうか私はテレビ見すぎだなw来週は検定試験だというのに!!!!!ドヨォォ─(lll-ω-)─ォォン
男装の麗人男装の麗人
村松 友視

恒文社21 2002-07
売り上げランキング : 845
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2008.10
12
(Sun)
いわゆる「Rookies」枠。秋ドラマ『ブラッディ・マンデイ』を見た!スッゴイ面白かったo(´∇`*o)(o*´∇`)o
佐藤健くんが出るから見たんだけど、全く期待してなかった分(笑)3倍位面白かった!
残念ながら第1話での佐藤君の出番はそれほどでもなかったんだけどねー^^;

主人公の藤丸役の三浦春馬くんがカッコよかったよ~。以前は全然気に留めてなかったんだけど、この前やってた「ガリレオ」のSPドラマで若かりし頃の湯川先生を三浦君がやってたんだけど、その時の三浦君がすっごく良くて、初めて男の子を見て―中性的とかいう意味ではなく―美しいと思ったんだよねー!
んで、今回のブラッディ・マンデイも高校生らしい脆さと危うさと天才ハッカーとしてのカッコよさが出ててよかったーヽ(*´∀`)ノ
一番萌えたのは、テロリストに捕まった妹を助け出した時!本当に妹の事が大切なんだなーっていうのがすっごく伝わってきてもっそい萌えたww兄妹愛っていいね!

藤丸の高校に教師として潜入してるテロリストの女の人がいるんだけど、その人の教師っぷりがまたエロくて“女教師”という単語からエロさだけを抽出して特化させたような、いやらしい女教師っぷりにむしろ面白ささえ芽生えてきたww何というか、例え作戦とはいえ赴任してすぐなのに特定の生徒にあんだけ接近してたら確実に学年主任に何か言われるだろうし、そもそもあんなブラが見えそうなくらいブラウスの胸元開けてたら絶対に怒られるだろうな、とは思ったけどwww
藤丸を誘惑する役なんだけど、もうちょっと自然体でいけないのかよ!とツッコミたくなった。
女教師じたいは、結構どうでも良いんだが、藤丸とくっ付いたら微妙だなー・・・・

藤丸のお父さんは、警察庁の機密捜査局「THIRD-i(サードアイ)」に勤めてるんだけど、テロリストの罠に嵌められて課長を射殺した容疑を掛けられて逃亡者になっちゃうんだよねー。その時は、嗚呼パパ可哀相だよパパ、って思ったんだけど、一話の最後で件のいやらしい女教師と会っちゃったみたいで。パパが女教師のハニーアッタクに引っかからないか心配www
私はパパは藤丸のピンチの時にカッコよく登場して、退場になると信じてるよ!!

こういう海外ドラマみたいな、本格的なハードアクションっぽいドラマをゴールデンタイムど真ん中に放送するのって日本だと結構珍しいと思うんだけど、それをあえてぶつけてきてるんだからこのドラマにかなり力入れてんだろうなーって思った。ドラマっていうか土曜8時っていう枠にかな?確かに話のテンポは良いし、作品に潜んでる熱が伝わってくる感じ。だからリアル路線とはいえ―本当にこんなのあり得るの?―って思うような設定でも、ドラマの持ってるパワーとか熱で押し通し見てるうちにすんなり納得させられちゃう力がある気がする。
ギアス風に言うと、一話で使ってるカロリーの量が半端無いってことかなwww

私の一番の目的だった佐藤君は1話ではそんなに活躍してないんだけど、藤丸について何かしってるというか勘付いてる感じがしてた。次回予告でも「早く逃げろ!」って電話してたし、これから佐藤君の役―九条音弥っていうんだって―と藤丸がコンビを組むみたいな感じになったら嬉しいなぁ^^
藤丸は天才ハッカーの頭脳派だから喧嘩はあんま強くないみたいだし、藤丸に無い部分を音弥がサポートするみたいな感じにならんかなぁ?散々ドラマの番宣で二人一緒に色んなバラエティ出されてるんだからさ!

とりあえず面白かったから来週が楽しみー^^
2008.08
20
(Wed)

わたしの( ..)φメモメモ 

ちょっと忘れそうだったから私的メモ
8月24日(日)午後7時30分~
NHKBS「はろ~!あにまる」がNHK総合「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」

潤々顔出し出演^^

9月2日(火)24:00~24:39
BS2「アニメギガ」ゲスト;谷口悟郎

みんなだいすき!ドエスの権化ww

8月28日発売
宙出版「イルミナシオン」ヤマシタトモコ
2008.07
27
(Sun)

マ王 

この前初めてドラマ「魔王」を見た!放送前にブランチとかで特集してたのを見て、なかなか面白そうだなーとは思ってたんだけど、金曜はバイトの日が多かったから今までスルー。昨日はバイト入ってなかったからドラマ見たんだけど結構面白かった。でも、それより何より見ていて物凄くムズムズしたww
なぜかと言うと主人公二人(大野くんと生田くん)のキャラクターの関係というか配置が
めっさスザルルだったからwwwこれ脚本家絶対ギアス見てただろ、って思うくらいスザルルだったww
ダークヒーローな大野くん、犯人を追いかける熱い刑事な生田くん。これだけならよくあるピカレスクなんだけど悪役にも復讐に至る納得の理由があるし、正義側にも消せない罪と過去がある、っていうのがほんともうコードギアス!

私が見たのは4話だけだけど、見ていてスザルル過ぎて息が荒くなったwwwちゃんと3次元なんだけど、いつのまにか頭の中でルルとスザクにすげ変わっているから人間の脳って恐ろしいねwww
あー、だれかスザルルで「魔王」パロやってくれないかなーwwww
普段は穏やかで常勝のやり手な美貌の弁護士、だけど復讐に身を燃やす悪の華なルルーシュって最高じゃねーのwww犯人を追い詰める刑事がスザクってのもめちゃくちゃハマってるしwww
復讐のターゲットなのにスザクに惹かれるルルとか、ルルの真実の目的を知らずに徐々にルルに惹かれていくスザクとかの話チョー読みたいわぁwww
取り合えず「魔王」でスザルル萌えするために1~3話まで某所で見てこようかな^^
魔王 (大野智、生田斗真 主演)魔王 (大野智、生田斗真 主演)


売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2007.09
17
(Mon)

いとしの・・・ 

先日ふと思い出して、もっかい見たいなぁと思ってたTV番組をようつべにて発見!!
『いとしの未来ちゃん』

ついでにもう一丁

私と同じ位かそれより上の世代の人で当時関東圏に住んでいた人ならもしかしたら知ってると思います。ちょっとコアな、というか弱冠マニアックな番組なんですけれど当時見て、こんな面白いドラマ初めてだ!?と軽く衝撃だったのを覚えています。いわゆるブラックユーモアな内容で今見ても面白いし、結構豪華な役者を起用してるんですよ~!
「いとしの未来ちゃん」は「竜馬におまかせ!」と並ぶ位DVD化して欲しいドラマなんですけど、どうも各話のタイトルが問題でそれはかないそうにないっぽいです・・・o( _ _ )o ショボーン
ようつべに上がってるのはちょっと画像と音声が(;´д` )な感じですけど、見られるだけマシというかそれでも是非見ておいたほうが良いドラマだと思います!!
そういえばこのドラマ、オムニバス形式なんですけど唯一毎週レギュラー出演してたのがオナペッツなんですよねぇ。オナペッツ知ってます?オナペッツ懐かしいなぁ。今何処に行っちゃったんだろう・・・・?
そんでもって主題歌?を歌ってるのがThe gardensというユニットなんですけれど、このガーデンズのメンバーでありプロデューサーはSPEEDとかを当時手掛けてた音楽プロデューサーの伊秩弘将なんですよ。そういえばこの人もここ数年パッタリと名前聞きませんねぇ。何処行っちゃったのかなぁ?そういえばガーデンズのアルバムがバイト先で210円売ってたなぁ・・・。

ちょっと未来の話という設定のドラマを見て、時間の流れを感じる今日この頃。

**************************************

以下、拍手お返事
愛のビンタありがとうございます♪
続きを読む »
2007.06
26
(Tue)

ようやっと 

ようやく『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』のCMが見られました~♪
別に特別「はなざかり~」に興味津々なわけじゃないんですけど、
このCMのナレーションをやってるのが潤々なんですよぉ~(*´∇`*)
バオバブログでその情報を見て、マジでか!見たい!!って思ったんですけど最近ドラマの方はサッパリだったしいつ頃テレビの前に張ってたら見られるのか分からなかったんで見逃し続けてきたんですけど、今日は「花嫁とパパ」を流し見しつつテレビの前で張り込んでたらようやく見ることが出来ました(^レ^)♪

ナレーションは結構低目の声でコミカルっぽいのを意識した感じかなぁ?
以前、雑誌のインタビューかなんかでルルーシュを演じてから声に深みが出るようになった云々、って事を言ってたんですけど、今回ナレーションを見てああ確かになぁ!って思いました。潤々のナレーションとかこれからもっと増えたらいいのになぁ(^レ^)

ドラマの方は「花ざかり~」原作とは言っても結構漫画とはかけ離れてるっぽいので、コレはコレでもしかしたら面白いかもしれませんね。
最初ドラマ化の情報を知った時、正気か!?フジテレビ!!って思ったんですけどねぇ。どれくらい正気を疑ったかというと、「プリプリ」をドラマにすると知った時くらいかな(^▽^)?

実は「花ざかり~」は私の青春と言っても過言ではないくらい高校の時好きだった漫画です。本当に好きで、でもお金ないからコミック揃えられなくって毎日古本屋で立ち読みしてた位すきなんです、14巻くらいまでは。
何で14巻かというと、あんまりにも話が長くなりすぎちゃってダレて来たな~ぶっちゃけつまらなくなったなぁ、って思ったんで19巻くらいから読むのやめたんですけどね^^;
ちなみに私の最愛は分かりやすく梅田先生でしたvv
この頃はまだやおいだとか腐女子だとかBLだとか全く分からなかったんですけどガチホモな梅田先生を好きなあたり私の嗜好の程度がよく分かりますね(^▽^;笑)
でもドラマでは梅田先生がゲイっていう設定は無くなってるっぽいので物凄く残念

この手のイケメンがいっぱい登場するドラマには有りがちな、元ライダーとか元戦隊ヒーローとか元ウォーターボーイズとか元テニミュ(笑)とかいっぱい出てきそうなのでその辺も楽しみにしつつ、気が向いたら第一話を見てみようと思います。
2007.06
02
(Sat)

すべらない 

今日はすべらない話見るよ!
バイトの気疲れをこれで癒すぜ!!
でもすべらない話は深夜だから良いのになぁ。
これが最終回にならなきゃ良いけど(^o^;
ちなみに今の段階で一番面白いのは若本さんのナレーション(^O^笑)
若本御大は鉄板!!!
2007.01
28
(Sun)

最初から最後までクライマックス 

タイトルからして非常に不安感を誘う新ライダー。
『仮面ライダー電王』
装着変身 仮面ライダー電王 ソードフォーム装着変身 仮面ライダー電王 ソードフォーム

バンダイ 2007-03-25
売り上げランキング : 240

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

観ました。
といっても早起きしたわけではなくただ単にずっと起きていたから見られただけですが(^^;

一話を見ての率直な感想ですが、面白かったです!
熱心に見ているわけではないですが、何となく平成ライダーってシリアスな(少なくとも制作側はそう意図してると思うんですが)設定とかシリアスな始まりでドラマに緊迫感を持たせている話が多かったように思うんですけど、電王は非常に気軽に肩の力を抜いて見ることが出来るライダーでした!設定がアニメっぽいSFな感じなのも、ヲタクな私としては取っ掛かりやすいのが好印象だったのかもvv

何より変身後のライダー!主人公にイマジンっていう精神生命体?が憑いてるっていうか、憑依して戦うわけですから人格が変わって声も変わるんです。その声が関俊彦さん!
いやぁ~、関さんカッコ好かったわ
「俺は最初から最後までクライマックスだぜ!」
とか無意味に自信満々な感じが嫌味にならなくって良いね!
主人公の子が相当ヘタレというかヘッポコな性格の子なのでコンビ的には対比がなってて相性良さそうだし、これからのやり取りが面白そうで楽しみだわ♪
っていうか変身後ライダーに全く違和感ないのが、声優さんってスゲーな!って思った(笑)。
っていうか関さんがやってたあのイマジンが良いキャラだわ。
初っ端から主人公にチャリで轢かれてたし、砂っぽい身体で敵にテケテケ走って向かってったのも何か可愛くって笑った(^▽^笑)

主人公の子も、通常のヘッポコバージョンから憑依された好戦的な人格に変わった後の演じわけが上手くって中々良かったです!

これからもっと他のイマジンも出てくるみたいで、そのイマジンをどんな声優さんが演じるのか、ってのも声ヲタ的には非常に楽しみです♪

取り合えず二話めも視聴は決定!
2007.01
02
(Tue)

行った年、来た年。 

新年ですね。皆さんテレビ見てますか?
なんか最近の年末年始の特番はあんまり面白いのがないなぁ~、
と思うのは私が骨の髄までヲタクだからでしょうか・・・?

紅白なんて何年も見てないし、隠し芸も見ないし(あ、でも遠藤雄弥がやってたやつは見たわ。←それもどうよ_| ̄|○)、昔はきっちり12時間やってくれていた新春ワイド時代劇SPも見なくなったし(渡辺謙の「壬生義士伝」は名作だわ)、中高はテレビっ子でならしたもんなんだけどねぇ。
今年は「朝まで生つるべ」も眠くて見なかったし(←根性なし)、
ビデオも「ノエイン」録ってたから使えなかったし。

そんな年末年始特番の中で殆ど唯一、心から面白かった!と思ったのが
『今年も生だよ芸人集合9時間笑いっぱなし伝説 2007年もっとも売れる吉本No.1芸人は誰だ!?スペシャル』でしょうか。
本当に9時間見たわけじゃないんですけれど、この番組の中で企画された
「板尾24」というコーナーが神懸り的に面白かったです!!

これは130Rの板尾に一日張り付いて、その天然過ぎる行動をクイズにするというもの。
もうね、凄かった。
見た人はきっと分かってくれると思いますけど、とにかく板尾の天然っぷりが凄まじいんです。
これはちょっと言葉では言い表せない凄さですよ。
そういえばこのコーナー、VTRのナレが力ちゃんで、凝ってるなぁって思った(笑)。

来年もこの企画やってくれたら絶対見るのになぁ。あ、リットンの水野さんでも可。
ついでに「朝まで生つるべ」もDVDとかにしてくれたら良いのになぁ。
2006.11
22
(Wed)

まぁーじぃーでぇー(゜ロ゜) !? 

皆さん、知ってます?
今年の紅白にCoccoが出場!!
マジでか!?(°д°;)!
わぁ~、正直意外だ。
Coccoってあんましテレビ好きそうじゃないのに。
今年はMステとかNews23とか今までと比べりゃ割と出てるほうだったけど、
それでも出る番組選んでるみたいだったのになぁ。
人って変わるもんなのかねぇ・・・。

でも大丈夫かなぁ?
紅白って唄う以外にも薄ら寒い応援みたいなもんもやらされるじゃん!
台本まんまのコメント言わされたりとかさ。
そういうの大丈夫なのかなぁ?Cocco。

所で何唄うんだろ?やっぱ「ザンサイア」かな?
個人的にはSINGER SONGERで「初花凛々」をやって欲しいなぁ。
もしくは最新じゃないけど休止する前の曲でも良いなぁ!
あんま暗い歌は無理だろうから、「樹海の糸」とか「ポロメリア」とか「羽根」とか?
でも私的にCoccoといえば暗いけどどこか寓話的で優しさと残酷さが紙一重な感じの曲、ってイメージなんだよねぇ。だとしたらやっぱ「強く儚い者たち」とか「Raining」とか「焼け野が原」とか?
かなり初期だけど「遺書」も凄く好きなんだよねぇ。
でもまぁ、その辺を唄う可能性は低そうだから、
Coccoが紅白に出る!という其処のみを楽しみにしていようと思います。

最近じゃ紅白なんてサッパリ見なくなったけど、
今年はCoccoの為だ け に見てみようかなぁ?
2006.11
21
(Tue)

トーキョータワー 

土曜日に放送してビデオに録っといた
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトンを見ました。

原作は読んだ事ないんですけど、流石にベストセラーなだけあって良い話でした。
っていうかキャスティングが凄く見事だなぁって思いました。

ボク役の大泉洋がビックリするくらいハマってて、方言も口に馴染んでる感じだし、30歳のボクの落ちぶれ感というかダメダメ感が見事で、演技も凄く自然でこの人ってこんなに上手い役者さんなんだぁって思いました。
というか、どうも私はパッと見、パッとしない役者さんが結構好きなんだなぁと。
ユースケ・サンタマリアとか渡辺いっけいとかそれこそ大泉洋とか。

オカン役の田中裕子さんも相変わらず魅力的な女優さんだと思いました。
オカンの母親としての部分と嫁という女の部分が上手い事同調してて、オトンとの夫婦関係とか一度癌になって入院してるとか、エピソードとしてだけなら悲壮感が漂う話なのにそれがなくって、何でかっていうと多分オカンの淡々とした明るさのお陰なんですよねぇ。

家では私の母と私と母娘そろって田中裕子さんが好きなんですよ。
別に熱狂的なファンってわけじゃないっすけどねww
田中さんって失礼ながら絶世の美女ってタイプの女優さんではないですよね。
今回のオカンも取り立てて飾り立ててなくって、それこそ口紅すら差してなさそうなのに、妙に色気がある感じがするんです。
匂いたつような色香があって、それが嫌味でないのが凄く好きなんですよねぇ。
勿論演技も素晴らしいと思いますけどね。
常々、もしリアルに北島マヤがいたとしたらそれは田中裕子さんみたいな女優さんなんだろうなぁ、って思っていますから。

彼女役の広末も、私生活では色々あるみたいですけど(笑)この人の持っている清潔感というか隠し切れない清楚な品が凄く良いなぁって思いました。
女から見ててもボクの彼女は本当良い彼女だと思いますもん。
あんな嫁だったら私も欲しいわww

ただ一つ不思議で仕方が無いのは、どんな悲劇的なことが起こったら、
神木君のボクが大泉洋のボクになってしまうのか?
何で神木君みたいに端整で上品で美しい少年が、成長したらモジャモジャしてるパッと見パッとしない大泉洋になってしまうのかということ。
だって、違いすぎるもん(笑)。
テレビ雑誌で田中さんもコメントしてたけど、神木君みたいな品のいい子が成長して大泉洋になってしまうのは、きっとオトンの蟹江敬三に似たんだろうって言ってましたし(笑)。
あれか、時間は残酷ってことか。

神木君は相変わらず非常に見目麗しくって登場してる間ずっと(´д`)キュンキュンしてました(笑)
個人的には短パン姿より、初々しい学ラン姿の方が好きです。一番は夏服姿ですけど。

神木君→大泉洋の変遷振りにも驚いたけど、個人的には成長した前野くんが岡田のヨッシーっていうのがビックリしました。え!?こんなイケメンになったの、前野くん?って。
リーマン姿のヨッシーはこれまたキュンキュンしました。

何はともあれ凄く良いドラマでした。放送までには色々あったみたいでしたけど(笑)。

そういや、映画版のボクはオダジョーでオカンが樹木希林でオトンが小林薫だそうで。
オダジョーはボクにしては大分美形だけど、
まあ小汚い感じが似合わないこともないからギリギリセーフですかね。

んで、どうやら「東京タワー」って月9でもやるみたいですよ。
しかも月9版はボク役が速水もこみちなんですって。
・・・・・・無いわぁ~( ̄Д ̄;)
速水もこみちは無いわぁ~!大体、若すぎるじゃん!美形過ぎるじゃん!
速水もこみちの姿形で落ちぶれても、所詮お前はその姿形をしてる限り勝ち組なんだよっ!という負け犬思考がフル回転で働きそうだし。
大体あの見た目ならホストでもやれば良いんじゃね?って思ってしまうし。
それに話の尺的にも二時間半~三時間くらいだからこそ物語余韻が出るだろうに。
それを無理くり1クール分にまで伸ばすのも正直どうかと思うし。
っていうか単発ドラマと映画で十分じゃん。
必死だなぁ、フジ○レビ(^^;
2006.08
11
(Fri)

のだめショック!!!!! 

し ょ っ く!!!!!Σ( ̄口 ̄;;

『のだめカンタービレ』が月9ドラマ化するんですって
うわぁ?!や め てぇ~~~(;´д` )
ドラマ化とか本当勘弁です!しかも月9って!!
私は基本的に、作品によっては漫画のドラマ化ってのは有りだと思うんですが、
「のだめ~」はハッキリ言いましてドラマ化はどうかと思いますね。
正直な所、失敗するに一票

そんな私にはコッチ→ 『のだめカンタービレ』ついにアニメ化決定!
ノイタミナにて2007年1月から全23話でアニメ化ですって!
こう言っちゃあ何ですが、ノイタミナはえげつないくらい人気漫画をアニメ化しますねぇ。
正直23話でも足りないとは思うんですけど、ハチクロみたいに2ndシーズンとかも
想定してるのかなぁ?

監督と制作会社はハチクロと同じなので、変に原作を弄くりったり、カットしたりせずに上手いことアニメ化してくれると思います。
取りあえずちゃんと声優さんを起用してくれることを願います。
2006.06
25
(Sun)
先日、『アド街ック天国』で池袋、というか乙女ロードを特集した。
というのを聞きまして、いつもの例のサイトにて動画を探してたのですが、
もっと凄い番組を見てしまいました・・・。

それは、TBSのお昼の情報番組『2時ピタ!』の6月21日放送のものでした。

どうやら、以前にも特集したらしい乙女ロードの特集第二弾らしく、オバちゃんリポーターが乙女ロードの住人達にインタビューをしては色々なスポットに潜入!みたいなものでした。
んで、インタビューを受けていた女性の一人がドラマCDを持っていてですね、
それが何と軽くフィーチャーされてしまっていたんです・・・・Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン。
ドラマCDが何たるものかをわざわざご丁寧に説明しちゃってくれまして、
しかも!
あろうことか、内容の一部を放 送していたんですよっ(;´д` )!!

このとき取り上げられたのは、杉田(敬称略)と鳥さんが主演の『伯爵様シリーズ』という吸血鬼もののBL。原作者は高月まつりさん。
ちなみに登場人物紹介みたいなイラストのところでバッチリ杉田の名前は出てました(;´д` )。
私は聴いた事も、原作を読んだ事も(立ち読みくらいでしか)ないので放送に乗っかったシーンがどの辺りに該当するかは分からないんですけれども、

鳥さん、喘いでました・・・・・_| ̄|○

鬼か?!お前ら!(°口°;) !!と思いましたよ。TBSの所業には・・・。
や、もしかしたら話が話しなだけに血を吸われてるシーンなのかもしれませんが、それでもやっぱり耐え系の喘ぎ声にしか聞こえませんでしたよ・・・・(;´д` )

放送すんなよっ!!_| ̄|○

や、もうね?腐女子を特集する上で、乙女ゲーだとかBL小説だとかBL漫画だとか同人誌だとかをクローズアップするのはもう仕方がないとは思うんですよ?むしろ諦めの境地に近いですけどね?

BL小説とかBL漫画だとかは、書き手と読み手の間に共通認識というか一種のシンパシーというか分り合える部分という物があると思うんですよ?すねに傷持つ者同志、みたいな(笑)?
だからTVとかで表紙が映ったとか、漫画の中身が映っただとかしても、
「ああ、映っちゃったわね(苦笑い)」
みたいな気分というか、嵐が過ぎ去るのをお互いに身を寄せ合って乗り切りましょうね!みたいな気分が、勝手ながら芽生えているんですよ!

乙女ゲーは、良いんですよ。
身悶えするような台詞のオンパレードだけど、基本的に内容は割と健全だから。

でもね、BLCDはちょっと違うでしょう?

あれは作者と読者だけだった作品の世界に、声優さんを引っ張り込んで来て、作品の世界観により広がりを持たせてるわけですよね?
いわば、作品に肉付けしていく作業を手伝ってもらってるわけでしょう?

例えばあっち側こっち側の間に境界線があるとして、BL漫画や小説の書き手と読み手がこっち側だとして、声優さんは完全にあっち側なんです。
ドラマCDを作る段階にだけおいてあっちこっちに橋を渡すなり、船を渡すなりしてこっち側に来てもらってると思っているわけですよ。

つまり、何が言いたいかというとですね
BL漫画とか小説とかが面白おかしく取り上げられたとしても、同じすねに傷持つ者同志(書き手と読み手)は仕方ないと胸を痛めつつ我慢する事はできるんですが。この際。
でも、ドラマCDで演じてくれている役者さん達はいくらプロとはいえそうではないんだから
BLCDを面白おかしく取り上げるのだけはやめて欲しい!!ってわけですよ。
っつうか、そこは触れちゃイカンだろう、って思います。個人的に。
だって、BLCDなんて存在を知っててなおかつ欲しいと思う人しか絶対に買わないもん。
ジャケ買いしてBLCDに目覚めました♪なんて人絶対にいないもん!!

それにしても、こういう特集が組まれて絶対イイ気分にはなれないのに、
やってるとついついなぜか見ちゃうんですよねぇ(´ヘ`;) ハァ。
んで、件の『2時ピタ!』の動画は→コチラで見れます。

*********************************************************************
追記です!
自分から記事を上げといてなんですけれど、今回の記事は流石に読んだ人が不快に思うよなぁ、とチョビッと後悔&反省しております・・・。
コメントで、記事に対する反応を貰えたのは嬉しいんですけれど、皆さんを微妙な気分にさせているのもまた事実・・・・。

でも、こういう記事もたまには上げた方がいいのかなぁ?なんて思ったりもします。
本気で今回の放送に腹を立てたなら投書なり何なりすればいいんですけれど、
こういうネットの世界の隅っこで、反論を挙げるのも一つの手段かな?と思ったり・・・。
ただ単に、私がチキンなだけかもしれませんが(^^;。

私は小さい頃からテレビっ子で、お昼のワイドショーなんかも割りと好きなんです。
そんな私の好きなテレビが、BLやら腐女子やらあまつさえBLCDなどを誤解たっぷりに悪意をこめて(故意かどうか置いといて)報道するのが本当に悲しいです。
好きなものが、別の好きなものを傷つけたり貶めたりするような事は何だかやり切れないですねぇ。

ま、そんなわけでもしかしたら今後も、あまりに目に余る何かがあった時は
また記事に上げるかもしれませんが、皆さんどうか見捨てないでやってくださいまし(^^;
ああ、この人ムカっ腹なんだな。と、でも思ってくださって結構ですし。

2006.06
16
(Fri)

暖かい毛布を下さい・・・。 

今日の、というかもう昨日になってしまいましたが、
『きょうの出来事』で乙女ゲーにハマる女性について特集しておりました。

映像でネオロマの様子が流れて(どうやら3月のネオロマア・ラ・モードらしいですね)
割と長めに映ったのは、中原さんと、賢雄さんと、小山さんと、平川さんでした~♪
平川さんは、朗読?っていう台詞を言ったシーンで、会場がキャーッってなってました。

ま、特集としてはこんなもんかなぁ?と思い、そんなにもオタクを類型化したいのか?と思い、見ていて段々痛々しくなっていきました(^^;
そういえば、インタビュー?というか取材を受けていた女性は職業がスーパーの私服警備員ということらしいですが、顔出していいんですかねぇ?

色んな意味で「おぉ!?」って思ったのは、
森永卓郎の口から「二次元」という単語が出た時(笑)。
それから、最後のコメンテータの河上さん?という方のコメントは非常に客観的なコメントでしたが、「分かってねぇなぁ!」とも思いました。
ま、10分やそこらで分かれとは言いませんし、理解しろとも言いませんけどね C= (-。- )

そろそろこういうヲタ特集は止めてほしいなぁ、って思う。

暖かい毛布で包んでください!!っていう気分になるから(笑)。
 | ホーム |  »
プロフィール

モカモ

Author:モカモ
女子/20代/腐女子歴は片手で足りなくなってきました。
最近はめっきり声ヲタ。
2.5次元にも目覚めました^q^

アニメからですが、某池袋を舞台にした作品に夢中です。バーテン姿の借金取りと素敵に無敵な新宿の情報屋さんに心奪われてます。むしろ人LOVE!な人をLOVE!
ヘ/タ/リ/アも継続中。

でもやっぱり私の心の最萌はルルーシュです^^

現在ブログ凍結中。でも貧乏性なんでふらっと戻ってくるかもw
とりあえず今はついっちゅう

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。